聖なる樹のヒプノセラピー物語      

ヒッピーになりそこねた(28)

ママ: HOSTAL(オスタル)の主人に

  言われたんだけどね、

  もし盗んでいる現場を目撃しても、

  言っちゃだめだって。

  日本みたいに、「どろぼ~!」なんて

  叫んだらだめなの。


私: どうして?


ママ: 凶器を持ってるから、

  騒いだら刺されちゃうって。


  それとね、

     いつも50ペセタ(お金の単位はペセタ)

  紙幣を持ち歩きなさいって。


  もし強盗にあったら、

  それを差し出せば、命だけは助かるから、って。


  あのころは1ペセタが2円ぐらいだったと思うから、

  約1,000円だね。

  大卒の初任給が6万円ぐらいだったと思う。


私: もし紙幣を持っていなかったら?


ママ: 「お金がない」って言うと、

  刺されるかもしれないから、

  必ず1枚は持ち歩いて、

  「金出せ」って言われたら

  差し出すように、って。


私: そうなんだ~!


ママ: 一度ね、シエスタ(お昼休み)に

  街を歩いてたらね、

  観光客らしい中年の女性が

  お店のウインドウを覗きこんでいたの。

  ショルダーバッグが背中側に回っていて。


  そしたら、目つきの悪い二人組が

  目ざとく見つけて、

  ひとりが通りに立って見張り役、

  もうひとりがそおっと女性の背後から近づいて行って、

  スッとお財布を盗んだの。

  ほんの一瞬の出来事だった。


私: ええ? ママはどうしたの?


ママ: すぐに駆け寄って、

  「お財布を盗まれましたよ!」って

  言ったんだけど、その時はね、

  「マネー!」っていう単語が出てこなくて、

  「ディネロ! ディネロ!」ってスペイン語で

  叫んでた。


  だから、その人、

  たぶんアメリカ人だったんだと思うけど、

  「?」って顔で。


  脳みそは、

  (何だっけ?英語でお金って何だっけ?)って

  フル回転するんだけど、

  もうスペイン語しか出てこなくて。

  すごくもどかしかった。


 お知らせがあります!(*^_^*)


 

   『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる!『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 
 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、 こちら!

PageTop

ヒッピーになりそこねた(27)


ママ: 当時はそんなによくなかった。


マドリッドへ着いて、

とりあえず腹ごしらえしたいけど、

スペイン語もわからないし、という人の多くは、

「マクドナルド」へ行く。


なにしろ、マドリッドの中心地に位置しているし、

外観もゴージャスで目を引くのだ。

mig.jpg

中へ入ると、床は大理石!


ママ: ここでやりがちな失敗はね、

  特に一人旅の人なんだけど、

  テーブルを確保して、

  そこに重たい荷物をよいしょと降ろして、

  そのまま注文に行ってしまうこと。


私: ? ? ?


ママ: ハンバーガーを買って戻ってきたら;、

  荷物は消えている。


私: 盗られちゃうってこと?


ママ: もちろん。

  置いて行く=盗られる。



それはお店に限らず、どんな場所でも。


ママ: 私たちと同じように列車でスペイン入りした

  日本人の男の子に出会ったんだけどね、

  彼は列車の網棚に荷物を載せたまま

  トイレに行って戻ってきたら、

  荷物がそっくり消えていたって。


  だから、

  スペインヘ着いたときは何にも荷物がなくて

  貴重品だけ持ってた。


私: うわ~! かわいそう!


ママ: もっと悲惨なのは、団体の観光客。

  人目で「観光客」ってわかるから、

  すぐに狙われる。


  あるときなんてね、

  日本人の団体さんが添乗員の後ろを

  2列になってぞろぞろと歩いてたの。


  そしたら、盗人がその列を見るや否や

  ダ~ッ!って全速力で後ろから

  追いかけていって、

  ひとりの男性が肩にかけていたカメラを

  追い越しざまにひったくったの。


  彼が「あっ!」と叫んだ時には、

  盗人の姿は、もうはるか前方にあった。


私: ママはそれを目撃したの?


ママ: うん。



 お知らせがあります!(*^_^*)


 

   『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる!『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 
 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、 こちら!
PageTop

ヒッピーになりそこねた(26)

ママ: 抵抗したら、

  銃で撃たれて、

  その辺の川に死体を放り投げて終わり、って。


  「川に死体が浮いてたって、

  身元不明で処理されるだけ」って。


  それを聞いたとき、

  あ、確かにそうだよね、って。


  死体になっても、

  パスポートを所持していなければ、

  身元なんてわからないし、


  放浪してたら、

  今どこにいるかなんて

  日本の家族にだって知るすべがないんだから、

  待てど暮らせど帰って来なくて、

  最終的には

  行方不明ってことになるんだろうな、って


  そう考えたら、ぞっとしちゃった。



彼はくたびれた老人のような顔で、

「日本が一番いい。治安もいいし」って。


放浪の最後に闘牛を見ようと思って

スペインへ来たのだという。


マドリッドへ到着したばかりで

ワクワクと胸躍らせているママたちには、

彼の話を聞いてもあまり実感がなかった。


ママ: でも、マドリッドだって、

  決して治安が良かったわけではないけどね。


私: そうなの?



 お知らせがあります!(*^_^*)


 

   『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる!『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 
 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、 こちら!
PageTop

ヒッピーになりそこねた(25)


スペインでは、いろんな日本人に出会った。


今と比べれば、自由に生きている人は

まだまだ少なかったかもしれないけど、


ママ: でも、田舎よりは東京、

  そして、東京よりはスペインで、

  自由人と出会う確率は高かったよね。


ママは滞在中、フランスで困難を共にした

マサ氏、タカ君、モト君とは頻繁に会っていた。


ママ: 携帯電話もない時代なのに、

  どうやって連絡を取り合ってたのかな?

  覚えてないけど。(笑)


マドリッドに到着して間もないころ、

せっかくだから、

「闘牛」を見に行こうということになった。


そこでひとりの日本人の男の子に出会った。

20歳だという。


ママ: 驚いたのはね、まだ20歳なのに、

  老人のようにというと大げさだけど、

  すっごく老けて見えたの。

  なんかもう、

  人生に疲れ切っている感じで。


彼は高校を卒業してから2年間、

世界を放浪してきたのだという。


(わ~、すてき!)

さぞかし面白い話をたくさん聞けるかと思いきや、

彼の口から出たのは意外な言葉だった。


「もう疲れた。

日本が一番いい。

早く日本に帰りたい」


私: 何があったんだろう?


ママ:怖い目にいっぱい遭ったんだって。

  一番怖かったのは、

  コロンビアにいたときだって。


  昼間、普通にアパートにいたら、

  制服姿の警官がいきなり入ってきて、

  銃を突きつけ、「手を挙げろ」。

  「金を出せば命は助けてやる」って。


  強盗じゃなくて、警官だよ?

  そんなの、日常茶飯事だったって。


その後、続けて言った言葉が怖かった。

PageTop

ヒッピーになりそこねた(24)

私: つまり・・・・

  ママが今になって

  若いころのことを思い出したのは、


  平和な国にいて、

  「人生」について考えるのは、

  なんて贅沢で 幸せな事なんだろう、

  って思ったことと、


  人生は回り道したり

  道草をくっているように思えても、

  体験したことはいずれ「糧」になる、

  だから、「すべて良し」なんだ、

  っていうことを伝えたかったから?



ママ: まあ、そんなとこかな。(笑)

  エエフちゃん、要約するの、上手いじゃない!

  ははは・・・


  あとね、スピリチュアルを学んで、

  人はみなシナリオを決めて生まれてくるってことが

  わかったでしょう?


  私も若いころは、何の考えもなく

  フラフラ生きてきたように思ってたけど、


  最近になって、

  子供の頃からのいろんな出来事、


  たとえば、

  小さい頃に読んだ本も、

  興味を持ったことも、

  出会った人たちも、

  就いてきた仕事も、

  ぜ~んぶ1本の糸に繋がり始めたの。


  それで、
  
  な~んだ、結局、

  こういう風になってるのかって。


  自分のやってることの関連性がわからなくて、

  ジグゾ-パスルのように

  あっちのピース、

  こっちのピースって

  ばらばらになってるときは


  さも思いつきだけで

  あれをやったり、

  これをやってみたり、

  無意味なことをやってきたって思いがちだけど、

  人生には本当になにひとつ

  無駄はないんだなあって。


  ヒプノに出会ったときだって、

  「このまま何もしないで私の残りの人生は

  終わってしまう」って焦ってたけど、


  ハイヤーセルフは、

  「これからのあなたの人生は、

  『残りの人生』ではありません。

  これからが本番なのです」

  って言ったの。   


  それを聞いたとき、

  「え~っ?」って驚いたけど、

  本当にその通りになってるし、


  だから、

  人生のメインがどの時期にくるかなんて

  人によって異なるんだから、


  「標準コース」でなくても心配することはないし、

  それよりも

  自分らしく生きていけばいいんだと思うんだよね。

PageTop