聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

魂の解放(1)


人生って本当にうまくできているのである。

無駄はないし、

全てが必然だし、

とっても巧妙で、

そして、神秘的。

思うに、ママのヒプノに対する好奇心は、
これを知りたいがため だという気がする。

「なんで、そういうことが起きるの?」

「なぜ、そうなるの?」

なぜ? なぜ? なぜ~っ? って。(笑)

そして、今は「リーディング」をするようになったので、人生の
謎解きに磨きがかかり、ますます面白くて楽しくてたまらなく
なった。

たとえば、こんなことがあった。

仲間のMさんをリーディングしたとき。

ママ: なんかさ~、年配の男性が観えるんだけど?
  とっても威圧的な感じの人。

M: もしかして、仕事の取引先の人かなあ。
 
ママ: その人、威圧的なの?

M: うん。 いつも些細なことを指摘しては怒るの。
 まるで、私のことを目の敵にしてるみたいに。

ママ: ふうん? ちょっと見せて・・・。

リーディングをすると・・・。

やっぱり過去世出が出てきた。

対人関係のトラブルは、
殆どと言っていいほど過去世が影響 している。





スポンサーサイト

PageTop

魂の解放(2)

ママ: ええっと・・・・。あれ?

(口うるさい中年の女性が出てきたけど、これ、Mさんだ・・・)

西洋の少し古い時代。

あるお屋敷の台所に、中年の女性と、御用聞きのような小柄な
男性が立っている。

テーブルの上には、缶詰や野菜などの食料品が置かれている。

どうやら、男性は、この屋敷の奥様に注文を受けた商品を
毎日届けに来ているらしい。

奥様(中年の女性)は、何やら怒っている。

(ああ、この男性が注文の品を、間違えたんだ)

男性はガミガミと怒られて萎縮している様子。

今度は間違えないようにと、ビクビクするあまり、また注文と
は違う品を混ぜてしまい、「ほら、また!」と怒鳴られる。

そんな日常。

御用聞きなので頭を下げ続けるしかないのだけれど、
男性はこの奥様が嫌いでしょうがない。

ママが、この「奥様」が、今生のMさんで、
「御用聞き」の男性が、取引先の男性だと告げると、

M: え~っ! 私が過去に同じようなこと、やってたんだ!

取引先の男性は、些細なミスを見つけては、
「ほら、またここが違う!」とガミガミ言うのだそう。

その過去世を解除した。

翌日、Mさんはその取引先の人と顔を合わせたんだけど、
彼はいつになく機嫌が良くて、文句を言われなかったのだとか。

ママ: それにね、Mさんはこの過去世を知ってから、その人
  を見る目が変わったみたいなの。

  前は顔を見ると、「嫌だな」とか、「きっとまた何か文句を
  言うんだろうな」って思ってたのに、

  今は、自分の方から「髪型、変えたんですか?」とか、
  笑顔で話しかけたりするようになったんだって。

当然、その男性の態度も柔らかくなってきたらしい。

ママ: だって、笑顔で話かけられて、嫌な気持ちになる人は
 いないものね。



PageTop

魂の解放(3)

恋愛関係も過去世が深く関わっていることが多い。

マインドブロックバスターの養成講座を受講してくれたYさん。

恋愛に関するブロック解除をしようとすると、涙が溢れて、
悲しくて、どうしてもできないのだという。

「マサコさん、お願い~」と言うので、
「うん、いいよ」

過去世がいくつか出てきた。

順次、解放していく。

過去世の内容を伝えた時、Yさんは涙ぐんでいたけど、
後日メールが来て、
「別れた彼のこと、気にならなくなりました!」って。

ママ: 対人関係をマインドブロックバスターで解除しても
 なんだかすっきりしないというときは、大抵、過去世が
 影響してるんだよね~。


で、過去世を見て、解放すると、効果が出たり、解決してしま
うことが多いのだ。


次は、そんな例のひとつ。

MBB養成講座受講生のAさん。

お子さんの友達、そしてそのお母さんとの関係で悩んでいた。

自分で何度かブロック解除をしてみたけど、まだもやもや
しているという。

ママ: Aさんはお子さんと、そのお友達との間に何かあると
 思っていたようなの。でも、話を聞いているうちに、ああ、
 Aさんと、お友達のお母さんとの間に過去世があるんだと
 わかったの。

私: 親同士、ってことだよね?

ママ: そう。

リーディングで出てきたのは、なんと、ふたりの魔女。

Aさんと相手のお母さん(仮にBさんとする)。

ふたりは犬猿の仲のようだ。

ママ: あれ~っ? AさんがBさんのお父さんに呪いをかけて、
  なんか、半分寝たきりみたいにしちゃったみたい。
  それで、Bさんはとっても怒ってる。

  う~ん、でも、なんで、Aさんはそんなこと、したんだろう?


リーディングを続けると、さらに別の過去世が出てきた。

ママ: もっと前の過去世で、Bさんのお父さんは、Aさんを
  いじめてたみたい。
  Aさんは孤児なのかな・・・身寄りがなくて、近所の人に
  食べるものを分けてもらったりしてるんだけど、お父さんは
  とても冷たい人で、この子を足蹴(あしげ)にしたり、ひどい
  態度をとってる。

Aさんは幼心に傷つき、Bさんを憎むようになった。

そして、転生したとき、Aさんは、Bさんのお父さんが、
過去世で自分に冷たい仕打ちをした人の生まれ変わりだと
気付き、復讐をしたのだ。


 
 今生   Aさん         Bさん  
      |     | 
 過去世      魔女     魔女 ―― 父親 
      |     | 
 もっと前の     孤児    ←――――  近所の人 
  過去世 いじめる  



私: なぜ、そのお父さんが生まれ変わりだとわかったの?

ママ: Aさんは魔女だったから、そういうことがわかったの。

私: ああ、そっか。

 ⇒ 「魂の解放(4)」へつづく


PageTop

魂の解放(4)

そして、いよいよ過去世の解放に入る。

まずは、Aさんが孤児だったときの過去世から。

解放をすると、意地悪だった近所のおじさんが、今度はとっても
いい人になっていて、なにかと彼女を助け、面倒を見てくれて
いる。

彼女は大人になっても、ずっと感謝をし続ける。

その人生から転生を重ねると、面白いことが起きた。

魔女のAさんは、Bさんのお父さんを街で見かけ、
「あっ、あのときの親切なおじさんの生まれ変わりだ!」と
気付く。

私: なんで、そんなこと、わかるの?

ママ: だって、魔女だから。(笑)

で、AさんはBさんのお父さんを見かけるたびに、とても親切
にする。

声をかけたり、重い荷物を持っていたら、手を貸してあげたり。

それを知ったBさんは、Aさんにとても感謝する

ママ: 自分の親に親切にしてもらってるからね。
  それで、魔女のAさんと、魔女のBさんの仲も良好になる、
  というわけ。

私: そっか。
 そして、また転生して、今生のAさんとBさんになるんだね?
 うまくいくといいなあ。

ママ: うん。今生の人間関係に過去世からの
   しがらみが  影響してるケースは結構多いの。

   そのしがらみを紐解いて、解放していくと、
  今生の人間 関係の悩みが解消に向かうんだよね。


「でもね」とママは続けた。

ママ: 今回もそうなんだけど、過去世の解放をやっていて
  感動するのは、相手も喜んでくれたときなの。


私: 相手も喜ぶ?

ママ: ねえ、エフちゃん、今回の過去世解放はAさんの悩み
  だったでしょ?

  でも、解放したときに、Bさんもとても喜んでいた。

  「ありがとう」って言ってくれたの。

私: Bさんが? なんで?

ママ: Bさんの魂はね、こう言ったの

 「こんなことを続けるのは、
 お互いに無益、無意味だ」って。

 「だから、今生でもう終わらせたかった」って。

 で、終わらせることができたから、お礼を言ってくれたんだ
 と思う。

過去世での恨み、憎しみ合い。

そんな感情を持ち続けたまま、転生を重ね、今生でもいがみ
合うなんて、双方に何の得もない。

Bさんの魂だって、きっと解放されることを望んでいたんだと
思う。

ママ: 「Bさん」って人に会ったわけじゃないから、本当のとこ
 ろはわからない。

 でも、きっと、真実だと思う。

 っていうのは・・・。

PageTop

魂の解放(5)

ママ: 今の時代、たくさんの魂が「解放」されるために
 生まれてきているみたいなの。

「地球の意識が、加速してる気がするんだよね」って、
ママは 言った。

一昨年もそう思った。
昨年はさらに加速している気がした。

そして、今年はいっそう加速してる。

私: 加速してる、ってどんな風に?

ママ: 一昨年はね、ほら、自分の言動って、必ず自分に返って
  くるっていうじゃない?
  ブーメランみたいに。
  そのスピードがすごく早くなってる気がしたの。

  たとえば、朝に、誰かに「バカ」なんて言おうものなら、
  その日の夜には、誰かから「バカ」って言われるみたいな。
  (笑)

  原因に対して、結果のスピードがすごい速さでやってくる
  みたいな、ね。

昨年は、それがさらに早まっているように感じたのだという。

ママ: たとえば、以前なら、A地点からB地点までは歩いて
  行くしかなかったとするでしょう?

  仮に1時間だとする。

  で、今は、ふと横を見たら、なんと! 「歩く歩道」があるの。

  そっちを歩くと、さっきと同じように歩いていることにには
  変わりないんだけど、あ~ら、不思議、時間は半分の
  30分で着いちゃう、みたいなね。 (笑)


ママ: そして、今年は、「魂の解放」をする人たちがたくさん
  来てる。

「地球の意識」は、(何万年ごとかはわからないけど)、
「拡散」と「収縮」を繰り返しているんじゃないかと思う。

今は、収縮している。

だから、意識の「密度」も濃くなってきてるみたいだ。

以前、ヒプノの中で、「上」に、「2012年のアセンション説って、
本当なの?」と尋ねたら、「本当」だといわれた。

アセンションって、よく「次元上昇」っていわれてるけど、
もしかすると、この意識の「密度」が濃くなることなのかなあと
思ったりもする。

そして、収縮に伴って、過去に経験した(今は)不要な感情とか、
自分を生きにくくしている思考とか、そういうったものを
みんな、どんどん手放している。

ママ: まるで、魂に刺さった棘(とげ)を抜くみたいにね。

  今は、「解放できる」時代みたい。

そんな話をしていたら、
みつるお兄ちゃんが面白いことを言った。



PageTop

魂の解放(6)

「いま、ヴィジョンが見えた」って。


ママ: どんな?

「ひろ~い砂漠のような所に、たくさんの人々が横一列に
ずら~っと並んでいて、みんな、ママの方に向かってやって
来る」

ママ: ・・・・・。 (-"-)

(ちょっと、こわい・・・) (笑)


さて、

「魂の解放」に名乗りを上げたのは魔女軍団である。

ママ: 今生でスピリチュアルなことに興味を持っている人た
  ちは、たいてい、ヒーラーとか、魔女とかの過去世を持って
  るの。
  それが、とっても足かせになってる。

なぜなら、その能力ゆえに迫害されることが多かったから。

ママ: だから、今生、いろんなことを学んでも、「自信がない」
  とか、「(仕事として)踏み出せない」っていう人が、いっぱ 
  いいるの。

  能力を現すのがこわいんだよね。

私: ああ、また、迫害されるかも、って?

ママ: うん、それもあるし、
    あのね、みんな、その能力で もって、人の役に立ちたい、
   人助けをしたい、と思ってた わけ。

  だから、迫害されたのもつらかったけど、それよりも、
  「理解されなかったこと」への悲しみが大きいんだよね。

  「なんで? なんでわかってもらえないの?」って。

ママのところにも、そういう悲しみを解放したい人たちが集ま
り始めた。


ママ: 
そして、すご~いことが起きたの!

PageTop

魂の解放(7)

事の始まりは・・・。


マインドブロックバスター養成講座11期生の、最終講座の
日のこと。(10/2)

受講生は、Pさん、Kさん、Fさんの3人。

お昼を食べているときに、「お花のリース」の話になった。

Pさんが、「友人のKさんの誕生日に、造花をプレゼントした
いなと思っていたら、タイミングよく、マサコさんのブログに
「お花のリース」の写真と記事が載ってたの」と言った。

そのリースがすばらしかったので、「この人(Y子さん)に
頼もう!」と決めて、すぐに注文したのだとか。

Pさん: 名前と、誕生日プレゼントにしたいってことと、Kさん
  の雰囲気と、それくらいの情報しか伝えなかったのに、
  そりゃあもう、Kさんにぴったりな作品が届いて。

Kさん: そうなの!
  箱を開けて、リースを見た途端、涙が出ちゃったの。

それほど素晴らしかったのだという。

Kさん: 最近ね、(いつか)ハワイに行きたいなあって
  思ってたの。そしたら、まさに「ハワイ」っていう感じの
  リースが(箱に)入っていて・・・。
  ええっ? なんでわかったの?って。 (笑)
  本当にびっくりした。

Pさん:リースと一緒に、プルメリア の花がひとつ、入ってたの。
  MBBを習ったから、このお花のイメージも見てみようと
  思って、意識を集中してみたの。

プルメリア


  そしたら、広い浜辺を歩いている女の子の後姿が見えて。

  で、砂浜にその子の足跡がついていくんだけど、その
  足跡がプルメリア の花なの!

「うわ~っ、素敵!」って、ママは感動していた。

そして、リースの話が発端で、今度は、Y子さんのエネルギー
ワークがいかにすごいかという話に発展した。

PageTop

魂の解放(8)

Pさんが、
「Y子さんがシータヒーリングの無料モニターを募集してた
から受けてみたんだけど」って言った。
(現在は行っていません)

ママ: 遠隔だよね? 何か、感じた?

Pさん: その時は何も感じなかったんだけど、次の日に好転
  反応が出て、1日起き上がれなかった。

Pさんに好転反応?

ママは驚いた。

私: なんで、驚くの?

ママ: だって、Pさんって、最初に会った時から、なんか、
 「能力高そう!」って感じがしてて。

  MBB講座の1回目のときに、イメージングの練習をしてた
  ら、「あっ、白い猫が部屋に入ってきた」なんて言い出した
  ぐらい。

白い猫が突然部屋に入って来て、隣に座っていたFさんの
膝の上にぴょん!と飛び乗り、講座中もず~っとそうやって
いたと言ったのである。

ママ: 本人は、「なんだろう? なんでこんなの、見えるん
  だろう?」って不思議がってたけど、私的には、
  「やっぱりね」って。 (笑)

Pさんはそれを機にいろんなものが見えるようになったので
ある。

そんな霊性の高いPさんが1日中、好転反応に苦しんだと
いうのだから、それほどのヒーリングを施したY子さんって、
すごくない?という話になったのだ。

ママは、時々、Y子さんのブログを覗いていたから、
モニター体験談を読んで、Y子さんのヒーリング能力の高さ
を知っていた。

それに、ヒーリングだけではなくて、MBBを一緒にやったとき
も、センスの良さに驚いていた。

ママ: ヒプノとか教えてるでしょ? だから、「勘のいい人」
  とか、「センスのいい人」って、わかるの。

 同じ説明をしても、飲み込み方が違うし、私のセッションを
 見ていて、それを上手に取り入れたり、応用したりできる
 んだよね。

 「適性」があるんだと思う。

そのとき、Pさんが、こう言った。

PageTop

魂の解放(9)

Pさん: Y子さんって、フラワーリースを作るとき、頭で考えて
 作ってないと思う。

 「こういう雰囲気の人に、こういう目的であげたい」って
 注文を受けると、「上」からイメージが降ってくるんじゃ
 ないかな。

ママも、(そうかも!)って思った。

フラワーリースは自己流だと言っていたけど、その割には
すごい作品を作るし。

きっと、天職なんだろうな。

今回、誕生日プレゼントにそのリースをもらったKさんも
加わって、ひとしきり、Y子さんの才能を褒め称え、

ママが、「どうせなら、Y子さんに直接会って伝えない?」
って提案した。

ママ: 百日紅(さるすべり)の樹もすっごいエネルギーが
  あるし、是非、みんなに見せたい!

  百日紅


そして、みんなも「行きたい、行きたい!」ということで、
即決だった。 (笑)

(MBBの)「卒業旅行」にしよう!って。

ママ: Y子さんとは、普段からメールのやり取りをしてたし、
  「また遊びに来てね」との優しい言葉をいただいてたから、
  この際、お言葉に甘えようと思って。

  でも、面白いんだよ~。
  きっと、行くことは決まってたんだと思うの。

  だって、日程を決める段階になったら、
  Fさんは、木曜日しか空いてないっていうの。

  Kさんは、仕事がシフト制だから、休みはまちまちなん
  だけど、たまたま10月の木曜日が1日だけ空いてて。
  それが16日だったの。

  Y子さんに確認したら、OKで。

私: 全員揃って行けるのが、その日だけだったってこと?

ママ: うん。 エフちゃん、流れにのってるときって、本当に
  すべてが、とんとん、ってうまくいくんだよ。

そして、ママには何となくわかっていた。

3人をY子さんの所に連れて行く必要がありそうだってこと。

特に、Pさんは絶対に。

その理由は、

ママ: すぐにわかったの。 
  Y子さんにメールを書いてるときに。

いきなり、あるヴィジョンが見えたのだという。



PageTop

魂の解放(10)

ママ: それはね、過去世なんだけど、あるヨーロッパの街なの。

  そこには魔女がいっぱいいるの。

  そして、PさんとYさんはと~っても仲良しの魔女友達
  だった。

「昔の仲間と再会するのかあ」ってママは合点した。

まさか、
再会してすごいセッションをやることになるなんて
思いもしなかった。

そして。

ついにY子さん訪問の日。

全員ワクワクする気持ちで待ち合わせ、Pさんの運転する車で
出発した。

空は秋晴れで、みんな、ルンルン気分。

Y子さんは、手の込んだ昼食や、紅茶のシフォンケーキなどを
用意してくれていて、みんなで美味しい、美味しいといただい
て・・・・。

私: で?

ママ: 食事の後は、すぐセッション。

ママが、「は~い、じゃあ、まずは、PさんとY子さん、いこうか!」
って。 ハハハ・・・。 (笑)

なにしろ、Pさんを絶対にY子さんに会わせなければならない
と思っていたのだから、その理由を知りたかった。

ママ: それでね、最初に、Y子さんがPさんにセッションしたの。

Y子さんが目を閉じて・・・。
しばらく、無言。
潜在意識にぐ~っと深く入っていっているのがわかった。

そして、口を開くと、

「苦しい・・・」って言った。

「苦しい、苦しい・・・、息ができない」って。

その後に、「熱い」って言ったので、「ああ、魔女で火あぶりに
あってるんだ」ってわかった。

それも、PさんとY子さんと、一緒に火あぶりにされているよう
だった。

解除を誘導しながら、ママは「なるほど~」って思ったんだって。

ママ: あのね、エフちゃん、そのときに、今回の「魔女再会」
  の理由が(ふっと)わかったの。

PageTop

魂の解放(11)

ママ: この4人は、全員、魔女の過去世があって、
     お互い同士で その過去世を解放する必要が
     あったの。

だから、「再会」しなければならなかったのだ。

Y子さんが目を開けて、
「はあ~っ、苦しかった。 煙で息ができなかった」と言った。

その言葉が終らないうちに、

「じゃあ、交代。、
今度は、Pさん、Y子さんにセッションして~」とママ。

ママ: このPさんのセッションがすごいことになったのよ、
  エフちゃん!

ママはちょっと興奮気味に言った。 (笑)

誘導したのは、「解放すべき過去世へ」である。

Pさんが、
「無邪気で楽しそうにしているふたり(PさんとY子 さん)の
女の子が見える」と言った。

Pさん: 友達? 姉妹? わからないけど・・・。

「とにかくふたりで楽しそうにしている」らしいのだが、
場面を進めると、

Pさん: なにか、ふたりを阻むものがある・・・・。

Pさん: 建物? 岩? う~ん、なんだろう・・・。
 ふたりがそのまま自由にのびのびと成長していくのを阻む
 なにか・・・・。

Pさんが、「なんだろう、岩?」と呟いていたら、

目を閉じてセッションを受けていたY子さんが口を開いて、
「うん、岩だよね」と同調した。

あれ?

すごい。

Y子さんは、潜在意識に繋がって、Pさんと同じものを見てい
るらしい。

その岩が何なのかを知りたいのだが、Pさんがどうしても
わからない様子。

そのとき、ママにあることが閃いた。

ママ:「白蛇さん」に、その岩が何なのかを聞いてみて?

私: え? なんで、白蛇さん?

ママ: 食事をしているときにね、Pさんが、「最近、よく鳥居と
  白蛇のイメージが出てくる」という話をしていたの。

  それで、ちょっとリーディングをさせてもらったら、鳥居の
  向こうに白っぽい服装の人がみえて、どうやら神様風なの。
  で、鳥居のそばに白蛇がいて、その蛇は神様のお使い
  だった。

  それをふと思い出して、「白蛇さん」なら教えてくれるんじゃ
  ないかと思って。

本当に教えてくれた。

Pさん: 「勢力」みたいです。黒魔術とか、そんな感じの勢力。

ママ: ふうん? なぜ、あなたたちの成長を阻むの?

Pさん: (ふたりに)力があるからみたいです。

そういうことか。

二人がこのまま成長して、どんどん力をつけていくと、闇の
 勢力にとっては、脅威の存在になるからなのだろう。

私: それで、どうなったの?

ママ: 結局、ふたりはその勢力に阻まれて、自分たちの力を
 手に入れることができなかったんだって。

この後、この過去世を解放するために、書換えを行っていく
んだけど、


ママ: 
すごかった、っていうのはそれなのよ!

PageTop

魂の解放(12)

書き換えの場面に入っていくと・・・。

Pさん: さっきと同じ、二人の女の子がいる。

  魔界?の勢力が(二人の能力の)成長を阻んでくるけど。

  花? 丸いもの。 なんだか、丸いものが見える。

それを聞いたとき、ママにはフラワーリースが浮かんだ。

Y子さんも、「フラワーリースだ」と言った。

ああ、同じものが見えてるんだ。

Pさん: 2人の自由を阻む岩に向かって、そのリースを、
  八の字を描くように回すと、岩が瞬時に消えた!

  リースから愛の波動が出てるみたい。

Pさんいわく、リースの回し方に秘密があるのだという。

そして、リースから出る「愛の波動」は、彼らのエネルギーよ
りも強いので、岩を消してしまうのだという。


その先の場面を見に行くと、

魔界の勢力に阻まれることなく、二人は自分たちの能力を
伸ばしながら成長していくことができたのだという。

ママ: エフちゃん、なんかさ~、すごくない?

  だってさ、フラワーリースは、PさんがY子さんを訪問して、
  たままたセッションをして、そのセッションを書き換えたら
  出てきたんだよ?

  それなのに、Y子さんは、今生ですでにフラワーリースを
  製作して、お店も持ってるなんて。

  たとえば、セッションをやって、リースが出て来て、それが
  きっかけで製作するようになった、っていうのならわかるけど。

  今生の方が先に進行してるんだもん。  

  なんか、ふしぎ~!


もし、「書き換え」をしなかったら、Y子さんとフラワーリースの
関係はわからないままだった。

「そうかあ~」って、ママは続けた。

「Y子さんのフラワーリースが、なぜ人を惹きつけるのか、
その理由もセッションのおかげでわかった」

「愛のエネルギー」を発しているからだった。

その過去世のときの(高い)能力を今生、使っているのだと
思う。

Y子さんの家にディスプレイされていたリースをみるなり、
みんな「わあ~っ、欲しい、欲しい!」と言って (笑)
幾つも購入した。

IMG_0407.jpg

IMG_0406.jpg


ママ: 一目見たら、絶対、欲しくなるんだよね。 

それは、単に、かわいい、とかきれい、とかじゃなくて、
やっぱり(愛の)エネルギーを感じさせるからだった。

ママ: 部屋に飾ると、本当に部屋のエネルギーが変わるん
  だもん。

Pさんも、購入後、玄関に飾り、
「よくわからないけど、なんか、すごい!フツウの飾りじゃない。
きっと、愛の波動を発しているんだと思う」
って、同じことを言ってた。

(Pさんが購入したリースと玄関に飾ったところ。)

20141017_1.jpg

玄関

ママ: それでね、Pさんが書き換えのセッションをやったと
  きにね、フラワーリースを手に持った(過去世の中の)
  Y子さんが、 「(Pさんに)会いたかった」
って言ったんだって。

Pさんはすごく感動したらしい。


PageTop

魂の解放(13)

ママ: PさんとY子さんの過去世はわかったんだけどね、
  他の人もみんな関わりがあったの。

  Y子さんとFさんがセッションをやったときのこと。

  Fさんが、「苦しい、胸が・・・・」って言い始めて。

私: Fさんも火あぶりにあってた?

ママ: みたい。

Kさんも魔女のときの過去世が出て来た。

ママ: みんなに追いかけられて、棒で叩かれたりしてた。

この4人は、今生で再会して、魔女時代の魂の解放を
お互いにやっているのだった。

ママ: スピリチュアルの勉強をしている人の中には、
  過去世で魔女だった時の感情を持ち超している人が 結構
  多いの。
 
今までにもクライアントさんや生徒さんで、何人かいた。

ママ: 火あぶりにあったとか、棒で叩かれたとか、迫害された
  とか、そういう苦しみや痛みよりも、
  「人に理解されない」悲しみ背負ってる人が殆どなの。

魔女は、普通の人にはない能力をもっている。

それは、魔女が「特別な人」だからではない。

普通は肉体を持って生まれると封印されてしまう能力を
ちょっぴり使えるように選択してきたからである。

その時代、その人生で、人の役に立ちたいと思って。

私: ってことは、魔女も、普通の人も、能力は同じってこと?

ママ: うん。同じ。

  死んで、「魂」に戻れば、みんな全知全能だもん。

  肉体に入って、こちら側の世界に生まれてくるときに、
  自分の人生のシナリオを作ってくるでしょう?

  そのときに、人の役に立つ人生を経験しようと思って、
  ヒーラーとか、呪術師とか、魔女とかを選んできてるん
  だと思う。

  そのために、魂レベルの能力をちょっぴり使えるようにして
  きている。


  だけど、一般の人は、自分も本当は全知全能の存在
  なんだってことを忘れてる。

  だから、普通の人間には使えない能力とかを持ってると、
  理解できないし、受け入れない。

  「あいつらは、化け物だ」ってことになって、迫害される。

  魔女たちは、「悪いこと」をしたいんじゃなくて、「人を助け
  たい」のに、理解してもらえない、そのことが悲しいの。

  「なんで? なぜなの? 人の役に立ちたいだけなのに」
  って。


そして、その時に受け入れてもらえなかったことが、
今生に影響して、

「自分の能力に自信がない」とか、
「周りの人に受け入れてもらえなかったら、どうしよう」とか、

そんな風になってしまう。

私: そうなんだ~。
  4人は今生で解放されて、良かったね。
  あれ? ママは?
  ママには、魔女の過去世はないの?

ママ: (笑) あったよ。

  Pさんに見てもらったの。

  「マサコさんがみんなに石を投げつけられてる」って。

  「そうなんだ!」って、笑っちゃったから、そのときの感情は
  きっともうどこかで解放されていたんだと思う。

PageTop

魂の解放(14)

Y子さんが面白いことを言った。

ママ: 私たちが訪問する前日に、Fさんらしき人を部屋の中で
  見たんだって。

私: ええ? どういうこと?

ママ: Pさんは以前、リースを依頼したから、メールのやりとり
  をしたことがあるし、KさんはPさんからリースをもらった
  から、Y子さんにもちょっぴり情報が入っていた。

  で、私のことはもちろん知ってるじゃない?

  でも4人の中で、Fさんの情報だけは全くなかったわけ。

  それで、Fさんってどんな人かなあ?って思ったらしいの。

  そうしたら、リビングのTVの上に、紺色のもやもやっとした
  ものが出て来て・・・・。




 
私: それがFさんだったの?

ママ: らしいよ。

  だって、Fさんは訪問した日に、シャツを着ていたんだけど
  それと同じ格好の人が出てきた、って言ってたから。

Y子さんの能力、おそるべし、なんだけど、

ママ: それだけじゃなかったの。

  Y子さんはね、「Fさんは”先生”のような感じがする」って
  言ったの。

  そしたら、セッションのときに、本当に、「先生」の過去世が
  出てきたの。

  それにね!

  Kさんを見て、「私の恩人だと思う」って言ったの!

ママが「恩人?」って聞くと、
「ほら、あのお花を売ってた時の過去世の・・・・」って。

ああ! あの過去世!

そうなのだ。

Y子さんが6月にMBB基礎講座を受けた時、
「天使のワーク」を教えていたのに、過去世が出てきたことが
あった。

ママ: 正確には、「過去世」じゃなくて、「過去世の」かな?

今思い出しても笑えるセッションだった。

ママ: 「今、自分を守護してくれている天使」を見るわけ。、

  「じゃあ、見本をやるね~」って、私がY子さんの天使を
  見たの。

  そしたらね、天使が見えたんだけど、奥の方に 、
  壁を背にして、椅子に座っている女の子も見えるわけ。
  10代後半ぐらいの。

  ブラウスにスカート、みたいな、普通の恰好で、
  なんだか、くら~い雰囲気なの。
  寂しそうな顔をして、ぽつんと座ってるわけ。

  この人、誰?
  今、天使のワーク、やってるのに、と思って、(笑)

  「あの~、あなたは天使じゃないよね?
  過去世の人?」って聞いたら、

  「そう」って。(笑)




PageTop

魂の解放(15)

その過去世の人は、Y子さんに伝えたいことがあると言った。

自分が出来なかったことを、今生、やって欲しいのだと言う。

古いヨーロッパの時代。

田舎の町に暮らしていた彼女は、花束を売っていた。

毎日、自分で野に咲く花を摘んできて、花束にして売ってい
るのだった。

普通のお花屋さんで売っているような華やかさがないので
人々は目もくれず、花束は殆ど売れない。

彼女は残念で仕方がない。

野に咲く花は、お花屋さんの店頭に並べる為に栽培された
花とは違うエネルギーがある。


大地に根を張り、太陽の光を浴び、たくましい生命力や
パワーを漲らせている。

だから、家の中に飾ることで、空間や人に、エネルギーを
与え、癒すことができる。

彼女はそれを知っているのだった。

家に、ほんの少しずつ野の花を飾ることで、人々が癒されて
くれたら・・・・。

そんな願いを込めて、毎日花束を作って売っている。

でも、野の花にすごいパワーがあることも、彼女がそれを熟知
していることも、殆ど理解されることなく、その人生は終わり、
彼女はとても残念に思っていた。

私: それで、「天使のワーク」の最中に割り込んできて、(笑)
  その想いを伝えようとしたのね?

ママ: そう。 今生、Y子さんは野の花ではなく、造花を
  使っているけど、お花のパワーを人々に手渡すという意味
  では、同じことをやってるんだね~。

  Kさんはその過去世のときに、彼女の思いを理解してくれ
  ている、数少ない理解者だったんだって。


 
  そうそう。

  Pさんのセッションで、フラワーリースが出てきたでしょう?

  Y子さんが、「お花といっても、フラワーアレンジメントとか、
  ブーケとか、コサージュとかいろいろあるけど、丸いもの、
  つまり、リースしか興味がない」って言ったの。

  面白いよね~。リンクしてる~。

そう言いながら、ママはクスッと笑った。

ママ: ねえ、エフちゃん、本当はね、Y子さんが、Kさんの
  ことを、「ほら、マサコさんが前に見てくれた、あの過去世
  の中の恩人」って言ったときね、私、こう思ったの。

  え~っ、あの過去世、本当だったんだあ!って。 (笑)

「だってさ」って、ママは続けた。

「もちろん、過去世は信じてるよ。
 でもさ、検証のしようがないじゃない?
 だから、こんな風に、” 本当だったんだ~”って思わせて
 くれる事実に出会うと、新たに感動するんだよね~」(笑)


PageTop

魂の解放(16)

さて、Y子さんは、お花のパワーを人々に手渡す人であるが、
レイキやシータヒーリングの力も相当なものである

ママは時々、Y子さんのブログを覗き、モニターさんの感想を
読んではびっくりしている。

Y子さんはかなり、見えたり、感じたりしているらしい。

対面ならともかく、遠隔でこれだけ出来るなんてすご~い。

というわけで、ママは密かに、今回訪問した際に、対面で
ヒーリングをやってもらおうと決めていた。

早速、「ねえねえ、Y子さん・・・」と切り出し・・。(笑)

右足の脛が数か月前からしびれているので、ヒーリングして
ほしいとお願いする。

私: で、どうだったの? やっぱり、すごかった?

ママ: すごいなんてものじゃなかった!(笑)
  Y子さんがヒーリングを始めて少ししたら、右足の脛に
  ゾワゾワ!って電気が流れるような感覚があって、

  そのうち、体がじわ~っと温かくなってきて。

  どんどんどんどん、温かくなってきて、
  「うっそ~! このままいったら全身汗かくかも!」って
  いうぐらい、熱くなって、もうびっくり!

私: へえ~っ!

ママ: でね、Y子さんは、誰かをヒーリングすると、その人の
  具合の悪い所を、自分の体で感じるんだって。

  たとえば、自分の右肩に違和感を感じるときは、相手の
  人のその部分に問題があるってこと。

私: すご~い!

身体をヒーリングするだけではなくて、過去世も見えたり、
必要なメッセージも受け取って伝えてくれたりもする。
(注: 人にもよるし、そのときのワークにもよります)

ママ: エネルギーワークに向いているんだと思う。


ママ: 今回の訪問で、4人の魔女さんたちが「魂の解放」を
  できたことは、すっごく良かったと思う。

  それとは別に、特別な思いもあるの。

それは、Y子さんがMBB講座の第1期生であり、
他の3人の方が、第11期生だということ。

「別々のタイミングで受講した方たちが、こうやって交流を
持つことが嬉しいんだよね・・・」


「百日紅(さるすべり)ツアー」からの帰り道。

Kさんがこう言った。

「本当に、ウソみたい。
私たち、まだ出会ってから2か月ちょっとなのに、こうやって
4人で同じ車に乗って、しかも会ったこともないY子さんを
訪問するなんて」

うん、うん、って頷きながら、
でも、ママは知っている。


PageTop

魂の解放(17)

全ては必然で起きていること。

「偶然」や「たまたま」は、ないってこと。


たまたま、3人で講座を受講して、
たまたま、Y子さんのリースを依頼して、
たまたま、講座中にその話が出て、
たまたま、会いに行こうということになって、
たまたま、4人全員の都合のつく日が1日だけあって、
たまたま、訪問したら、過去世の仲間だとわかって、
皆で魂の解放をした。

ママ: これ、すべて、筋書通りで、あらかじめ決まってたこと
  なんだけどね~。 (笑)

普段の日常生活の中で、「たまたま」の内容を紐解くこと
などないから、みんな、気づかずに通り過ぎているだけ。


ママ: MBB講座のときもそうなんだよね~。

  マンツーマンとのきもあれば、2~3人で受講するときも
  あるんだけど、誰かが都合が悪くなって、突然、マンツー
  マンになるときもあれば、最初はマンツーマンの予定
  だったのに、前日に申込みがあって、急に2人で受講する
  ことになったりね。

そういうのも、「必然」なので、ママはワクワクするんだって。(笑)

ママ: 今日の受講生さんたちは、どんな縁の人たちなのか
  な~って。

ママはMBB講座の最終日に、その縁を見に行くことにして
いる。

ママ: それを知ったからどうなるってものでもないんだけど。
  でも、面白くって。

  この間の講座のときもね、受講した2人(AさんとBさん)は
  ちゃんと「縁」があったの。

日本ではなかった。
西暦1500~1600年ぐらい。

女の子がふたり。1人は黄色い服、もう一人はピンクの服。
幼なじみでとても仲が良かった。

ふたりが17歳ぐらいのときに戦が始まり、敵国の兵士が
町を襲撃してきたため、人々は町を脱出した。

ふたりはそのとき、離れ離れになってしまい、再会が叶わぬ
まま、人生が終わってしまった。

Aさんがこう言った。
「戦が終わって、町に戻ったけど、Bさんとは会えなかった。
どうしてるかなって、気になって、気になって」

ママ: 今回、ふたりが再会したのは、なぜ?

Aさん: 「私が会いたかったの。探してたの」

そうなんだ~。

ちなみに、これまで、生徒さんやクライアントさんで、過去の
「縁」がなかった人は一人もいなかった。

私: すごいね。みんな、繋がってるんだね。

ママ: ね~。
  それとね、魂の縁があって再会した人って、
 「初めて会った気がしない」ことが多いの。

 なんか、こう、深いところで分かり合えてる感じというのかな。

 とっても気が合って、一緒に居て、居心地がいいのに、
 「あれ? まだ知り合って3か月だっけ?」とかね。(笑)

そして、Y子さん訪問の翌日にも、別の魂の「縁」の二人が
再会を果たした。


PageTop

魂の解放(18)

MBB受講生のS美さんからある相談をされたときのこと。

ふと、別の受講生さんのことが頭をよぎった。

「紹介するから、一度会ってみたら?」ということになり、
ママも交えて3人で会うことに。

ママ: ふたりとも、同じ名前なんだよね。(笑)

私: S美さん?

ママ: うん。年齢もそんなに変わらないし。

  で、お互いに自己紹介して、いろんなことを話しているう
  ちに、「うっそお~!」「うっそお~!」って。

ふたりの歩んだ人生に、共通点がとても多かったのだ。

ひとりのS美さんが、
「なんだか、不思議~。まるで自分と話しているみたい」と
言った。

もうひとりのS美さんと話していると、まるで自身と対峙して
いるかのような感覚があるのだという。

ママも二人のS美さんを眺めながら、なんだか双子のような
魂の近さを感じていたので、そういう過去世もあったのかな~
と思った。

ママ: 魂がすっごく近い感じがするから双子、とも限らない
  んだけどね~。

人は死ぬと魂の世界に帰る。

「魂の世界に帰る」というのは、たとえるなら、水滴がコップに
戻るようなものらしい。
(以前、『江原裕之」さんの本で読んだような気がする)


ママ: コップが「魂の世界」だとすると、そこから水滴が
  ぽちゃ~んと出て行って、肉体をまとって、いろんな経験を 
  する。

  ひとつの水滴=ひとつの魂、ってことね。

  で、死んだら、またそのコップに戻っていくの。

私: ってことは・・・?

ママ: こっちの世界で経験したことが、記憶として共有され
  るよね?

私: ああ、そっかあ。

ママ: だから、再び生まれるとき、仮にAさんとBさんが
  ぽちゃ~んってコップから出て行くんだけど、二人には
  共通の記憶があったりする。

それゆえ、「(Aさん)私の前世はナポレオンだった」
「(Bさん)私もそうだった」
なんてことがあるのだという。(笑)

ママ: だからさ、それが本当だとすると、「共通の記憶」を
 たくさん持ってる人と出会うと、「まるで自分を見ているみた
 い」って思うこともあり得るよね・・・。

ちなみにふたりのS美さんの過去世をリーディングで見たら、
普通の「姉妹」が出てきた。

PageTop

魂の解放(19)

中世のヨーロッパあたりなのだろうか。

とっても仲の良い姉妹だったふたり。

戦争が始まり、両親がふたりを疎開させた。

1人は親戚の家に。
もう1人は知人に。

2人をひとつの家に預けたのでは、先方に負担だろうと懸念
して、別々に預けたのだった。

戦争が下火になるまでの短い期間のつもりだった。

ところが、住んでいた街も戦火に巻き込まれ、両親は亡くなって
しまう。

そして、2人はお互いの行き先もわからないまま、それぞれに
人生を過ごすことになるのだった。

ママ: 親戚の人も、知人も、互いに知らない者同士だったか
  らね。姉妹がそれぞれ、どこの誰に預けられてるのかすら
  知らなかったし。だから、探しようがなかったの。

親戚に預けられたS美さんはその家で育ててもらったが、
知人に預けられた方のS美さんは施設に入れられた。

私: それで、それっきり一度も会えなかったから、今生で
  再会したんだね?

ママ:そう。

  でも、不思議だよね~。

  MBBを別々に受講した生徒さん同士なのに、ちゃんと
  こうして縁あって、再会するようになってるんだね~。

  本当は、受講生さんたちの中で、もっともっとたくさんの
  ドラマが生まれてるんだけど。

  個人情報もあるし、ブログに紹介できないのが残念。(笑)

「それにしても」って、ママは言った。

「やっぱり、”時代”なのかなあ。
”加速”してる感が、すっごくある。」

ヒプノでは2時間ぐらいかけて、ひとつのテーマとじっくり向き
あっていくんだけど、リーディングでは、同じ時間内に10個も
20個も解放ができる。

みんながどんどん「魂を解放」している。

次は、少し、ディープな魂の解放例の紹介。

PageTop

魂の解放(20)

「エフちゃん、今日はすごいことが起きた!」
って、ママは興奮していた。 

ママのいう「すごいこと」は、いつもセッションに関することで
ある。

ママ: あのね、今日の講座中にね・・・

ほら、やっぱり! (笑)

ママ: 今日は、『ミラクルセラピー』の講座で、「インナー
  チャイルドの癒し」を教えたの。

インナーチャイルドは、もともとはアメリカの心理学用語で、
「内なる傷ついたこども」っていう意味で使われることが多い。

こどものときの満たされなかった感情の象徴っていわれて
いて、「自分には無関係かな」と思っている人でも、セッション
をやるとほぼ全員出てくる。

ママ: でも、必ずしも「傷ついたこども」とは限らなくて、元気
  いっぱいのこどもとか、すごい叡智にあふれたこどもとか、
  いろんなのが出てくるんだけどね。

セッションは、両手に触りながらでも、片手に触れるだけでも、
何にも手に触れなくても、どんな形でもできる。

リーディングを使ってやるから、早い。

本格的なヒプノだと、1~2時間かけるんだけど、『ミラクルセ
ラピー』では、10分ぐらいでできちゃう。

ママ: やっぱり、「加速」してるからだよね。なんか、いろんな
  ことが、「時短」で出来る時代になってる。

ママは最近、よくこう言ってる。

「A地点からB地点まで行くのに、100メートルの距離だと
するでしょう?

昔は、地道に歩いて行ってた。

でも、今は、ふと横を見ると、”動く歩道”があって、なんだろ
う~?って、そっちを歩いてみたら、あれれ~?って、
半分ぐらいの時間でB地点まで着いちゃう。(笑)」

ママ: マインドブロックバスターに出会ったときも、これ、なん
  だろう?って思って、さんざん追求したけど、やっぱり、
  今の時代だからこそ、ふってきたツールだったしね。

  滝修行しなくても「無の境地」にならなくても、簡単に
  心を軽くできちゃうんだもの。

そうそう。

ママは「上」から面白いことを言われた、って言ってたっけ。

巷の「はやり言葉」も、実は、「上」が、その時代に必要な
言葉を降らせ、流行らせているって。

ママ: だから、今年は、
  「今でしょ!」とか、「ありの~ままに~♪」とか、だったん
  だって。

皆がありのままに、自分らしく生きる時代になってきている
らしい。

ママ: ありのままに生きるためには、不要な感情とかを
  どんどん手放す必要がある、

  それゆえ、「魂の解放」を行っている、

  そんな感じかな?

ママは、そんな時代に生まれ、「魂の解放」のお手伝いが
できることを、心から喜んでいる、って言った。

ママ: 神様に感謝してる!

「だって、本当に楽しくて、面白くて、感動するんだもん!」

そして、今日の講座中に起きた不思議な出来事も、その
感動の一例である。

ママ: 生徒のAさんなんだけどね・・・。

PageTop

魂の解放(21)

ママ: Aさんに、インナーチャイルドセッションの見本を
  やったの。

5歳ぐらいの女の子が出て来た。

Aさん: 日本じゃないみたいです。外の風景・・・。
  私に、「ついてきて」って言ってる。

ママが、「ついて行って下さい」と言うと、

Aさん: 水辺で・・・、その子が住んでる小屋がある。
  その小屋を見せたかったみたいです。

その後、インナーチャイルドと一緒にすごし、別れ際に
プレゼントをもらった。

Aさん: バッグをくれました。中には、その辺りで採れる木の
  実とか、果物とか、そういうのが入ってます。

  これを見て、自分のことを思い出してね、って。

ママは、「ここまでは普通のセッションなんだけど」って言った。

「このあと、すごい展開になったの~!」

一通りの講義が終わって、雑談をしていたときに、
Aさんがお母さんとの関係をリーディングして欲しいと言った。

ママはセッション大好き人間なので、マインドブロックバスター
の講座中だろうが、ミラクルセラピーの講座中だろうが、
生徒さんのセッションをバンバンやる。

セッションが楽しくって、楽しくって、しようがない。(笑)

ママ: ちょっと古い時代の、西洋の上流階級のおうちが出て
  きたの。

  赤ん坊を抱えた母親と、その隣で微笑んでいる父親。

  赤ちゃんが白い布のおくるみにくるまれている。

  子宝に恵まれ、喜びに溢れている夫婦。

  っていう場面だったんだけど・・・。

  その場面と重なって、小さい女の子も見えてるの。

私: ふたつの場面が見えてる?

ママ: うん。しかも、重なって。
  その子は、5歳ぐらいで、髪の毛はブロンドで、ワンピースを
  着てて・・・。

  これ、何だろうな~って思いながら、次の場面を見に行くと、
  女の子はいなくなった。

  そしてね、その赤ちゃんね、亡くなったの。
  なんか、おかあさんが抱っこしてるときに、落っことしたよ
  うな感じだった。

  それで、お母さんは一生、自責の念に苛まれていた。

私: で? 書き換えしたの?

ママ:うん。赤ちゃんは落っことしたけど、全然大したことに
  ならなくて。

  「あら!」っていいながら、ひょいと抱き上げたような感じ。
  (笑)

  それで、その子はスクスクと育って・・・。
  とてもきれいで、聡明で、利発なお嬢さんに成長した。

  おとなになって、恋人を連れてきて、両親に紹介して。

  で、結婚して、その家を離れた。

  年取った両親は、庭で椅子に腰かけて、こんな風に言って
  るの。

  「あの子のおかげで、とても幸せな人生だったね」って。

私: めでたし、めでたし?

ママ: うん。でも・・・。

ママは突然、気になったんだって。

(さっきの女の子は誰?なんで、出てきたの?)って。

そして、この後の展開がすごいことになった。



PageTop

魂の解放(22)

ママが(さっきの子は誰だろう?)って思った瞬間、再びその
女の子が姿を現した。

なんだか、透明な球体の中に閉じ込められているような雰囲気
がする。

大きなシャボン玉の中にいるみたいに。

「あなたはインナーチャイルドなの?」って、ママは聞いた。

どうやら、そうらしい。

ママ: 不思議なんだよね~。

  球体の中にいるイメージがするのは、最初の過去世の
  ときみたいなの。

  それが、書換えをして、女の子が成長したら、その球体の
  中から飛び出してきたんだよね。

  明るくって、利発で、その子がいるだけで、周りがぱあっと
  光るぐらいのエネルギーを持っている。

そのとき、ママはふと、これが受講生Aさんの本質じゃないかな
って思った。

現実のAさんは口数が多い方でもないし、控えめで、タイプは
違うようにみえる。

だけど、きっと心の奥底に、こういうエネルギーを秘めている
気がした。

その女の子は、球体から出てきたかと思うと、大人になった
女性の手をとって、走り出した。

私: え~っと、インナーチャイルドが、大人の自分の手を
  とって、ってことだよね?

ママ: そう。

そして、森の中へ入って行った。

女の子は籐のバスケットのようなものを腕にかけている。

森に入ると、木の実や、きれいな落ち葉などを、その籠に
入れ始めた。

それを見ていたママは、
「あっ!!」っと驚いて声をあげた。

ママ: 
この子、さっきAさんが見たインナーチャイルドだ!

そう。

Aさんにインナーチャイルドのセッションをやったときに
出てきた女の子なのである。

女の子は、籠が木の実などでいっぱいになったら、きっと
大人のお姉さんにプレゼントするのだろう。

「これを見たら私のこと、思い出してね」って。

「わ~!!すごすぎる~!」

ママは興奮した。

「こんなの、初めて。」

Aさんは、
「こうやって繋がってるんですね」って冷静だったけど、(笑)

ママは、「すご~い! すご~い!」って。

ママ: ねえ、エフちゃん、こんなこと、あるんだねえ!

インナーチャイルドのセッションの練習をしてから、1~2時間
経っていたのに。

全然関係のない、過去世リーディングをやったら、ストーリーが
うまく繋がっているなんて!

ママ: ジグソーパズルでいうと、たまたま隣り合った2片を
  引き当てた、ってことなのかな。

  でも、すごいよね~。

  自責の念に苛まれていたお母さんの魂を解放し、
  同時に、閉じ込められていたインナーチャイルドも解放した。

明るくて、ピカピカ光っているインナーチャイルドを取り戻した
Aさんは、これから変わっていくかもしれない。



『聖なる樹のミラクルセラピー』のモニターさんを募集します! 
    ⇒ 
詳細はこちら



 
あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 11開講はこちら   。

   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

PageTop

魂の解放(23)

ママ: ねえ、エフちゃん、Aさんのセッションでは、過去世で
  出てきたお母さんが、自責の念に苛まれていたでしょ?

  最近のセッションは殆どが「過去世リーディング」なんだけど、
  「罪悪感」を手放す内容がとっても多いの。

罪悪感を今生に持ち越してきている人が多い。

そして、それを今生で手放す、と決めてきている人も多い。

「この間、友達のセッションをやったときは、あまりにディープ
な内容でびっくりしたんだよね~」ってママは言った。

友達のE子さんがクリスタルの勉強を始めた時のこと。

ネットで検索をして、ピンと来たところが見つかったと言って
通い始めたんだけど・・・。

ママ: 「ピンとくる」って、やっぱり必然だからさ。(笑)

始めてその教室に行ったとき、E子さんは先生の顔を見て
とても動揺したのだという。

そして、先生の亡くなられた奥様の写真が飾ってあって、
それを見た時も動揺したのだとか。

E子: もう、心臓がバクバクして、頭が変になりそうだった。

   でも、なぜなのか、わからなくて。

   その夜、ひとりでぼ~っとしてたら、ふっとイメージが見えて。

   江戸時代かなあ・・・。もっと古い時代かなあ。

   私はあるお屋敷で働いていて、そのお屋敷の子供、まだ
   赤ちゃんなんだけど、お世話をしてたの。

   ある日、囲炉裏(いろり)の上につりさげている鉄瓶を
   外そうとして、ひっくり返してしまい、囲炉裏端に寝かせて
   いた赤ちゃんが熱湯を浴びてしまった・・・。

   赤ちゃんを死なせてしまったことがショックで、
   罪悪感から逃れられなくて、それで、お屋敷を飛び出して、
   死ぬまでずっと巡礼の旅を続けたの。

ママ: それでね、そのとき、E子さんには自分の子供も
  いたんだって。4歳ぐらいの。
  でも、家族を捨てて、巡礼の旅に出たでしょ?
  だから、その子に対しても、罪悪感があったの。

私: え~っと、そのイメージと、クリスタルの教室の先生と
  どういう繋がりがあるの?

ママ: それはね・・・。






『聖なる樹のミラクルセラピー』のモニターさんを募集します! 
    ⇒ 
詳細はこちら



 
あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 11開講はこちら   。

   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

PageTop

魂の解放(24)

ママ: 教室の先生は、4歳のときに置き去りにした我が子で、
  先生の亡くなった奥様は、お屋敷の赤ちゃんだったの。

私: え~っ ? そのふたり?

そう。

だから、E子さんは動揺したのである。

魂は覚えているから。

ママ: それでね、一番知りたかったのは、
  「なぜ、今生、再会したのか」ってとこなの。

私: うんうん、そうだよね。 で、わかったの?

ママ: リ-ディングしてみたらね、

   先生(4歳だった子供)が、こう言ったの。
 
  「お願いだから、罪悪感を手放して欲しい」って。

E子さんの魂が、罪悪感を持ち越してきているのだという。

ママ: 彼女は死ぬまで巡礼を続けた。それでも、赤ちゃんを
  死なせてしまったという罪悪感から逃れることはできな
  かったの。

  その後、転生を続けても、魂はずっと罪悪感を持ち越し
  ている。

「それが、先生を苦しめることになるんだって」

私: E子さんの罪悪感が? 先生を苦しめる?

ママ: そう。

  彼はね、「そのときの人生はもう終わったんだよ」って言ったの。

  その人生では、彼は自分のシナリオ通りの役を演じた。

  そして、それはもう終わったこと。

  それでも、E子さんが罪悪感を手放さずにいる。

  そうすると、その人生が終わった彼にまでそれが影響
  して、苦しむことになる。

  だから、お願いだから、その罪悪感を手放して欲しい、って。

あのとき、母親に置き去りにされた4歳のこどもの人生は
あれで終わったのだと。

その後、自分も転生を繰り返して、今はこんな風に、人を癒す
仕事をしているんだよ、って言った。
もう違う人生を送っているのだと。

それなのに、E子さんが罪悪感を持ち続けると、彼もまた
そのきの感情の影響を受けて苦しむことになる。

私: 
だから、もう手放してほしいっ、てことなんだ。

ママ: うん!

ママは彼の話を聞いて、驚いたのだという。

「特に日本人って、自分の罪を忘れずにいることこそが、
罪滅ぼしになる、
って思いがちじゃない?

でも、そうじゃないんだって。

罪悪感を持ち続けることは、相手をも縛ることになるんだね。

目から鱗だったなあ・・・・」

私: あれ? でも、その赤ちゃんはどうなったの?







『聖なる樹のミラクルセラピー』のモニターさんを募集します! 
    ⇒ 
詳細はこちら



 
あなたもマインドブロックバスターになりませんか? ⇒ 11開講はこちら   。

   HPは、こちら

姉妹ブログ 『聖なる樹のマインドブロックバスター日記』 をスタートしました ♪

PageTop

魂の解放(25)

私: そのときの息子と赤ちゃんが転生して今生は夫婦に
   なってるんでしょう?

  でも、その奥さんは亡くなってるから、E子さんとは再会
  してないことになるよね?

ママ: E子さんが初めて教室に行ったとき、その奥さんの
  写真から、メッセージがきたんだって。

私: え、え、え~っ?  なんて?

ママ: 奥さんは2週間ほど前に亡くなったばかりで、先生は
  とても悲しんでいたらしいの。

  それで、奥さんは、彼に「そんなに悲しまないで」って
  伝えてほしい、って言ったんだって。

もちろん、初対面のE子さんが先生にそんなことを言えるはず
もなく・・・。

私: でも、なんで本人に言わずに、E子さんに伝えてきたの
  かな?

ママ: 先生には受け取れなかったからじゃない?

  E子さんはもともと霊性が高い人だから、そういうメッセージ
  を受け取れる人なの。

  ねえ、エフちゃん、親子とか夫婦とか兄弟になる人って、
  魂の繋がりが深いみたいなの。

  それゆえ何度も何度も配役を変えながら、一緒に転生して
  くるんだよね。

それでも、人生はそのときそのときのシナリオを演じているに
過ぎない。

ママ: だから、ひとつの人生が終わるごとに、マイナスの
  感情とか、要らない感情は手放せるといいよね。

その感情を持ち越すことが、今の人生にどれだけ影響を
与えるかを、ママは数えきれないぐらい、見てきた。

そして、同時に、それらの感情を手放すことで、人生が
変わっていくのも、たくさん見てきた。

ママは、どうやら、こういう「魂の解放」を手助けする役目が
あるらしい。

「上」が、ママにリーディングを教えてくれたのも、きっと
そのためだと思う。

「なんてったって、ヒプノが一番」ってママは思っているけど、
リーディングを使うことで、本当にたくさんの「魂の解放」が
できるようになった。

「感動する瞬間っていうのがあってね・・・」とママは言った。

「セッションで、リーディングやって、例えば過去世とか見て、
魂を解放するでしょう? そのときに、過去世の魂が
”ありがとう”って言いながら、光に帰っていくの」

そのときに、ママの魂がキュン!となるのだという。

「まるで、その(過去世の)人の魂と、私の魂が交信してる
かのような感覚なの・・・」

PageTop

魂の解放(26)

ママは前回のブログをUPした直後、急に体調不良になった。

11日の夜中(12日の早朝)のこと。

寝ようとして立ち上がったら、「ふらふらする…」って言って。

貧血かなあ?って言いながら、そのまま寝たんだけど。

翌朝。

「あれ? エフちゃん、私、左耳が変なんだけど」って。

まるで片耳全体が膜に被われたみたいにぼわ~んとして
いるんだとか。

ママ: ほら、飛行機に乗ったときに耳がぶわ~んとなるじゃ
  ない?あんな感じ。

しかも、声を出すと、頭の中でエコーがかかったみたいに、
音が反響する。

頭もクラクラして、歩くのもつらいし、パソコンの画面も見る
ことができない。

もしかして、突発性難聴かも・・・・。

ママの脳裏にある記憶が蘇った。

ママ: もう2年半ぐらい前のことなんだけど。
  友達がやっぱり同じような症状になったことがあったの。

  めまいと耳の違和感と。
  突発性難聴って言われたけど、なかなか治らなかった。
  
  それで、私と他のセラピスト仲間で原因を見てみたの。
  
  そしたら、細い蛇でぐるぐる巻きにされて、横たわっている
  友達の姿が見えた。

  そばに女の人が立っていて、その人が彼女のエネルギー
  を吸い取ってしまったような感じで。

  悪意でそういうことをしたのではなく、「嫉妬」のエネルギー
  が引き起こした結果のように思えた。

  でね、仲間にも同じ女の人が見えたの。

  やっぱり、「嫉妬」の念が来てるみたい、って言ってた。

そんなことを思い出しながら、ママは急いで病院へ行った。

幸いにも、検査の結果は異常なしだった。

病院から戻ると、布団に倒れ込むように横になる。

こんなとき、あのY子さんにヒーリングを頼めたら・・・と
思いつつ、頭の中がクラクラするので、メールも打てなかった。

半日横になって、ようやく夕方には起き上がることができ、
気力を振り絞って、Y子さんにメールを打った。

一縷の望みを託して。(笑)

その後、また布団に倒れ込み、そのまま眠りに落ちた。

そしたら。

とっても、不思議な夢を見たのだという。

ママ: 夢というか、現実とリンクしてるんだけど。

そして、ちょっと、ぞっとすることも・・・・。

PageTop

魂の解放(27)

夢の話。

ママ: うちのリビングで、生徒のPさんとY美さんと3人で
  エネルギーワークの話をしているの。

ふと気づくと、部屋の中に営業マンの男性が2人いる。

アタッシュケースをそばに置いている。

ヒーリング用のグッズを販売しているのだという。

ママ: そのヒーリンググッズというのがね、銀色のお椀型、
  半球型っていうのかな、そんな形なの。

  磁気ボールを半分に割ったような。

yjimage5M2OPZMO.jpg


Pさんがそれを一式購入するつもりなのだという。

値段はけっこう高くて、ママは、Pさんに
「(こんなもの買って)、大丈夫?(騙されてない?)」
って言うんだけど、

Pさんは、
「いいから、いいから、マサコさん、ちょっとモデルになって、
試してみてよ」って。

営業マンの人が、ママに
「左手を出して下さい」って言う。

そして、差し出したママの手の平の上に、その商品を1個
載せる。

そしたら、形がハンバーグみたいにぺちゃんこになって。

ルンバ(ロボット掃除機)みたいに、くるくる回り始めた。

ルンバK


ゆっくりゆっくり、回る。

その物からじわ~っと温かさが伝わってきて、とても心地良い。

ママは目を閉じて、
「温かくて、気持ちいいなあ」って思っているんだけど、

なぜか突然、、
「きっと、これで治る!」って確信を持ったんだって。

そして、そのまま心地よい温かさを感じていたら、
うとうとしてきて、ふっとあるイメージが見えてきた。

私: (笑) 夢の中で、さらに夢を見てる?

ママ: そうなの! (笑)


PageTop

魂の解放(28)

マンションの1室みたいな、がらんとした部屋。

その部屋の一角に、ガラスで仕切られた小さな部屋がある。

真ん中に白い長方形のテーブルが置かれていて。

そのテーブルの周りを、小・中学生、5~6人が、ぐるぐる歩き
回っている。

ママ: 私も一緒に。(笑)

  ただ回ってるんじゃないの。

  野球ボールみたいな白い球を、片足の裏で転がしながら
  回るの。

  球は温かくて、足の裏が気持ちいい。

  その球には、ナイロンのような、毛糸のような、薄くて、
  粗い網目のカバーが、かかってる。

  カバーの色は、それぞれの球によって違うの。
  青とか、赤とか。

  で、そのカバーがはずれないように、上手に、足の裏で
  球を転がしながら歩く。 (笑)

  子供たちは慣れているらしくて、器用にやってのける。

そして、テーブルの周りを5~6週すると、一斉に部屋から
出て行った。

まるで、「やった! 宿題、終わり!」みたいな感じで。

たぶん、いつもやっているんだと思う。

ママ: 部屋の正面には、ホワイトボードがあって、その前に
  先生のような人が立ってるの。

  背が高くて、すらっとした男性で、フランス人なの。

  若くて、イケメン!(笑)

  優しそう。にこにこしている。

  英語をしゃべってる。

ママは、その先生に近寄り、

「この白い球はなんですか?」って、英語で聞いた。

そしたら、

それまで英語を話していた先生が、日本語で、
アイ」って発音した。

ママは混乱した。

(アイ? アイって、「」のこと?)

それで、
「 Love?」って聞き返したら、

先生は、おかしそうに笑って、「Love?」って繰り返した。

そこで、(夢の夢から)目が覚めた。

私: ってことは、まだ夢の中?

ママ: (笑) そう。 まだ、夢の中。 まだ続くの。

PageTop

魂の解放(29)

ママが目を開けると、営業の男の人が、
「はい、終わりです」と言った。

もうひとりの営業の人は、Pさんと話をしていた。

Pさんは、ママの実験の様子を録音していたと言った。

ママは、うとうとしながら、何やら見えるイメージをしゃべって
いたらしい。

ママ:「虹色の・・・・」とかね。(笑)

  白い球を転がしていたのとは、別のことをしゃべっていた
  みたいなの。
  色とか、光とかの変化を。

営業の人が、正座しているママの後ろに回り、
「仕上げ」だと言って、マッサージを始めた。

ママ: ほら、美容院に行くと、シャンプーの後に、頭とか
  肩とか、マッサージしてくれるじゃない?

  あんな感じで、最後にマッサージをするらしいの。

  尾てい骨の上に指を置いたと思ったら、そこからスタートして
  背骨の両側をぐっ、ぐって指圧しながら上に移動していく。

腰の辺りを指圧してもらいながら、
「気持ちいいなあ、そろそろ、背中にいくかなあ」と思って
いるんだけど、なかなか上に移動しない。

ママ: 背中の方も指圧して欲しいなあ、って思いながら、
  だんだん目が覚めてきて・・・。

  不思議なんだけど、まどろみの中で、腰椎の辺りに
  ぐぐっ、ぐぐっ、って、筋肉の動きを感じるの。

  で、「あ、きっとY子さんが今、ヒーリングをしてくれてるんだ」
  と思ったの。

  すごいの。  腰椎の両側がぐいぐい動いてる。(笑)

そして、完全に目が覚めた。

ママは布団から起き上がり、
「あれ?エフちゃん、私、かなり治ってるかも」って言った。

8割がた、治っている感じがするのだという。

「きっと、Y子さんが、ヒーリングをしてくれたんじゃないかなあ」

20分ぐらい経ってから・・・・。

なんと、Y子さんから、メールがきた。

「ヒーリングしておきました」って。

しかも、30~40分間も!!

あああ・・・。 感謝・・・・。ありがとう・・・・。

しかし、気になる言葉が。

「サイキック系のワークもしました」

そして、

「実は、お昼に、急にマサコさんのことが気になったんです。
だからメールが来たとき、やっぱりと思いました」って。
(ー_ー)!!

翌日。

Y子さんから、詳細なメールがきた・・・・・。



PageTop

魂の解放(30)

Y子さんは、リーディングをすると、相手の体の不調を、自身の
体で感じるのだそう。

ママの体内リーディングをしたときは、こんな感じだったらしい。

左耳の奥に違和感。

続いて右耳も、左耳ほどではないけど、違和感。
(当たってる!)

右脳がすこし急がしそうでした。(寝ていらしたから?)
(その通り。忙しく、夢を見ていた、(笑))

左手の小指に痛み。

右の背中にとんとんとたたかれる感じ。

すこし胃腸の重さ
(わかる 。 食べ過ぎ(笑))

左ひざ足首に痺れ。
(そう。そこが痛いの)

それらをヒーリングしましたが、
まだ耳の状態が変わりませんでしたので
もう一度左耳に集中しましたら、サイキック系?と浮かびました。

(うわ~!)

サイキックアタック・女性の念みたいなものを感じましたので
(誰? 私なんぞに・・・)

(注: サイキックアタックというのは、ネガティブな思考や
感情のエネルギーが相手に飛んで行ってしまうことです。
ママはそれを受けてしまったわけですが、必ずしも相手が
意識的に行っているとは限らず、無意識の場合もあります)

はじめ、光に返してみたんですけど、まだ残っていて・・・。
(こわ~!)

ネガティブなもの、マサコさんの身体の中に残る不調な部分を
足の下から追い出し、光に返しました。


するとエネルギーが綺麗にめぐっていくのを感じました。

身体が軽くなったので、終了のメールをさせていただきました。」


Y子さん、本当にありがとう・・・。

(ただし、病院に行かずに、病気を治して欲しい、とかは
だめですよ~。ヒーリングは治療行為ではないので・・・)

さて。

話は、ここで終わらないのです。

ママが本当に大変なことになったのは、この後。

Y子さんのおかげで、突発性難聴のような症状はだいぶ
治ったけど、今度は、左胸に痛みが出てきたのだった。

「うわ~・・・。なんだろう。まさか、乳がんとか?」

ママは検査を受けに行った方がいいかも、って病院を調べたり
していた。

Y子さんが診てくれて、
「左肩から鎖骨下あたりに向かってサイキックフック?」
って。

またか~!

サイキックフックというのは、「不必要な感情や霊的つながり」
なんだそう。

その日から、胸の鈍痛が続くようになったママ。

まさか、原因が意外なところにあるなんて、思いつきもしな
かった。

それは、胸が痛くなった日(13日)の夜に届いたメール
から始まった。

PageTop

魂の解放(31)

メールの内容は、「ミラクルセラピー」のモニターの申込みだった。

私: え? なんだ、普通じゃん!

ママ: と、思うでしょ? ここからミラクルなことが始まったの。

まず、ママはちょっと迷った。

申込みのTさんは、シータヒーリングの経験者だとのこと
だったけど、最近、あるシータヒーラーさんから、
「あなたは第7層に繋がってない。5層にしか繋がってない」と
いわれたのだとか。

現在、7名のモニターさんが「ミラクルセラピー」の講座を
スタートさせているが、たまたま全員、MBB経験者である。

ママにMBBの基礎講座を受けた人もいるし、他のインスト
ラクターさんに受けた人もいる。

「ミラクルセラピー」を行うには、リーディング能力が必須で、
ママが教えた生徒さんの場合には、ひとりひとりの能力が
わかっているので、問題ない。

他校で受けた人の場合にも、まずはセッションを受けに来て
いろいろな話をしているから、どのくらいの能力があるのかは
あらかじめ分かっていた。

シータヒーリングを習っていて、かつ第7層に繋がることの
出来る人なら、リーディングは問題なく出来ると思うんだけど、

「5層にしかつながってない」っていうのが、ちょっと引っかかった。

ママ: それで、「もしよかったら、先に、セッションを受けに
  きてくれませんか?」ってメールをしたの。

そしたら、翌日(14日)、

「それでもいいけど、創造主に聞いたら、モニターに参加して
も問題ないと言われた」旨の返事が返ってきたの。

で、ママはみつるお兄ちゃんに、
「どう思う?」って聞いた。
(お兄ちゃんは、直感が強いから)

「問題ないんじゃない?」っていうので、

「そうだね」ってことで、OKの返事を送って、

なんと、翌15日に講座に急きょ、参加することになった。

ちなみに、
15日には、青森から、Hさんが来ることになっていた。

Hさんは、ママのブログを読んで、青森でMBBの基礎講座を受け、
その後、ママのセッションを受けに来てくれたのだった。

まだ20代で、と~っても若いのに、しっかりしている。

Tさんが急に参加するってことは、きっとHさんと何か縁が
あるんだろうな~って、ママはワクワクした。(笑)

ママ: このときまでは、まだ余裕だったんだよね~。
  まさか、あんな展開になるなんて思わなかったから。

私: ママが迷ってた、第5層の件はどうなったの?

ママ: ああ、それね・・・。 実はね・・・。

PageTop

魂の解放(32)

ママ: 最初にメールを見た時に、5層じゃなくて、ちゃんと
  7層に繋がってる人なんじゃないかな?って思ったの。

  で、講座の日、駅まで迎えに行って一目みた瞬間に
  「やっぱり7層に繋がってる人だ」って確信した。

私:  じゃあ、問題なかったんだ?

ママ: うん。

私: なんで、「5層につながってる」って言われたのかな?

ママ: それはね、エフちゃん、きっと「お試し」なんだと思うの。

  「お試し」というか、「プロセス」というか、「シナリオ」と
  いうか・・・。

  それを聞いて、Tさんはすっごく落ち込んで、ネットで
  いろいろと検索してたら、たまたま私のブログを見つけて、
  あまり読まずに、(笑) すぐ、申込みをしたんだって。

  自分でも、今回の流れを、「怒涛のように」って言ってたよ。
  (笑)

私: つまり、ママのところに来るようになってたってこと?

ママ: うん。

(その後の不思議な展開を思えば、もうそれは間違いのない
ことなんだけど、このときのママは、何か縁があるのだろう
ぐらいに思っていた)

5層の件については、Tさんをリーディングしてみた。

ママ: そしたら、女の人が出て来て、「役目は果たしました
  よ」って言った。

私: そっか。やっぱり、「シナリオ」だったんだ。

Tさんも、それを聞いて、
「そうですね~。もし、ちゃんと7層に繋がってる、って言われ
たら、安心して、ここに来ようとは思わなかったでしょうね~」
って、納得していた。

ママ: それからね、TさんとHさんの「縁」に関してはね、
 Hさんにリーディングしてもらったの。

 古い時代に、(外国の)砂漠に近い場所で、
 Tさんはとても能力の高いヒーラーだったんだって。

 Hさんはいつかこの人のようになりたいなあって、 
 Tさんにあこがれてたんだって。

私: へえ! じゃあ、Hさんは昔のあこがれの人に再会した
  ってことだね。

この日の講座では、潜在意識の説明と事例をたくさん紹介
した後に、インナーチャイルドセッションを学んだ。

セッションの練習中にも、不思議なことが起きたりした。

そして、ママの直感では、
「Tさんは急いだ方が良い!」という気がした。

私: 何を?

ママ: 何だろう? 魂の解放、かな?

それで、ママは補講をするために、翌々日、17日(月)に、
Tさんの自宅に伺った。

Tさんは、小さい子供がいるので、落ち着かないから無理で
は?と言ったんだけど、ママの勘では、その子が一緒にいた
方がいいような気がしていた。

ママ:Tさんに、「7層に聞いてみて?」と頼んだの。
  そしたら、やっぱり子供が一緒の方が良いって言われた
  んだって。
  不思議がってた。(笑)

17日。

ママは何が起きるのだろうって、ワクワクしてたんだけど。

まさかの展開に。

PageTop

魂の解放(33)

Tさんのお宅では、たくさんのメンタルブロック解除と、過去世
リーディングを行った。

Tさんの小さなお子さんは、始終ニコニコしている。

ママ: ときどき、にっこりするとかじゃないの。
  もう、いつも笑ってるの。

  食事のときも。
  (食べ物を)「あ~ん」って、口に頬張るときも、ニコニコ。
  咀嚼しているときも、ニコニコ。

  お菓子を食べたいときも、「食べる!」って、ニコニコ。
  (おせんべいの袋を)「開けて!」ってニコニコ。

  もう、何がそんなに楽しいの?っていうぐらいに、ニコニコ
  してるの。

「いつもこんなに笑ってるの?」って聞いたら、
Tさんが、
「この子、生まれた時から、ニコニコしていて・・・」って。(笑)

ママ: もう、この世界に生まれてきて、生きてることが
  嬉しくて、楽しくて、しようがない、って感じなの。

  朝から晩まで、食べることも、遊ぶことも、TVを観ることも、
  何から何まで、楽しくて楽しくて、仕方がない。

一方のTさんは、子供の頃から、この世界に生きにくさを
感じているのだという。

私: ふ~ん、対照的なふたりだね。

ママ: その「生きにくさ」を、マインドブロックバスターで
  解除してみたの。

  そしたらね、雲の上におじいさんがいて、その隣に
  その子どもがいた。

  星型の折り紙を、雲の上から、撒いてるの。
  まるで、紙ふぶきみたいに。

  で、下界では、Tさんがザルを抱えて、一生懸命、その
  お星様を受けとめようとしてる。

  そのうち、子供が、
  「あ~っ、もう、じれったいなあ!」って感じで、
  「私が行ってあげる!」って。

  ぴょ~ん、と飛び降りてきた。(笑)

Tさんに、この世界で生きることの楽しさ、嬉しさを教えるために。

ママ: 私も、その子を見ているだけで、癒された。
  笑顔を見ていると、こっちまで幸せな気持ちになるんだもん。

で・・・・・。

問題はこの後だった。

夕方になり、そろそろ、おいとましようかと思ったとき。

Tさんが意外なことを言った。




PageTop

魂の解放(34)

Tさん: 先日(15日)も、今日もなんですけど、
  講座の申込みをして、ワクワクしてるのに、いざマサコさん
  に会うとなると、こわくて。


ママ: こわい?

Tさん: そして、胸が痛くなるんです。

Tさんは、「ここ」と言って、左胸の上部を指した。

ママ: 今も?

Tさん: 今も痛いです。

ママは、Tさんの胸を見て、(あっ!)と思った。

短刀が刺さっているのが見えた。
何か、過去世があるのだろう。

リーディングをしてみる。

古いヨーロッパの街が出てきた。

Tさんがいる。 20代前半だろうか。

Tさんは、いろんなものが視えたり、わかったりする力が
あるようだった。

それを仕事にしているわけではない。

街の人が何かを聞きに来たときは、教えてあげる程度。

「預言」をしている感じ。

あるとき、誰かが何かを聞きに来て、いつものように、何気なく
答えたが、その内容は国政に関わることだった。

それが噂で広まり、役人の耳に入って、Tさんの所へ憲兵が
やってきた。

「こいつか!変なことを言っているのは!」

憲兵はそう言ってTさんを睨みつけると、いきなり短刀で、
胸を刺した。

太い眉に、ぎょろりとした大きな目。

(この憲兵が、私だったらどうしよう)

ママは不安をおぼえながら、憲兵の顔をよ~く見た。

自分ではないような気がする。

ほっとした。

この憲兵は、きっと、今生でTさんの身近に転生している
という気がした。

ママは、(私はどこにいるのかな?)って、集中してみた。

Tさんの隣に立っている。

仲良しの幼なじみらしい。

Tさんが短刀で刺された時、隣に立っていたママは
突然の出来事にショックを隠せなかった。

胸を押さえているTさんを急いで家に運び、手当をした。

Tさんは命を落とすことはなかったけれど、傷はなかなか
癒えず、ママは付きっきりで看病した。

ママ: でも、結局、その傷が原因で床に伏したままの生活を
  送ることになって、数か月後には亡くなっちゃったの。

ママはその過去世を解除した。

Tさんが、「あ!胸の痛みがす~ってなくなりました」って。

でも、1分もしないうちに、「あれ?」って・・・。

今度は、左胸の別の部分が痛むのだという。

(う~ん・・・、まだほかに過去世があるのかな)

ママはTさんを誘導して、自分で見にいってもらうことにした。

Tさんが目を閉じて、

しばらくすると、首を傾げながら、「酒場?」って言った。

そして、
「私が間違ってた・・・」って呟いた。

ママはその先のストーリーを聞きたかったんだけど、
そのとき、Tさんのお子さんが、「ママ!」ってやってきて、
セッションは中断した。

(きっと、今見るタイミングじゃないんだな)ってママは思った。

その日は、それで終わったんだけど、翌日、Tさんからきた
メールを見て、ママはあることに気がついた。



PageTop

魂の解放(35)

Tさんは、ママが行った日(17日)の夜に、自分でも同じ過去
世を見たのだという。

そして、憲兵が以前働いていた会社の上司だったとわかった
こと、あの後、胸の痛みは移動したけれど、一晩寝たら消えた
ことなどを報告してきてくれた。

ママ: その中に、ひとつ、気になることが書いてあった。(笑)

「マサコさんにも何かメッセージというか、違和感というか、
受け取った気がするのですが、まだ突き詰められていませ
ん」って。


そして、ママにメールを書いていると、また胸が痛むのだと
いう。


ママ: そのメールを見たときね、「もしかして、13日からの
  私の胸の痛みは、Tさんが関係してるんじゃないかな」
って
  思ったの。

そうなのだ。

Tさんからメールが届いた日。
その日から急に痛み始めたのだった。

そして、Tさんが途中まで見た過去世、「酒場」と「私が間違
ってた」
という言葉が、ママに関係しているような気がしてな
らない。

そして、2日後の19日。

この日は、たまたま生徒のPさん、Kさんと外でお茶をする
約束をしていた。

ママ: でね、Kさんに過去世を見てもらったの。
  「胸の痛みに関する過去世」って。

Kさんが、すぐに、
「マサコさんが・・・・」って、ちょっと悲痛な声を出した。

Kさん: 体に鎖を巻かれて・・・。広場にある石造りの井戸の
  上に吊るされてる。見せしめにされて。

最後は井戸の底に落とされ、水位は高くはなかったが、
上からざあざあと水を注いで、水死させられたのだという。

ママは、「なんでそんなことになったの?」って聞いた。

Kさん: 冤罪っていうか、マサコさんの友達が関係してる。
  その人も、マサコさんも魔女で、とっても仲がよかったん
  だけど、あるとき、口論になって。

ママ: 原因は?

Kさん: 何か、価値観の違いみたい。

  些細なことだったのに、その友達が腹立たしく思って、
  マサコさんがやってもないことを事実であるかのように触れ
  回って。

  それで、役人に捉えられたの。

(ふうん、そうだったのかあ・・・)

私: それで、ママ、書き換えてもらったの?

ママ: うん、もちろん。
  誰かが、「それは冤罪だから」って説明してくれて、井戸
  から引き揚げて助けてくれた。

その後、Kさんが言った言葉にママは驚愕した。

Kさん: その友達が、泣きながら「ごめんね」って。
 
  「私が間違ってた」って。

PageTop

魂の解放(36)

ママは鳥肌が立った。 

ちょっと考えて、Kさんにこう頼んだ。

ママ: その友達が謝ってる場面をもう一度見てくれる?

  そして、その人に言ってほしいの。
  私はとっくに許してる、って。
  
  最後にその人を光で包んであげてくれる?

ママは、きっとその人は今も罪悪感から解放されていないの
だろうと思った。

なぜなら、最近のセッションの殆どが、「罪悪感からの解放」
だったから。

ママ: ねえ、エフちゃん、加害者と被害者がいるでしょう?

  被害者はたいてい、その人生が終わると、もう加害者の
  ことを許してるし、恨んでないの。

  でも、加害者の方は罪悪感をず~っとず~っと持ち越して
  きている。

  ほら、あのEさんの場合も、そうだったでしょう?

そして、不思議なことに、その本人が、「罪悪感から解放さ
れたい」と思うのではなく、被害者の方が「この人を、その時
の罪悪感から解放してあげたい」と思っている。

ママ: で、今生、一緒に、転生してるんだよね。

  ところが、三次元では理不尽なことが起きる。

  加害者がどうしようもない夫に転生して、被害者は妻に
  なって苦しむとか、

  加害者が意地の悪い姑になって、被害者は嫁になって
  つらい思いをするとか。

そして、「被害者から転生した人」の方が、セッションを受けに
来るのだ。

私: え~っ? なんで?

ママ: つらくて、楽になりたいから、セッションを受けようと
  思うの。

  そして、セッションを受けると、真実がわかって、相手の
  魂を「罪悪感」から解放してあげられる。

私: なんか、割に合わない気が・・・・。

ママ: そう思うよね?(笑)

  でも、一緒に転生して幸せだったら、セッションを受けようと
  思わないから、いつまでも相手の「罪悪感」を解放してあ 
  げられない。

それに。

割に合わないような気がするかもしれないけど、本当は
人はみんな、お互いにそういうことをやっている。

ママ: どんな人も、たくさんの人生の中で、人を傷つけたり、
  殺めたりっていうことをやってる。

  だから、自分の魂もまた、どこかで、誰かが、解放するのを
  手伝ってくれているんだよね。

  だから、 「お互い様」なの。

ママは今はリーディングで簡単に過去世を見ることが
出来るようになったから、たくさんの魂の解放のお手伝いが
できる。

ママ: そのことが何より嬉しい。

  それと、やればやるほど、人が輪廻転生するって、本当
  にすごいことだなあ、って思う。
  
  「事実は小説よりも奇なり」じゃないけど、今生の自分と
  過去世との絡みは想像もつかないほど、深くて、神秘で
  面白い。 (笑)

ママ: セッションの内容は面白いもの、不思議なものが
 わんさかあって、 MBB基礎講座やミラクルセラピーの
 講座を受けてくれた生徒さんたちは、それを聞くのが
 楽しみだって。(笑)

 (注: ブログ掲載の許可を頂いているお話に限ります)

 再受講は無料ですから、何度でも、遊びがてらお越しくだ
 さいね!

PageTop

魂の解放(37)

さて、Tさんに話を戻すと、

Kさんに過去世を見てもらった翌日、ママはTさんにメールを
送った。

詳しいことは言わずに
「井戸に関わる過去世があるか、見てね」って。

私: そしたら?

ママ: 「探ると、悲しみが広がって・・・。
  知っている気もするのですが・・・」って、返事がきた。

「井戸の過去世」に関わる魔女の友達は、ほぼ間違いなく
Tさんなのだろう、とママは思った。

ママ: そしてね、面白いことに、「23日のミラクルセラピーの
  講座(2回目)に参加できそうです」って。

それまでは、その日の参加は難しいと言っていたので、
ママはまた何かありそう!ってワクワクした。(笑)

ママ: ちなみに、23日は「井戸の過去世」を見てくれたKさんも
  来ることになってたの。

私: うわ~! やっぱり何かあるんだね~。

「何かある」どころか、すごいことになるんだけど。

23日、当日。

生徒さんのKさん、K恵さんが先に来ていた。

Tさんが遅れてやってきた。

Tさんが部屋に入ってきた瞬間、Kさんは
(あっ! あの「井戸の過去世」の人!)ってわかったのだそう。

ママは、Tさんに「井戸の過去世」の話をした。

そしたら、Tさんが、
「20日に急に具合が悪くなって、熱も出たんです。
翌日にはケロッと治っていたんですけど」と言った。

私: え。それって、好転反応?

ママ: だと思うの。

そういうこと、あるんだねえ~って、思いながらも、
もう一度Kさんに頼んで、Tさんに直接、過去世の書き換えを
してもらった。

ママ: Kさんが不思議なことを言ったの。
 「この間やったときは鮮明に見えたけど、今日はぼんやり
  してる」って。

  つまり、もうすでに書き換えた後だから、だよね?

  そうなるんだ~って、驚いちゃった。

PageTop

魂の解放(38)

Kさんが過去世の解放をしてくれた後、Tさんが
「あのお・・・・」と口を開いた。

Tさん: マサコさんが井戸の中で死んでいるのを見てる私が
  いて、「ああ、マサコさん、死んじゃったんだ」と思ってるん
  ですけど・・・。

  そう思ってる私も、「意識」だけの存在みたいなんです。

  私も死んでるんじゃないかと思うんですけど・・・。

え?

Kさんが過去世の書き換えをしてくれている間、Tさんも目を
閉じて、同じ過去世を見ていたのだった。

そして、自分も死んでいるようだという。

ママが、リーディングをしてみる。

石畳の広場が見える。

Tさんが大勢の憲兵たちに追い詰められて、城壁を背に立ち
つくしている。

左胸を刺された。

私: なんでTさんが殺されたの?

ママ: 私が捕えられたときに、Tさんのことを「あいつだって
  同じ魔女じゃないか!あいつも捉えた方がいいぞ」って
  ことになったみたい。

ママは井戸の上に吊るされ、その後、水死するまでの間、
「なんでこんなことになったの?」って思っていた。

「なんで?」って。

一方、Tさんは、
「こんなことするつもりじゃなかった」って後悔でいっぱいだった。

「私が間違ってた」って。

原因は、ささいな口論だったのに。
単なる考え方の違いだったのに。

ふたりが共に命を落とすなんて。

ママは過去世を解放した。

やれやれ、これで一件落着、かと思いきや・・・・。

私: え~? 終わらなかったの?

ママ: Tさんがまた「胸が痛い」、って。

痛みの箇所は少しずつ移動していた。

ママ: さっきとは別の場所が痛い、って。


PageTop

魂の解放(39)

で、原因となる過去世を見に行く。

ママは、K恵さんに、
「練習になるから、やってみて?」と言った。

K恵: え~っと、緑色の服を着た男性が視える・・・。

  髪が長くて、楽器、オカリナかな?を、手に持ってる。

重要な場面に進むと、
「水の中にいる。静かに沈んでいった」と言った。

ここで、Kさんにバトンタッチする。

Kさんも、目を閉じてK恵さんと同じ過去世を視ていた。

Kさん: 不慮の事故だった。足を踏み外して・・。

  急に岩にぶつかって・・・。胸の辺りをぶつけた。

ママ: (ああ、だから胸が痛いのか・・・)

Kさん: 水の中に落ちた時にはもう意識がなかったみたい。

  もともと心疾患もあったんじゃないかな。

  順調な人生だったのに、こんなことで死ぬなんて思いも
  しなかったみたい。

  こんな形で道を絶たれて残念に思ってる。
 (彼は楽器奏者のようだった)

ママも目を閉じて、Kさんが語るのを聞いていた。

緑色のベストを着た男性が水の中をぶくぶくと沈んでいくさまが
視える。

「死にたくない!死にたくない!」

悲痛な叫びがママの意識に入ってきた。

だからか・・・。

「死にたくない!」という気持ちを持ち越してきているのだった。

ママにバトンタッチする。

ママが書き換えをした。

水の中を沈んでいく場面。
さっきと同じ。

でも、今度は意識が違った。

生きている間に音楽を通して人の役に立ったこと、
いつも悔いのないように精一杯生きてきたこと、

それを思いながら、

「これで自分の人生も終わるんだなあ」と穏やかに死を迎えて
いる。

Tさんが、
「痛みがなくなりました!」と言った。

私: やった~!

ママ: ところが。

私: まだあ?

ママ: 今度は「喉が詰まる」って。

それは幼児期退行で治った。

Tさんは講座に来た途端に、次から次へと魂の解放を
行っていた。

まるで、「このタイミングで解放するんだ」と決めてきたかの
ように。

ママ: 一番混乱したのはTさんだったと思うよ。

 平凡な日常から、いきなりわけのわからないことが連続で
 起きて。(笑)

  みんなはTさんのおかげで貴重な体験ができたけど。

私: 貴重な体験? 魂の解放のこと?

ママ: それもあるけど、今回みたいに、全員で一つの過去世
  を見に行くことができる、ってわかったこと。

今回はママも含めて3人で視に行った。

三者三様、診える場面が微妙に違った。

ママ: 同じものでも、それぞれが異なる視点から視ることが
  ある。

  たとえば、コーヒーカップを見た時に、
  
  ある人は真上から見て、丸い円しか見てなくて、

  ある人は横から見て、

  ある人は取っ手のある部分が見えて。


  カップ角度

  
    (↑ 同じカップでも、いろんな角度から見ている )


  で、全員の見たものを合わせると、1個のカップが完成
  する。

まるで、ジグソーパズルのピースを各々が拾い集めて来て、
全員でひとつの絵を完成させるようなもの。

 yjimageUYU8AR64ジクソーパズルjpg


私: おもしろい!

ママ: うん。面白いよね~

単に、「こういう場合はこうする」というマニュアルではなくて、
こうやって、いろんなことを試みるのが、ママは大好き。

何かが閃くたびに、
「面白いこと、考えた! ちょっとみんなでやってみよう?」って。

そして、生徒さんと一緒になって、目を輝かせながら、

「すご~い!」とか、「おもしろ~い!」とか言っているのである。

(笑)


PageTop

魂の解放(40)

この日、Tさんはたくさんの過去世を一度に解放した。

3日後にTさんからメールが来た。

「あれから胸を刺す痛みはなくなっています。
喉も楽です。喉がよく締まっていたのですが、
今は息が楽です」って。

そして、最初にママのところに来ることが決まったときから、
胸がバクバクドキドキしていたのだと言った。

それが、振り返ってみると、Kさんが「井戸の過去世」を
解放した翌日あたりから落ち着いてきて、

23日にたくさんの魂の解放をやった後は、全くなくなったの
だという。

私: それって・・・・。なんでかな?

ママ: 私への罪悪感がすごかったんだよね、きっと。

  だから、「会う」と決まったときから、ドキドキし始めて、
  会っているときも、家に居ても、考えるだけでドキドキして
  たんだって。

このすべての出来事が、ママのブログに出会ってから、
2週間足らずで起きたことなのである。

ちなみに、ママの胸の痛みも消えてしまった。

今の時代はなんだかすごく加速していて。

「魂の再会」もすごい勢いで行われているようだ。

ママ: その後も面白いことがあって。

 ミラクルセラピーの次回の講座日を決めようという話に
 なって。

 KさんやK恵さんが12月7日にしたんだけど、
 Tさんは都合が悪くて、14日にしたの。

 でね、7日には、青森からの参加者のHさんが来ることに
 なってたんだけど、

 Tさんが23日の日に、「次回は14日」と決めた途端!

ママ: 翌24日に、いきなりHさんからメールが来て、

  「マサコさん、7日の予定を14日に変更は可能ですか?」って。

私: はあ~っ?

ママ: 7日でも構わないんだけど、14日の方がいいかな、って。

 Tさんがもう一度Hさんにも会いたい、って言ってたんだよね~

 なんかさ、すごくうまくできてるよね?

そのことをTさんにメールで伝えたら、

ママ: さらに面白いことを言って来て。 (笑)

「実はその後、7日でも都合がつくことになったので、
変更してもらおうかと思ったんですけど、
シータヒーリングで創造主に聞いたら、14日のままでいいと
言われたんです」って。

私: 不思議、不思議!

  そういえば、ママ、胸が痛くなる前に、
    急に突発性難聴みたいな症状が出た ことがあったでしょ?

  あれも、Tさんと関係してたの?

ママ: それはね~  (ー_ー)!!

  信じられない展開になったんだよね・・・・。


PageTop

魂の解放(41)

みんなでTさんの魂の解放を行ってから1週間後のこと。

その日はマインドブロックバスターの基礎講座の日だった。

ママ: 「臓器との対話」を教える日だったの。

  身体のいろんな臓器に話しかけてみるんだけど。

福島から月1回のペースで通って来てくれているS子さんと
練習をした。

ママが最初にS子さんにやって、次にS子さんがママにやる。

ママは、「どこの臓器にしようかな~」と考えて、

「あ、そうだ! 最近、左足の膝がときどき痛むから、膝と
話しをしてくれる?」と頼んだ。

S子さんが目を閉じて、膝と会話をする。

S子: 野球ボールぐらいの大きさの石がのっかってる。

ママ: (は?)

なんだか嫌な予感がした。

以前、友人がエネルギーの勉強をしていた時の話が脳裏を
よぎった。

その教室に来ていた生徒さんが、「最近膝が痛い」と言ったら、
先生が膝を霊視して、
「ああ、誰か女の人の念がついてるわね」って言った話。

その先生が除霊?したら、膝の裏から、細い蛇がちょろちょろ
と出て行ったのだとか。

友人は肉眼でそれが見えたと言って、興奮していたっけ。

ママは、S子さんに、
「その石って、私のエネルギーか、それとも他の人のか、聞い
てくれる?」って頼んだ。

S子さんが、
「他の人のみたいです」と言った。

やっぱり・・・・。

気になるなあ・・・。

ママが「誰だろう・・・・?」ってつぶやいたら、S子さんが
「視てみます?」と聞いてくれた。

ママ: うん。 お願い。

S子さんがある女性の特徴を言い始めた。

これぐらいの髪の長さで、こんな顔で、こういう服を着ていて、
とかなり詳細である。

でも、ママには見当がつかなかった。

そしたら、S子さんが、今度はその女性が住んでいる部屋の
様子を詳細に話し始めた。

ここにキッチンがあって、ここにテーブルがあって、ここに
その女性がこんな風に座っていて・・・・って。

部屋の様子を聞いて、ママは
「あっ!」と声を上げた。

わかった!



PageTop

魂の解放(42)

生徒さんだった。

ママ: 彼女だったのかあ・・・。

S子さん: 本人は無意識だから、気づいてないです。

ママ: うん。 そうだろうねえ。

彼女とは良好な関係である。

スピリチュアルなことをたくさん勉強していて、能力も高い
人である。

学んだことを仕事にしていきたいと言っていたけど、
まず何から始めればいいのかわからなくて、
煮詰まっているんじゃないかなあと思った。

とても真面目で優しい人なのである。

私: その人と良好な関係なのに、なんでママにくっついて
  たの?

ママ: うん、エフちゃん、その人ね、私のこと、「いいなあ」
  って、「うらやましいなあ」って思ってたみたいなの。

  すでにブログとかやってるし、こうやって楽しく
  仕事してるでしょう?

  そのことを「いいなあ」って。

私: それだけで、憑いちゃうの?

ママ: (笑) 彼女、念が強いから。
  でも、自分ではちっとも気づいてないと思うよ。

S子さんは、「寒気がする」って言ったんだけど、
ママは「平気だよ」って言った。

そして、どうしたらいいのかな、って考えた。

彼女、煮詰まってるんだろうなあ・・・・。

今、何ができるだろう?

目を閉じて、彼女の魂と話をしてみた。

ママにだって、最初の一歩があったのである。

一歩一歩、積み重ねてきたのだ。

彼女が良い一歩を踏み出せるように、話しかけて、たくさん
光を送った。

S子さんが膝の石が取れたと教えてくれた。

私: ねえ、ママ、S子さんって異常に視えてない?

ママ: そうなの!びっくりでしょう?

S子さんは最初は、ヒプノのセッションを受けに来てくれたの
である。
そのときに、映像ですごく視える人だった。

ママ: その後、マインドブロックバスターの講座に来て
  くれてるんだけど、
 「こんなに視えるの? まるで霊能者みたい!」と
 思ったのは、この2回目のときなの。

実は、S子さんはママの膝を見た瞬間から、すべてのことが
視えていたのだそう。

ママ: でね、そのとき、あの突発性難聴みたいになったこと
  が、ふと浮かんだの。

  「女の人の念」だって言われてたし。

  同じ人かな?って。

  それで、S子さんに視てもらった。

S子さんは、こう言った。

「もう、症状は治ってますよね?」

治ってる。
成田のY子さんがヒーリングで治してくれたから。

S子: だから、今は、シルエットでしか視えないん
   ですけど、 同じ女性の方です。


ママ: !!! (驚)




PageTop

魂の解放(43)

謎が解けた感じだった。

私:  治ってると、シルエットで視えるのかな?

ママ: 治ってるってことは、もう憑いてないわけだから、
  余韻だけ残ってる感じ? (笑)

以前にも、そういうことがあった。

ママ: もう2年ぐらい前かなあ。

  あるクライアントさんが来た、2~3日後だったかな。

  友人に「なんか、影が憑いてるよ」って言われて。

  そのクライアントさんだった。

私: なんで?

ママ: 彼女、「闇の人」だったんだよね。

私: 闇の人ぉ?

ママ: っていっても、こわくないよ。

  とっても、面白くてユニークな人だった。

私: その人、なぜママのところに来たの?

ママ: うん、その前に来たクライアントさんに私のことを聞いて、
  「光の人」に興味をもったみたい。

ママはどうやら今生は「光の人」側にいるらしい。

ママ: みんな、たくさんの人生を繰り返す中で、「光」とか
  「闇」とか、どっちも経験するの。

  ほら、全てのものは二面性があるでしょう?

  男性と女性とか、裏と表とか。

  だから、両方を経験しないと、「全て」がわからない。

たまたま、今生、彼女は「闇」の側を経験し、ママは「光」の
側を経験しているのだった。

ママ: その時は、今みたいに知識がなかったから怖くて、
  すぐに仲間にヒーリングをしてもらって。

  そしたら、「黒い影」が「濃いグレー」に変わった、って。

  さらに別の仲間がヒーリングしてくれて、
  今度は「薄いグレー」になったの。

  で、一週間後には「透明」になってた。(笑)

だから、今回、S子さんが「シルエットで視える」と言ったのも
納得できたのだった。

私: でも、ママ、別に「妬み」とか、悪い感情じゃなくても、
  相手に憑いちゃうって、こわいよね?

ママ: きっと、みんな知らず知らずにそういうこと、やってると
  思うよ。

PageTop

魂の解放(44)

そうなのだ。

良い悪いに関わらず、「念」が飛んでいると思う。

ママがそのことに気がついたのは3年位前である。

当時、二度ぐらいお世話になった霊能者の女性がいたのだ
けれど、

ある日、急にその人のことが気になった。

別に視てもらいたいこともないのに、気になって気になって
頭から離れない。

「なんでかなあ」と思いながら、仕方がないので連絡をして
会いに行くことにした。

ママ: 不思議なことに、予約をいれた途端、2年位会っていな
  かった「友達の友達」(Zさん)から電話がかかってきて。

なんと、Zさんもママと同じように、急にその霊能者の人が
気になって会ってきたのだという。

そして、数日後にママが来ることを聞かされて、
「へえ、偶然だなあ」と思い、連絡をしてきたのだそう。

で、ママが予約を入れた当日に、Zさんももう一度来てくれた
のだけど・・・。

私: だけど・・・?

ママ: そこで、二人が同時に霊能者の人が気になった理由
  がわかったの。

私: 何だったの?

ママ: ネットワークビジネスのお誘い。(笑)

その霊能者の娘さんが最近、ネットワークビジネスを始めた
らしい。

親として少しでも力になりたくて、「誰か会員になる人、いな
いかな」と考えたのだろう。

私: ああ、それで、ママとZさんを思いついたんだ。

ママ: うん、たぶん。

  だって、占いそっちのけで、ネットワークビジネスを
  一生懸命勧めてきたから。

霊能者だけに「念」も強かったのだと思う。

そのことで、ママは気がついたのだ。

自分がふと誰かのことが気になるとき、って。

出所が必ずしも自分の側だとは限らないということ。

相手の「思念」をキャッチすることもあるんだ、って。

ママ: でも、今まではそんなこと、考えたこともなかったわけ。

  そういうのとは無縁の世界に生きてたから。(笑)

スピリチュアルなことをいろいろと勉強して、自分が繋がる
ことのできる周波数が増えるということは、

一方通行ではなくて、双方通行になるということらしい。

ママ: こっちから向こうに行く回路ができるけど、向こうからも
  こっちに来れる、っていうことだよね?

  だから、人の思念もキャッチしてしまう。

  以前だったら、あつ~い壁があって、鈍感で、そんなこと
  気がつかなかったはずなのに。

しかも、マインドブロックバスターで「心の思い残し」を 見たり、
リーディングしたりするから、わかってしまう。
  
ママ: で、最近、面白いことがあったの。

  何かの時に、友達が心配してくれたの。

  今までだったら、

  「私のことを心配してくれてるの?ありがとう!」って
  思ってたのに、

  そのとき思わず出た言葉が、

  「お願い! 心配しないで!」 (笑)

ヒプノのセッションでも「上」の存在がよく言ってたっけ。

「心配しないで、信頼しなさい」って。

「心配」は何のプラスのエネルギーも生み出さない。

でも、「信頼」はプラスのエネルギーを送る。

それで、ママはその友達に、

「今度私のことが心配になったときは、
 ”きっと大丈夫、大丈夫!”って思ってね」
って言ったんだって。 (笑)



PageTop

魂の解放(45)

「突発性難聴の主(ぬし)」を見てくれたS子さんは、
その翌日メールをくれた。

「その女の人が、マサコさんの身体に負担をかけた事に
気付いて罪悪感を持ってしまって、また膝に石がついた
状態」って。

ママは驚いた。

罪悪感も影響するのか、って。

S子さんは、ママがちっとも気にしていないことを伝えてくれ
たらしい。

そして、金粉がついたクリスマスリースと、ポインセチアの
お花を贈ってくれたのだとか。(イメージで)

ママ: そしたらね、「マサコさんの膝がプリンとツヤツヤに
  なりましたよ」って。 (笑)

S子さんの能力は素晴らしく高くて、身体の中の状態も
映像で視えるのだとか。

それを聞いたとき、ママの中で何かが引っ掛かった。

S子さんが最初にセッションに来てくれたとき、
常に身体がだるくて、重くて、疲れているので、
今、定期的に検査をしているのだと言っていたんだけど、

「こんなに人のことがわかるんだから、逆に人のエネルギー
も受けるんじゃないの?」って。

他人のエネルギーを受けているのに、気がついてない人って
けっこう多い。

昔、ヒプノを勉強してた頃、こういう世界の話が面白くて
面白くて、知識は増えていったけど、

「浄化」のことなんて知りもしなかった。

そのうち、

いろんなエネルギーのことが分かり始めるということは、
自分もまたそういうエネルギーの影響を受けるのだと
気がつき始めた。

ママ: 自分の居る空間の浄化も、自身の浄化も必要だよね。

ママはセッションルームは誰かが来る前と、帰った後に
必ずホワイトセージを炊いている。

たまに、誰かが来たときに、ホワイトセージの残り香があって、
「わ~、これ、いい匂い」と言う人がいるんだけど、

ママ: そういう人って、インディアンの過去世があるの。(笑)

  ホワイトセージの煙で燻す浄化法は、ネイティブアメリカン
  が古来から用いてきた方法だから。

  あと、身体の浄化は「お塩」を勧めてる。

  お風呂に入るとき、一掴みの粗塩を浴槽にいれて、
  「塩風呂」にする。

  シャワーの場合は、粗塩を全身にまぶしてから、洗い流す。
  (髪の毛も)

  これで、自分についている余計なエネルギーを祓うの。

S子さんにこの方法を教えたところ、早速その日にやってみ
たのだそう。

ママ: 「お塩で浄化したら、身体が急に軽くなりました!」って、
  メールがきたの!

  そして、 腎臓が「お水を飲んで」とか、ふくらはぎが
  「マッサージして」とか要求してきたんだって。 (笑)

私: じゃあ、身体が重いとか、いつもだるいとか、っていうのは
  自分にいろんなエネルギーがついてたってこと?

ママ: そういうこともあるかなって。

たとえば、エステとか、指圧とか、美容師さんとか、直接
他人の身体に触る人は、浄化をした方が良いと思う。

MBBやリーディングだって、手に触るだけで、相手の情報を
読み取れるぐらいなんだから、

毎日仕事で長時間、人の身体に触れる人は、特に相手の
エネルギーを受けやすいかもしれない。


PageTop

魂の解放(46)

さて。

14日に青森のHさんと、Tさんがミラクルセラピーの講座を
受けることになったいきさつは前述の通りですが・・・。

ママ: 結果から言うと、やっぱり「必然」だったの。

この日は過去世リーディングを学んだ。

対人関係に特化して、

良い関係の場合には、
「あの人とはどういう縁があるのだろう」とか、

良くない関係なら
「なぜこういうことになってるんだろう」とか。

対人関係の縁は、ほぼ100%過去世から来ているので
(良くない関係の場合には)過去世を見ることで改善する例
が多い。

練習では、Tさんが、Hさんとの「縁」を見に行った。

ママ: 二人は過去に姉妹だったの。

  Tさんがお姉さんで、Hさんが妹。

今生の再会の理由は、Hさんが幼くして亡くなり、
それを悲しんだTさんが再会を望んだからだった。

次に、ママが自分とHさんとの縁を見に行った。

ママ: 驚き! 兄弟だったの。

ママがお兄さんでHさんが弟だった。

時代はかなり古い日本。

古墳時代ぐらいだろうか。

ふたりとも白い服を着て、髪は「みずら」に結っている。

みずら


葦が茂る池か沼のような所にいる。

次の瞬間。

弟であるHさんが何かに足をとられて、あっという間に水の中に
沈んでしまった。

葦が邪魔で弟に近づけない。

ママは気が狂ったように弟の名前を呼び続けた。

目の前に現在のHさんが居るんだけど、ママの意識は
当時にタイムスリップしているので、悲しみと罪悪感で
胸がいっぱいだった。

涙が出てきた。

「ごめんね、ごめんね」

そばにいながら、弟を溺死させてしまったことの後悔と罪悪感。

それを謝りたくて、今生Hさんと再会していたのだった。

ママ: エフちゃん、もちろん、Hさんとの過去世はこれひとつ
  ではないと思うの。

  何度も何度も出会っているはず。

でも、このときの罪悪感は、Hさんとのたくさんの過去世の
中でも、今生のママに強く影響していたのだと思う。

ママ: 潜在意識はとても賢くて、手放す必要のあるものから
  順次見せてくれるから。

PageTop

魂の解放(47)

この日のTさんは、「歯が痛い」と手で頬をおさえながら
やってきた。

ママは、「もしかして、また過去世・・・?」って思った。

案の定、次から次へと過去世が出てくる。

過去世を見て解放すると、痛みが治まるのだけど、また
別の部位が痛くなったりする。

「歯」というか、顎というか、咬みあわせというか・・・。

ママもこんなケースは初めてでびっくりした。

Tさんはこのタイミングでたくさんの過去世や幼児期から
引きずっている感情を一気に解放しているようだった。

ママはそのことを「良かった」と思っていたんだけど・・。

ママ: ちょっと考えさせられたこともあって。
  
  前回は左胸を中心に痛みが次々と出て来て、過去世を
  解放したでしょう?

  その後に、
あの「井戸の過去世」を解放してくれたKさんが
  ミラクルセラピーの講座に来て、こう言ったの。

  「Tさん、あの過去世の件で、マサコさんに悪いことを した
  っていう罪悪感で悩んでないかしら?」って。

ママは、「まさか?」って思った。

そんなこと、あるはずがない。
だって、あれは、はるか昔の過去のことだし。

それに、「解放」といっても、セッションでちょっと見ただけだし。

でも、その日、Tさんは
「実はあれから大変だったんです」って言った。

罪悪感が襲ってきて、ど~んと落ち込んだのだとか。

それも、かなり。

ああ、やっぱり、Kさんの直感は当たっていたんだ。

Tさんは、「落ち込んでいたとき、Kさんの顔が浮かんだ」と
言った。

「へえ?」

そんなこともあるのか~、ぐらいにママは思っていたんだけど。

ママ: 実はね、この日の前日に、
あの「突発性難聴」似の
  症状を視てくれたSさんが
、マインドブロックバスター講座の
  3回目に来ていたの。

  その日は、「心の思い残し」っていうのをやったんだけど、
  練習をしたら、Sさんが、
  私に「心を思い残している人」がいるっていうの。

  それでね、今回もまた透視の如く、よく視えて。(笑)

  それがなんとKさんだったんだよね。

私: Kさん? なんで?

真相は後日わかった。

ママがKさんに、Tさんがやはり罪悪感を感じていたのだと
メールで報告をしたら、こんな返事が来たのだった。

「Tさんに会ってからずっと気になっていました」って。

「マサコさんに何度も相談しようかと思っていたのですが、
忙しくて今に至ってます」って。

Kさんの「心配」の念がママにもTさんにも飛んでいたらしい。

(笑)

ママ: それほど、繋がってるってことだよね?

  ここに来てくれてる人たちって、魂の深いところで繋がって
  いる人たちなんだろうなあ・・・。

そう思うと、人生はやはり神秘的で、そして、面白い。

PageTop

魂の解放(48)

Tさんが過去世を見て罪悪感を感じたことは、意外だった。

ママにとっては初めてのことだった。

でも、「過去世を見た=罪悪感を持つ」ではないと思う、
ってママは言った。

「罪悪感を持ちやすいこと」の方に何か問題があるんじゃ
ないかな、って。

Tさんの場合には幼児期の解放もたくさん出てきた。

ママ: 最近は「罪悪感を手放す」ために来る人がとても多い
  んだけど、問題は、

  その罪悪感がどこから来ているのか、ってことだよね?

過去世からの影響も、もちろんある。

幼児期の影響もけっこう多い。

ママ: 幼児期の影響っていうのはね、

  たとえば、「自分は価値のない人間なんだ」とか、

  「自分なんて」とかね、

  自分のことを好きになれない、

  自分に自信がないとか。

  大人になって、自己肯定、自己受容ができてない人は

  幼児期に親に十分、自己肯定できる言葉かけをして
  もらってないことが多いの。

ママの知り合いにN美さんという人がいる。

彼女には容姿端麗、頭脳明晰なお姉さんがいる。

子供の頃、いつも友達から
「お姉さん、すごいね!あんなに美人で頭が良くて」と
言われていたそうである。

子供心に「じゃあ、私は? 私はだめなの?」って思っていた
のだそう。

でも、彼女のお母さんがことあるごとに、
「お姉ちゃんはお姉ちゃん、あなたはあなた。
あなたにはあなたの良さがある」って言ってくれていたので、

彼女は卑屈になることもなく、人と自分を比較することもなく、
自分のことが大好きな大人に成長できたのだとか。

子供の頃に受け取った言葉は潜在意識の中にしっかりと残る。

そして、それが大人になっても影響する。

ママ: もっとすごいのはね、「胎児期」のときの影響。

私: お母さんのお腹の中にいるとき?
  そんなのが影響するの?


PageTop

魂の解放(49)

ママ: 胎児期の影響はと~っても大きい。

  お腹の中にいる時に、周囲の声は全部聞こえているし、
  誰が何を考えているのかもわかるから。

  たとえば、自分が女の子なのに、
  「男の子だといいね」なんて周りが話していたりすると、
  すごいショックを受ける。

  「自己否定」されているのと同じだから。

  「自分なんて生まれてこなければよかった」とか、
  「男に生まれたかった」って言う人には、

  胎児期の影響を受けている人が多い。


「それとね」って、ママは話を続けた。

ママ: 母親のお腹の中にいる時には、まだ潜在意識の中に
  どっぷり浸かってる。

  ヒプノでたまに出てくるんだけど、
  お腹の中で
  「あ~あ、これからの人生、面倒くさいなあ」って思ってたり
  するの。 

  自分が予定している人生のシナリオを全部わかっている 
  から、

  「これからあっちの世界に行くと、こんなことがあって、
  こういう人間関係に巻き込まれて、それからこうなって・・・。
  ふう~っ・・・(ため息)」って。(笑)

私: それでも、生まれてくる?

ママ: うん。 生まれてくる。ちゃんと本人の意思で。

「お母さんの意識をそのまま自分に受け取ってしまうことも
ある」って、ママは言った。

たとえば、とても心配性の人がいて、それはどこからくるの
だろうと探っていくと、胎児に行きつく。

ママ: お母さんが心配症なの。

  よくある例が、一度流産を経験していたりすると、お母さん
  が、「この子はちゃんと育つかしら」って心配していて、
  それをお腹の中にいる胎児が受け取っちゃう。

私: そういう場合は、どうするの?

ママ: セッションで「心配性」を解放すれば大丈夫。

お腹の中にいる時に、「自己否定」されていると感じたり、
こちらの世界に生まれてくることをつらいと思っている赤ちゃん
には、

「光」をプレゼントするのだという。

ママ: その時々で、「虹色の光の玉」だったり、「白い光」
  だったり、さまざまなんだけど、

  「その光が今後のあなたの人生をずっとサポートし続ける
  から大丈夫だよ」、って伝えるの。
  
  そうすると、その人の生まれてから、今の年齢に至るまで
  の人生が変わる。

  「心」への影響が変わるの。

  つまり、現在の本人に変化が起きる。

  実際には「時間」そのものがないから、そういうことが
  可能なの。

「ちょっと不思議な話だけどね~」って、ママは言った。

PageTop

魂の解放(50)

.さて、10月から始めた「ミラクルセラピー」について・・・。

ママ: 嬉しいことが続いているので報告をしておくね・・・。

  生徒さんやクライアントさんから、
  「是非、マサコさんのセッションのやり方を教えて」と言わ
  れてスタートしたんだけど、

  実は始めるまでにとても躊躇したの。

ママは偶然に「リーディング」ができるようになったんだけど、
はたしてそれを教えることができるのかな?って、疑問だった
んだって。

スピリチュアルな世界のツール(手法)はたくさんある。

そのひとつに「チャネリング」や「リーディング」もある。

そういうツールは、もともと霊能者とか、そういう人にしかでき
ないものだとママは思っていた。

現にヒプノを習っていた頃、リーディングを習っている友人がいて、
「みんなできるようになるの?」って聞いたら、
「そうでもない」って言ってたし、

その友人も結局できないままだった。

ママにとってはず~っと「別世界」の話だったんだけど、

ひょんなことからそれができるようになって、

「あれ? これ、誰でもできるかも~」って思って、周りの仲間
たちに
「やってみて?」って試したら、み~んなできちゃって。(笑)

ママ: でも、仲間にはヒプノを勉強している人が多かったから、
  そうでない人にもできるかな?って、ちょっと心配だったの。

ところが、である。

「モニター」さんでお願いして始めてみたら、
みんな難なく「リーディング」ができるのである

ママ: 心配は杞憂に終わったのよね。

  みんな、どんどんできちゃうの。

  それが嬉しくて、ちょっと報告したかったの。(笑)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。