聖なる樹のヒプノセラピー物語      

ミラクルメッセージ、始めました!

新しいメニューを始めます。

 ミラクルメッセージ

PageTop

色即是空空即是色(3)

ママ: 不幸な出来事が起きているのは、

 その病院のせいなんですか?


生徒: 違います


ママ: 違うの?

 では、なぜそのようなことが起きているの?



生徒: たまたま病気や事故が起きているにすぎない。

 (おそらく、そこには本人の人生のシナリオが

 関係していると思われる)

 でも、それが重なって起きているので、

 みんなが、あの病院と関係があるのでは?

 って思っちゃうから、

 そう思えば思うほど、負のエネルギーが大きくなる。



ママ: (そっか、、そうなんだ)


ママは以前読んだ、小林正観さんの本を思い出した。


こんなふうに書いてあった。


 ― 「ツイてる」という言葉と「憑かれた」という言葉は、

   語源が同じ。

   もともと、両方とも、

   何かの霊が憑依しているという意味でした。


   霊体さんは感情がないので、

   「つかれた」という言葉が

   いい言葉なのか悪い言葉なのか

   ということを考えること自体がありません。


   その人が「ツイてる、ツイてる」を連発する人なら、

   取りついた霊は、

   「ツイてる、を連発したくなるような現象を

   この人に起こせばいいのだな」と思い、

   次々にそのような現象を選んで提供してくれます。



   逆に、

   「憑かれた(疲れた)」という言葉が好きな人には、

   「この人の好きな言葉をたくさん言わしめてあげよう」と。


   だから、

   何をやっても思うようにいかないとか、

   空回りするとか、

   反対の結果に出る

   というような結果をどんどん下さいます。


   そして、 ますます

   「憑かれた、憑かれた」を連発することになります。


   霊体はただ、

   その人が好きな言葉をたくさん言わしめてあげよう、

   と思うだけなのです。



以前にも、ブログに書いています)


ママ: だから、

  自分が「こわい」と思うか、

  「平気」と思うかで

  起きる現象が異なってくるわけでしょう?


  そして、それが自分ひとりだけではなくて、

  地域全体の人が思うと、

  集合的意識になっちゃうから、

  そういった現象を起こすエネルギーも

  強くなっちゃうんじゃないかと。



  そもそも、

  エネルギーは「ただのエネルギー」にすぎなくて、

  どんな「色」もついていないんだけど、

  人間はどうしても、

  「こわい」とか、「祟りがある」とか、

  そういう「色」をつけちゃうんだよね。



しかも・・・。




 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!

  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop

色即是空空即是色(2)

「ひびが入った原因はなんですか?」と聞くと・・・。


生徒さんが 、

「・・・・・・・え~? 湿度と温度?」


答えながら、目を丸くしている。


sagyouin_woman07_surprise.png 

ママはその様子を見て、クスクス笑いながら、


ママ: もし、これが、ただの木切れだったら、

 ひびが入っても、乾燥して割れたのね、

 で済むことなのに、


 恵比寿様の形をしているだけで、

 「姑の念かも!」って、

 自分で「色」をつけちゃうんだよね。



私: そっかあ・・・・・



ママ: 「木にひびがはいった」現象を、

 誰かの念かも、と思って不安におびえるか、

 乾燥して割れたんだ、と思うか、

 もともと「空(くう)」のものに、

 自分がどういう「色」をつけるか、なんだよね。



私: でも、ママ、

 宮司さんに、「そんなことは初めてだ」とか、

 「身代わりになってくれたのかも」なんて言われたら、

 誰だって、そうなのか!って怯えちゃうんじゃない?



ママ: うん、だから、そこなのよ。

 スピを学べば学ぶほど、

 「人が何と言おうと、自分はどう思うのか」

 が、大事なんだと気づいたの。



同様の事例がある。


ある生徒さんが、友人の引っ越し祝いに行ったところ、

引っ越ししてからというもの、

家族が病気になったり、怪我をしたり、

不幸なことが続いているのだと聞かされたのだそう。


しかも、その地域に越してきたほかの家の人たちにも

同じように不幸な出来事が起きているのだという。



生徒: すぐそばの丘の上に、

 廃墟になった病院があって、

 心霊スポットにもなっているらしいんですけど、

 それが原因なんじゃないかって、

 噂されているそうです。

demons-1547908_960_720.jpg
 
友達は、とんでもないところに引っ越してきちゃった、

 どうしよう、って・・・。

 マサコさん、どう思います?



ママはこのときも、生徒さんを誘導して、

ガイドに答えを聞いてみた。





 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!

  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop

色即是空空即是色(1)

ママ: この世界は、本当に、

 「色即是空空即是色」なんだな、ってこと。



 すべてのものは「空(くう)であり、

 私たちはそこに「色」をつけて生きているんだな、って。

lotus-1585409_960_720.jpg


 何かの「事象」に対して、

 どう思うのか、

 どう受け取るのか、

 どう捉えるのか、

 それによって自分の世界を作り、

 その世界の住人になっているにすぎない。



私: たとえば?
 

ママ: たとえばね、

 ある生徒さんの場合、

 同居している姑のことで悩んでいたの。

family_yome_syuutome.png


 そんなとき、

 たまたま訪れた神社で宮司さんにその話をしたら、

 木彫りの恵比寿様を渡された。


imgrc0066321472.jpg 

 で、家に持ち帰り、神棚を作って、祀ろうとしたら、

 急に、恵比寿様に2本のひびが入った・・・・。



 もしかして、これは姑の念・・・・? (>_<)



 こわくなって 宮司さんに連絡をすると、

 そんなことは初めてだと驚かれ、

 恵比寿様が身代わりになって、あなたを守ってくれたのかも、って。




第1回目の講座に来たときに、

その話を聞かされたママの脳裏に浮かんだ言葉は・・。



ママ: 「乾燥」 (笑)

wood-2172317_960_720.jpg


 でもね、こういうときって、

 本人が、

 「怖いことが起きた!」って思いこんでいるから、

 こちらの言うことに耳を傾けてくれなかったりするの。




だから、ママは何も言わずに、

「じゃあ、誘導してあげるから、

ご自分のガイドに何があったのか、聞いてみて下さい」

と言った。
 



ミラクルセラピー講座を始める生徒さんは、事前に、

「1day心のデトックス講座」を受けてもらっている。



その際のイメージング練習の状況により、

woman-1172718_960_720.jpg

彼女は誘導してあげれば、

ガイドと繋がることができるというのを

ママは把握していたのだ。






 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!

  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!


PageTop

古代文字の謎(167)

(6/23から書いています)


私: じゃあ、古代文字に関心を持ったのは・・・?


ママ: ガイドが今になって教えてくれたけど、

 そこを入口にしてこの結論に辿り着くように仕向けた

 らしいよ。(笑)

 興味を持たせるための材料だったんだね。



で、この「結論」を証拠づけるような出来事が

後日、起きたのだ。


過去世リーディングを習った生徒さんが、家で練習していたら、

江戸時代に薬草を育て、薬をつくっていた過去世が

出てきた。


そのときに、「いつでも必要な薬を受け取る方法」を

過去世の自分が教えてくれたのだという。


「どんな方法?」ってママは聞いて、

その返答に驚いた。



「手のひらを上にして、痛みに対して、

これに効く薬草は?って(上に)聞くと、

必要な薬草が手のひらに乗るから、

それをそのまま患部に当てなさい」って。



私: それ、おんなじじゃない!


ママ: そう!おんなじ!

 半年もかけて謎を追っていたのに、

 1回の過去世リーディングですんなりと。(笑)



ガイドも、

受け取るのが「シンボル」か「薬」かの違いで、

やってることは同じだよ、って。



私: 鏡を使っていたのは、なぜ?


ママ: 鏡の世界は、どうやら次元が違うみたい。

 5次元なのかも。

 手の平で受け取ると3次元で受けることになるけど、

 鏡だと5次元で受け取ってるんだよね。



ざっとですが、以上が、


昨年9月にひょんなことから古代文字や沖縄行きの

話が浮上して、

11月に北海道のフゴッペ洞窟へ飛び、

同月に沖縄の久高島、宮古島へ飛び、

今年になってから富士王朝の話が出て、

4月、5月に、富士山を訪れて完結、という流れです。



ママ: ブログを、

 この「古代文字の謎」の章から読み始めた方は、

 「マサコさん、これ、SFですか?」って。(笑)


 まあ、起きたことは事実だけど、

 内容的には、

 「ああ、面白かった、まるでSFみたいだったね!」

 って、私たちも、そんな感じ。


 本当は、もっと奇想天外なこともたくさんあったんだけど、

 それはいずれ、ときがきたら、話そうと思う。



そして、

ママは一呼吸おいて、こう言った。



「今回の一連の出来事もそうだけど、

スピの世界って、知れば知るほど、

ああ、そうなのか、って思うことがあって・・・」


それは。





 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!

  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!



PageTop