聖なる樹のヒプノセラピー物語      

堕天使の救済(1)

「ヨーロッパ浄化隊」は思わぬ形で続行することになった。


現地でチベットの過去世を解放したB氏が、
2月に日本に一時帰国することになり、

その際、ママのミラクルセラピーセッションを受けたいと連絡が
きたからだ。


ところが。

ママときたら、「なんで私が?」

「もう関わる必要はないはず」

なぜか、B氏に関わることへの抵抗がある。


ママ: あれ? エフちゃん、これって、変だよね?
  なんでこんなに嫌がってるんだろう?
  何かあるのかな?


人間関係は100%過去世の影響である。

B氏との過去世を見に行ってみた。


ママ: うわ~っ! チベット!

B氏は、チベットの修行僧時代の愛弟子だった。

闇の勢力と取引をしてしまう愛弟子に、
「裏切られた」という怒り・・・・。

私: その気持ちを持ち越してきてる?

ママ: そう!


ママは過去世を解放したらすっきりしたのか、

今度はセッションを心待ちにするようになった。 (笑)


そして、B氏と会う日に、現生徒のK氏も呼ぼうと思いついた。

ママ: この二人は会うべき! 
  会わなければならない!ってね。


この直観は当たっていた。


なぜなら、

ママやTさんたちのバイキング時代と同様に、
B氏にもチベット時代の過去世がいくつもあったからだ。

ママが視たものは、B氏が修行僧だったものばかり。

その際、「闇の力」と何度も取引をしていた。

自分が欲していた知恵や力との交換条件に、
大切な経典をこっそり持ち出したり、
闇の力に踊らされて、自分の師匠を刺してしまったり。


ママ: それでね、エフちゃん、実はね、
  「闇の力」は、いつも「K氏」だったの。


私: 
え~っ??



聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop

堕天使の救済(2)

そうなのだ。


チベット時代、

修行僧のB氏は、何度も「闇」のK氏にそそのかされて、
経典を持ち出したり、掟を破ったりしていた。

そして、自分の犯した罪に苦しみ、
一方、K氏は人生を終えるたびに、「罪悪感」に囚われることになる。


私: じゃあ、それを解放するために、ふたりは会う必要が
  あるってことね?

ママ: うん。

きっと、これは「堕天使」の解放なのだと思う、ってママは言った。


元旦早々に北欧に飛んだママを、帰国後に待ち受けていたもの。

それこそが、「堕天使」の解放だったからだ。


ママ: 去年の11月に、「戸隠の刺客」が来たでしょう?

  あの人も「堕天使」だった。


そして、今年の1月にセッションをした「八咫烏(やたがらす)」も。


2月上旬には、新しくミラクルセラピー講座に入ってきたS代
さんが、その典型だった。


ママ: 明るくて、感じのいい人だなっていう印象で、
  霊性の高そうな人だったけど・・・。

でも、何か引っかかるものがあった。

ママ: うまく言えないんだけど、心に「闇」を抱えているような?


それは的中していたのだ。

講座が終わって雑談をしていたら、彼女が唐突に、
「私、ルシファーと対話してるの」と言った。

ママはびっくりして、
「なんでそんなことしてるの?」って聞いた。


そしたら、にこにこ笑いながら、

S代: ルシファーは、もともと光から来たんですよ~。
  この世には「光」と「闇」があるけど、「光」しかなかったら、
  光がどういうものなのかわからないから、
  だから、ルシファーは敢えて「闇」の存在になったんです!

  「闇」を知ることで、「光」がわかるんですよ~!

  私、「闇」をとことん知ろうと思って!


別の生徒さんが、
「なんで最初から光の方を見ないの?」と言っても、

「闇を見ることで光がわかる」の一点張り。


彼女は実生活でも、人にだまされたり、利用されたり、
散々な目に合っていて、傷ついて、心がボロボロなのに、
それでもなお、
「闇」を体験することが光に行く手段なのだと言う。

どんなに話しても平行線をたどるばかりで、
「闇」の素晴らしさを語り続けるその姿は、まるで洗脳されて
いるかのようだった。


「どうしてそんな風に思うようになったの?」ってママは聞いてみた。

ある人のブログにそういうことが書いてあって、
共感を覚えた のだという。


ママが、
「今後も闇を見たいのなら、もうこの講座には来ないでくれる?
ここには光の方向を見ている人しか来ないから、波動が違い
すぎる」と言っても、動じない。


私: なんでだろう?

ママ: 魂は分ってるから。
  ここに来ることで救われる、って。
  だけど、3次元の意識は自分のことが分からなくなってる
  感じだった。


(ん? 自分のことが分からなくなってる?
 ああ、そうか!  彼女、堕天使なんだ)



聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(3)

最初は天界からやって来たのに、

人間界で長い年月を過ごしている間に、
自分のことを忘れてしまっている。


人々を救う役目だったのに、
人間たちから「化け物」扱いにされて傷つき、挫折感を味わう。

あるいは、純粋なあまり、闇にそそのかされても、
そうとは気づかずに大変なことをしでかしてしまって、
その罪悪感が強すぎて、心の闇に取り込まれてしまうケース・・・。


闇がいかに素晴らしいかを笑顔で語るS代さんに、
ママはこう言った。

「そもそも闇なんてないから」


その言葉を聞いて、3次元マサコが慌てた。

(えっ? そうなの? 闇はないの?)


実はママもこの世界は2元性だと思っていた。

光と闇。
陰と陽。
表と裏。
男と女・・・

(違うの?)


3次元マサコは混乱していたけど、
5次元マサコは、「闇はない」と言い切った。

「長い年月の間に、人間の心に芽生えた罪悪感や後悔、
そういった心の負の部分を、闇と呼んだだけ」

それは意図したものではなく、
体験の結果として生まれた負の財産に過ぎない。


ママ: それなのに、最初から闇が素晴らしいなんていって、
 自ら闇の体験をしに行くなんて間違ってる!

 それで、あなたの人生は楽しかったの?

S代: 苦しかった・・・。

ママ: おかしいよね?
  光を知るために闇をやってるんでしょう?
  それなのに、苦しいって変だよね?

  これ以上、まだ苦しみたいの?

S代: もう嫌だ、もう苦しみたくない・・・・。

ママ: 人は苦しむために生まれてくるの?

S代: 違う・・・、楽しむため。 人生を楽しむため。

ママ: だったら、もう闇を見るのはやめたらどうですか?
  もう十分でしょう?
  あなたは闇を知って光に行くと言ったけど、
  光になんて全然行けてないじゃないですか。
  どんどん遠ざかっていってるだけ。


ママにはわかっていた。

彼女が闇に居続けた理由が。

堕天使だから、光の世界に帰れなかったのだ。

本当はもうとっくに許されているのに、
自身の罪悪感が強いので、戻れないと思い込んでいて、
闇に身を置くしかなかったのだ。


長い時間をかけて、ようやく彼女の心がほぐれ始めた。


ママ: まるで、洗脳を解くみたいだった。


話している間、S代さんはずっと肩を気にして触っていた。

「肩が痛い」

2~3年ぐらい前から、肩が痛いのだという。


ママはS代さんの背後に回り、
痛い場所に手を当てようとして、

あっ!」って小さく叫んだ。





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら

PageTop

堕天使の救済(4)

彼女が痛いと言った場所は、肩甲骨の上部。

左右同じ場所が痛いという。


ママは手で触れた瞬間、
「これって・・・・・・!」

天使の翼をもぎ取った跡だった。

しかも、これはおそらく自分でもぎ取ったのだと思う。


過去世を見に行く。


ああ、彼女は天界の天使だったことがある。

空を飛んで人間界を見下ろしながら、パトロールしているみたい。

あるとき、ナイル河やインダス川のような大きな河の上空を
飛んでいたら、
ところどころ、河が汚染されているのが目に入った。

汚れた川の水を飲んだ人々は下痢をしたり、体調を崩したりしている。


かわいそうに、あの河をきれいにしてあげることはできないの
かしら?

そう思った彼女の耳にある声が囁いた。

「あるよ、その方法が。 この薬を撒けば、解決できるよ」

純粋だった彼女は、そう言って差し出されたガラス瓶を受け取り、
中に入っている紫色の液体を河に向かって撒いた・・・・。


そして。


次の場面はママがぞっとするようなものだった。

ママ: ねえ、エフちゃん、いくつもの大陸を横切る大きな河の
  両岸が、黒ゴマでびっしりと埋め尽くされているの。

  よく見ると、それはゴマではなくて、人間や家畜の死骸。


そう。

渡された液体は毒薬だった。

河の水を飲み水や洗濯など、生活水として使っていた人間や
家畜、ありとあらゆる生物が河の両岸で死んでいたのだ。


天使はパニックになった。

その液体を撒けば、河の水がきれいになると思っていたのに。


そばで悪魔が笑っている。

「こでれいいんだよ。一度すべてが死に絶えれば、そこから
また新しい命が生まれるのさ」


天使は自分がしでかしてしまったことの大きさに半狂乱に
なりながら、「天使の館」に戻ってくるが、その門をくぐることは
できなかった。


ママ: ほら、『ハリーポッター』の映画の中で、
  ハリーが魔王学校へ行くために、駅の柱に突進したら、
  いつもならすっと吸い込まれるのに、
  一度、ぶつかってしまったことがあったでしょう?

  あんな感じ。


天使は「罪悪感」を持ったたために、館の門をくぐりぬけること
ができなくなってしまったのだ。

行き場を失った彼女に声をかけてきたもの、
それもまた「闇の声」だった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら






PageTop

堕天使の救済(5)

半狂乱になって泣き崩れる彼女に、優しい声で囁いた。

「かわいそうに。
人々を助けたくてやっただけだよね?
君は悪くないんだよ、さあ、こっちにおいで」


彼女はパニックに陥り、何をどう考えていいのかわからないまま、
その声に引き寄せられるかのように、「闇の世界」へ落ちて行った。


ママ: そのときね、天使の翼が邪魔になって、「闇の世界」の
  門をくぐることができなかったの。

  (翼が門に引っ掛かって)

  で、「闇」がこう言ったの。

  「その邪魔なものをはずしたら?」って。


彼女は言われるままに、翼を自らの手でもぎ取り、
「闇世界」の門をくぐった。


私: それから、ず~っと、「堕天使」のままなんだ?

ママ: うん。


S代さんはママが語る過去世を聞きながら号泣していた。

ママ: 本当は、裁かれたりしないの。

  だから、とっくに許されてたんだけど、本人が「罪悪感」を
  強く持ってしまったから、戻れなかったんだよね。


この過去世を書き換えた。

ママ: そしたら、翼を再び背中につけてもらえるって
  わかったんだけど、

  顕在意識では「どうやってつけるのかな~?」って、
  興味津津だった。(笑)


そのときに視えたヴィジョンは、

ママ: 学校の卒業式みたいな。 (笑)

  ほら、よく「卒業証書授与」の際、校長先生の脇に、
  賞状盆に証書を入れて立ってる人がいるじゃない?

  あんな感じで、翼を盆に入れた人がそばに立ってたの。

77_3.jpg 

ママは、どうやって背中に付ければいいんだろう?って
思いながら、翼を受け取り、S代さんの肩甲骨に持ってきた。

ママ: そしたら、自動的に、カチッ、カチッってはまったの。 (笑)

  ほら、スキーブーツをスキー板にカチッって固定して
  取り付けるときみたいに。

大天使についているような、大きくて厚みのある翼だった。


ママが「翼がついたよ」って言ったら、S代さんは泣いてたけど、
背中がふわっと軽くなって、自分でもついたのがわかったって
言った。


私: わ~!  やれやれだね!

ママ: と思ったら、今度は「首が痛い」って。


首の後ろを触りながら、「ここが痛い」


(う~ん、今度は首かあ・・・・)

で、首を触ったら、

ママ: あらら・・・!




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら






PageTop

堕天使の救済(6)

首枷(くびかせ)が見えた。

幅の広い鉄の(ベルトの)ようなものを首にはめられている。

顎を圧迫しているので、苦しくて、口を開けられない。

話すことも、もちろん食べることも。


ママ: 魔女裁判で、拷問を受けている感じだった。

そういえば、S代さんが、
タートルネックの服は着られないと言ってたっけ。

きっと、このときの、「首が苦しい」っていう記憶があるのだろう。


私: あのシマシマの蛇のときみたいに?

  ボーダーの服が着られなかったよね?

ママ: そうそう。 潜在意識は覚えてるからね~。


この過去世のとき、彼女は魔女ではなかったが、捉えられ、
「魔女と認めろ」と拷問にかけられたのだった。


この過去世も解放する。


これでようやく終わりかと思いきや・・・・。


S代さんは、今度は後頭部を触りながら、「ここも痛い」と言う。


そして、

「腰が痛い」って、腰のあたりをさすり始めた。

「いつから?」って聞くと、3~4年前からだという。

ママは、
(今日の講座の間は体の痛みなんて何も言ってなかったのに
なんで急に言い出したんだろう?)って不思議だった。

とりあえず腰に手を当てたけど、何もわからない。


そのとき、S代さんが
「首から腰にかけての背骨全体が繋がって痛い」って言った。

(う~ん、背骨ねえ・・・・)


こっちが痛い、あっちが痛いって言われ続けても、
ママは医者でもないし、

それに、このときママはもう限界だった。

思考力も、リーディング力も、力尽きたって感じ。


ママ: だって、朝の10時から17時半まで講座やって、
  その後にS代さんの解放が始まったでしょう?

時計の針は22時を指している。

なんと4時間半もの間、解放にかかりっきりなのだ。


しかも、解放すべきエネルギーが半端なく大きいので、
かなり気合を入れて、集中しなければならない。

5次元のママは好奇心で元気いっぱいだけど、
3次元のママの肉体は悲鳴を上げていた。


頭がぼ~っとして、リーディングに集中できない。

正直、倒れそうだった。


(背骨、背骨・・・・)

(どうしよう? もう無理・・・)

続きは次回にしようかな・・・・って、
疲れた頭でぼんやり考えていた、そのとき、

あっ


突然、が見えた!


わあっ! 磔(はりつけ)になってる~!!




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら






PageTop

堕天使の救済(7)

江戸時代だと思う。

1人の男性が両腕を後ろに固定され、柱に縛り付けられている。


ああ、だから、後頭部、背骨、腰、って痛みが繋がってたのか。


ん?

そのとき、同時に西洋人が磔になっているヴィジョンも見えた。

西洋のと、日本のとが、パッ、パッとフラッシュする。


ママが、「ふたつ視えるけど、どっちかなあ・・・。
江戸時代の人からは、”無念”っていう言葉が来たけど・・・」
と言うと、

S代さんが「そっちです」と言った。

ママ: え? なんでわかるの?

S代: 私の中で、「無念」っていう感情がきたので。

ああ、そうか。


その過去世を見に行く。

町人の男性が出てきた。

親切で、面倒見が良くて、お人よしである。

そのお人よしの性格を利用され、侍にだまされて、
冤罪で捕まってしまう。

柱に縛られ、さらし者にされている。

「無念だ・・・、無念・・」
彼の悔しさが伝わってくる。


この過去世を解放すると、

ようやくS代さんがすべての痛みから解き放たれた。

そして、

ママ: 時計を見てびっくりして、終電に間に合わない!って、
  慌てて帰って行った。(笑)


ヒプノセラピーのときもそうだけど、
シータ波にはいってるときって、
3次元と時間の流れが違うらしく、
たとえ4時間半であっても、本人には短時間にしか感じられない。


ママ: ちなみに、西洋で磔にあった過去世も1カ月後に
  出てきて、解放したの。 (笑)


S代さんが「ミラクルセラピー講座」を受講する理由は、
おそらく、「堕天使の解放」のためなのだろう。

なにしろ、通常は月に1回の受講なんだけど、
S代さんの場合は、
ママに「急がなきゃ!」っていうメッセージが来たので、

「とにかく来れるだけ来て」ってことで、
講座のある日はことごとく来てもらってるし、

来れば、堕天使の解放になるしね・・・・(笑)


ママ: でも、エフちゃん、なんで今年になって急に堕天使の
  解放ばかり立て続けに来るのかな?

ママ: 去年の11月に、「戸隠の刺客」が来たけど、
  今年の1月の「八咫烏(やたがらす)」、
  今回のS代さん、
  そして、これから行うであろうB氏、K氏


「う~ん、気になる~!」


S代さんの解放を行った翌日、
ミラクルセラピー講座に来た生徒のミエさんを誘導して、
ガイドに聞いてみた。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら











PageTop

堕天使の救済(8)

ママ: 堕天使さんが最近よく来るようになったのは何故?

ガイド: 機が熟したから。
  今なら、自分の意思で光に帰れる。

ママ: 「今なら」って…。 どういう意味?

ガイド: このまま、堕天使のままでいると、消滅してしまう。

ママ: えっ~?

ガイド: 今が最後のチャンス。


ガイドいわく、

地球が次元上昇して光になるときに、
堕天使は、自分の意思とは関係なく、
強制的にその光に取り込まれてしまうのだそう。

そして、もう転生することもできなくなる。

だから、今のうちに1人でも多くの堕天使に、自分が何者
だったのかを思い出させる必要があるのだそう。


ママ: ってことは、今来ている人たちは、昔の仲間たち?

ガイド: 昔、同じ活動をしていたグループの仲間たち。

ママ: やっぱり、そうなんだ・・・・。


堕天使たちは、「罪悪感」に苦しんでいるがゆえに、
自分を見失ってしまうようだけど・・・。


ママ: 罪悪感っていうのは、人間の感情の中でも強く残るもの?

ガイド: 人間に一番強く残る感情。

  ただ、それがあるがゆえに、先に進めるのも確か。


そして、こう続けた。

ガイド: もちろん、幸せな記憶もその人の中に蓄積される。

  ワンネスの世界が「大きな球体のパズル」だとすると、
  ひとりひとりの経験は、そのパズルの一面でしかない。

  パズルを一面一面はめていくことで、
  大きな球体が完成し、最後には、光り輝く球体になる。

  そういった意味では、罪悪感も球体の一側面にしか過ぎ
  ないが、しかし、人間にとっては強く残りやすい感情である。


ママはそうなんだろうな~って思った。

セッションで解放しているのって、
ほとんど「罪悪感」とか「後悔」ばかりだから。



さて、もうひとつ気になることがあった。


S代さんと話していたときに、
5次元マサコが「そもそも闇なんてない」と言ったことである。

この世は二元性で、光と闇が両方存在すると思っていたママ
には驚きだった。


そのことについても、ガイドに聞いてみる。

「この世には、闇はないんですか?」って。


すると、ガイドはこんな風に言った。

ガイド: 光も闇も、人間が作り出した概念に過ぎない。

  光が良くて、闇が悪いというのも、人間が勝手に言ってる
  だけ。

  善も悪もない。

  ただ「ふたつ」があるだけ。

  それをコインに例えると、「こちらが表、こちらが裏」と
  決めたのは、人間。

  コインはコイン、どっちが表でもどっちが裏でもない。

  どちらも単に「二面性」の一つに過ぎない。


ってことは、やっぱり「ふたつ」のものが存在するってこと?
それに善悪の概念をつけたのは人間だけど。

このママの疑問に答えてくれたのは、
さらに翌日の講座に来た生徒さんだった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら








PageTop

堕天使の救済(9)

その生徒さんを誘導して、再度ガイドに聞いてみた。


ママ: 光と闇はそもそも両方あるの?

ガイド: ない

ママ: もともと光しかない?

ガイド: 光も人間の概念。

ママ: うん、昨日もそう言われた。

  光も闇もない、人間が作った概念だって。

  じゃあ、セッションで「光に返す」のは間違い?って聞いたら
  3次元ではそう表現した方が、みんなしっくりくるんじゃない?
  って。


ガイド: この3次元の世界は、人間にわかりやすいように
  できている。

  だから、闇と光があって、表と裏があって、
  いわゆる、一見、二元性の世界に見えるように、というか、
  人間の感覚器官がそう(感じるように)できている。

  今までみんな、それでやって来た。


ママ: じゃあ、高い次元から見たら、光も闇もないんだ?

ガイド: そもそも「粒」だから。

ママ: そっか、「無」なんだ。

  それを、私たちは3次元の世界では、闇と光があるかの
  ように、認識しちゃってるだけ?

ガイド: 「無」というのも、3次元的な「無」とは、また違う。
  だから、「無」と答えてよいかどうか、はばかられるが・・・・

ママ: じゃあ、何もないんじゃなくて、
  そもそも素粒子だけの世界、ってこと?

ガイド: そこの説明が難しい・・・・


ママ: ええっと、つまり、もともと粒だけの世界なのに、

  3次元では、
  コーヒーカップがあるとか、ボールペンがあるとか、
  (それはイリュージョンの世界だと言われているけど)、
  そう思いこんでいるだけ?

ガイド: 「ある」と「ない」は、人間の意識が作っている。

ママ: じゃあ、光も闇もないんですね?

ガイド: あなた方には「ありますよ」、って伝えてます


(あっ!)

ママは突然、理解した。

そっか、そういうことなんだ。

なんでこんな簡単なことに気が付かなかったんだろう!


ママ: あのね、エフちゃん、ガイドさんにこの手の質問を
  するときって、複数の人を誘導するでしょう?

  で、答えがばらけた時に、どうしても混乱してしまって、
  理解できなかったりしてたの。

  たとえば、チャクラにしても、「ある」って言う人もいるし、
 「そんなもの存在しない」って言う人もいるし。

  一体、どっちが正しいの?って。

  でも、今、わかった。


そうなのだ。

そもそも土俵が違うんだ。

ママはいつも3次元における答えを求めていたけど、

ガイドさんの答えは、3次元向けだったり、
5次元向けだったりしているのだ。


私: ええっと・・・?

ママ: つまりね、こういうこと。
  
  「光と闇」は3次元においては存在する。

  それは人間の感覚が二元性で捉えるようにできているから。

  でも、5次元レベルで見ると、
  そこは単に粒だけの世界であって、
  光というものも、闇というものも存在していない。


私: その粒を、私たちがこの世界で、「光」と「闇」という概念を
 作って、「在る」ことにしている?

ママ: その通り! (だと思う)

  だから、光も闇も、5次元的に見るとないけど、
  3次元的に見ると、ことになる。


私: そっか!

  
ってことは、ガイドさんがどっちの次元で答えてるのか、
  ちゃんと認識する必要がある
ってことだね!


ママ: うん。

  「光と闇がある」って言ったときは、
3次元の私たち向けの答え。

  「そんなものない」って言ったときは、
5次元的な答え。

  
だけど、私たちは、どちらも3次元で受け止めて理解しよう
  とするから、

  ほんとはどっち? あるの? ないの?って混乱する。



う~ん・・・・そっかあ!


ママはすごく「腑に落ちた」って言った。


ママ: 言われてみれば、そうだよね。

いつかも、生徒さんのひとりが、

「神社にむやみやたらに行くと、いろんなものを受けたりするから
行かない方がいい」と聞いてきたと話したら、

その場にいた生徒さん達がみんな、
 「そうなんだ~」って、鵜呑みにしかけたことがあって。


ママが、

「ちょっと待って? 誰かがそう言ったからって、
それ、本当かどうかわからないじゃない?
誘導するから、それぞれのハイヤーセルフに聞いてみて?」

って、実験したことがある。

誰かの言うこと、
本に書いてあることを、
そのまま鵜呑みにしないで、
ちゃんと自分の中に答えがあるのだから、
自身に聞いてみて
、ってママは常日頃から言っている。


誰かが言うことや、本に書いてあることは
その人の知識や経験値からくる答えであって、
人の答えと自分の答えは必ずしも一致するとは限らない。



大切なのは、いつも自身の叡智と繋がって、自分の答えを
見ること。

そのためには、ぶれない自分を創ること。

そして、自分を信じること。



だから、ママは講座中に質問されると、

「じゃあ、誘導するから、自身に聞いてみて?」
っていう実験をよく行う。


神社の件では、誘導すると、

①「そう思う人にはそうなるし、そう思わない人にはならない」

②「自分にとって相性のいい神社とそうでない神社があるから、
判断した方がいい」

③「その通り。むやみやたらには行かない方がいい」

など、答えはバラバラだった。


ママ: この場合、①は5次元的、②と③は3次元的だよね? (笑)






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら









PageTop

堕天使の救済(10)

さて、2月某日。

いよいよ、日本に帰国中のB氏と、
現在講座を受講中のK氏の解放の日。

ママは自分が何をやればいいのかわからないので、
とにかく「五次元マサコ」に委ねるしかないと思った。

助かったのは、現受講生のミエさんが助っ人に来てくれた
ことである。

B氏、K氏の解放をやると聞いて、
「うわ~! 面白そう!」と色めきだったミエさんに、
何気なく、「その日、来る?」と言ったママ。

言いながら、
「これを言うってことは、ミエさんもこのふたりと関係があるの
かな?」って思った。

ママ: 案の定で、チベット時代、B氏はミエさんの弟子で、
  K氏は、修行仲間だったの。 (笑)


後にわかるんだけど、

B氏、K氏、
北欧在住で、スカイプでママの講座を受講してくれたR子さん、
W子さん、
現受講生のK氏、ミエさん、S代さんなど、
ママも含めて、何度も何度もチベットで転生しているのだった。

ママ: どうもそのころの解放すべき過去世が一気に浮上
  してる感じだね~


で、当日。

B氏は3時間のミラクルセラピーセッションに来た。

ママ: いくつかの質問をリストアップしてきてくれたけど、
  本人いわく、「どうでもいいものばかり」で。(笑)

 「何も聞きたいことがなくて困った」というだけあって、
  セッションしてみても、な~んにも問題のない人だった。


そもそも、一緒にいても波動の高さを感じるし、
淡々とマイペースで、
本当に、「今のままでいい」って感じ。

誘導すると、何人かのガイドや守護的な存在が現れたけど、
みな一様に口を揃えて、「そのままでいい」と言った。


セッションが終わるころに、K氏とミエさんがやって来た。


早速、ミエさんが、B氏、K氏に関わる過去世を見に行く。

やはりチベットだった。

ママはいつものように、過去世を見て解放すればいいと
思っていたのだけれど、この後、波乱含みの展開となった。

それはママにとっても、新たな「学び」だった。


ミエ: 17~18歳ぐらいの、丸坊主の修行僧(B氏の過去世)
  が見える。

 床を手でドンドンと叩きながら、
 「なんてことをしてしまったんだ!」って嘆いてる。

ママ: それは、経典を持ち出したこと?

ミエ: はい。経典を魔物(K氏の過去世)に渡してしまった。

ママ: なぜ、持ち出したの?

ミエ: 魔物にそそのかされた。
  「世界を救うため」って言われて。
  魔物は高僧の姿に化けて彼に近づいた。
  彼は純粋無垢だったから、素直に信じてしまった。

ママ: 魔物はなぜ経典が欲しかったの?

ミエ: 力が欲しかった。 
  真理に近づくと思えるものは、見境なく何でも手に入れたかった。

若い僧は後悔し、自責の念でその寺を去り、彷徨った挙句に
野垂れ死にした。

魔物の方はというと、経典を手に入れたものの、真理に
到達することはできず、また新たなものを欲して探し続ける。

「もっと力が欲しい、もっと、もっと・・・」



ママは、(この言葉、どこかで聞いたことがあるなあ)と思った。

そうだ。

K氏が講座のたびに言っていた言葉だ。
「もっと力が欲しい」って。


で、K氏に、
「今の過去世を聞いて、どうですか?」と尋ねると、

神妙な面持ちで、
「その魔物は、自分です」と答えた。

ママ: そうなの? あなたなの?

K氏: はい。


ああ、やっぱり、自分でわかるんだ・・・・。





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら





PageTop

堕天使の救済(11)

ママ: それで、どうですか?
  いろんな人をそそのかして、経典を手に入れて。

K氏: そのときは死ぬまで後悔はなかったです。
  邪魔な者は、切って切って、切り捨てる・・・。

ママ: なぜ、力が欲しかったの?

K氏: B氏に嫉妬していた。


K氏の物語は、こうだ。


チベットのある村。

村全体がファミリーのような感覚。

二人は血は繋がっていなかったが、まるで本当の兄弟の
ように仲が良く、年上だったB氏はK氏をとてもかわいがっていた。

剣の修行をしていたが、
B氏は若手ながら剣の名人で、おまけに頭脳明晰、
すべてのことに長けていて、人柄も申し分なく、
K氏にとってはあこがれの存在だった。


しかし、それはいつしか嫉妬へと変わっていく。

嫉妬心が渦巻く彼の心は、何かの拍子に、「黒いもの」に
憑依されてしまう。

K氏: 少しずつ蝕まれていく感じで、いつしか、完全に
  乗っ取られてしまった・・・・。

ママ: そっか。 それが「魔物」になっていくんだ・・・。


闇の力を得た彼は、村を襲い、焼き打ちにし、
抵抗する人々を片っ端から切り捨てていった。B氏も。

村は壊滅した。


ママ: その人生が終わって魂に戻ったとき、自分の人生を
  振り返って、どう思いましたか?

K氏: とんでもないことをしてしまったと思った。

ママ: 罪悪感がある?

K氏: はい

ママ: 今も?

K氏: はい

ママ: それで、どうするの?

K氏: 許されることではない。
  自分ではもう、どうすることもできない。


ママは、K氏の中の「罪悪感」を呼び出してみた。

黒装束の男性が出てきた。

この人は以前にも出てきたことがある。


K氏が講座に通って来るようになったのは、昨年の10月。

実は、ママはK氏には最初から違和感を感じていた。


私: でも、気付かないふりをしていたんだよね?

ママ: そう。 
  何かが憑依してるっぽいなあって思ってたけど。(笑)


今年の1月、4回目の講座に来たとき。

ついにK氏の化けの皮が剥がれるような出来事が起きた。

きっかけは、その日のセッション中に、変なものが現れた
からである。

 → 「同居している別人格」(1)

 → 「同居している別人格」(2)


これをきっかけに、ママの口調が厳しくなった。

K氏は、
「なんだか今日はいつものマサコさんと違う」ってうろたえて
いた。

(いつもはニコニコしているんですよ~ (*^_^*))

ママはきたるB氏との解放に向けて、
ある程度K氏の解放を進めておかなくちゃと思っていたから、
ほかの憑依がないか、探ろうとしていた。

K氏が「黒装束」の男性が見えると言ったけど、
すぐに姿を消してしまった。


そして、

今までずっと息をひそめていたものが、ついに姿を現した。

K氏の背後に、彼に覆いかぶさるように憑いているもの・・・。

大コウモリのような・・・。

ギロリと睨み付けるような目に、
真っ黒で大きな翼。 

  魔王

あなたは誰?って聞いても、黙っている。

今なら光に帰れるのに、と挑発をしてみるが、
沈黙を貫いていたっけ。

結局、正体はわからなかった。


ママは、これって「魔王」なのかな、「ルシファー」なのかな?
って考えながら、そのときは憑依だと思い込んでいた。

K氏は、この闇の存在を知っていると言った。

小学生のときに、自分に覆いかぶさってきたのだと。


(う~ん・・・、そのころから一緒にいるのか)




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop

堕天使の救済(12)

B氏との過去世を見ている中で、再び出てきた黒装束の男性は、

K氏いわく、
「人をマインドコントロールすることができる」のだと言った。


しかし、「憑依」ではなく、自分自身なのだという。

彼の強い罪悪感、その心の闇が具象化したものなのだと。

そして、あのコウモリのような翼をもった化け物も同様なのだと。


ママが、

「だったら、今、みんなを光に返してあげるから出てきて」と
呼びかけてみたけど、誰からも返事はなかった。


セッションが長くなったので、ここでいったん、休憩にする。


ママがこの先の展開をどうしたらいいんだろうと考えていたら、

ミエさんが涙目で、
「私、B氏の悲しさとか後悔の気持ちが胸にぐっときて、涙が
出そう」と言った。

「自分は許されない、許されない、って・・・。
その悲しみが自分の感情のように、伝わってくるんです」


ママはそれを聞いて、

「そっか! じゃあ、先にB氏の解放をした方がいいのかも!
ミエさん、書き換えを見に行ってくれる?」


彼女が「はい」と言って、目を閉じた。


しばらくして・・・・

ミエ: マサコさん、さっきの17~18歳の修行僧が出てきて、

  自分はそんなこと(書き換え)で許されるべきじゃない」

  って言って、書き換えのイメージを見せてくれません。

  「経典を持ち出さなかった、罪は犯さなかった、なんて
  そんな安易な書き換えで許されることじゃない。

  自分はそれほど罪深いことをしたのだから」って。


(書き換えをさせてくれないパターンか・・・・)

あの時と同じだ。


どうしよう・・・・・


そのとき、ママは閃いた!

そうだ!

ママ: じゃあ、そのときのB氏の師匠だった人、出てきて下さい。


現れたのは、仙人みたいなおじいさん。


ママは、その師匠に事情を説明し、

「私たちは転生し、ここで再会しました。

彼を助けたいと思っています。

でも、彼は自分を責め続けていて、自分を許そうとしない。

この状況に対して、あなたから彼に何か言葉をかけていただけ
ませんか?」とお願いした。


すると、師匠は、

「おまえが経典を盗むことさえも、最初から(シナリオに)
組み込まれていたこと。

起こるべくして起きたことであって、おまえのせいではない」

しかし、おまえには非常につらい思いをさせてしまった」と言った。


ママ: 何のために組み込まれていたの?

師匠: 命のはかなさや尊さを教えるため。

 命は、はかないからこそ大事にしなければならない。

  経典を盗んだことによって殺戮が繰り広げられることは
  わかっていた。

  破滅に見えたかもしれないが、それさえもひとつの学びで
  あって、その学びのために必要な過程だった。

  ただ、おまえはそれをやったことによって、自分が(破滅の)
  きっかけを作ったと思っているから、ひどい罪悪感を抱く
  ことになってしまった。

ママ: たくさんの人が、この出来事によって命の尊さを知ったと
  思います。

  でも、そのきっかけを誰かが作らなければならなかった。

  誰もやりたくなかった役だと思う。

  その役を引き受ければ、人間として自分を責め続け、罪悪
  感にさいなまれる、つらい人生になるのは、最初からわかって
  いたのだから。

  それでもB氏(の過去世)は引き受けた。

  それは彼の意思ですか?

ミエ: 五次元的に言えば、そう。
  でも、三次元的にはそのことを覚えていないから、
  人間としての彼にはすごい罪悪感が芽生えてしまった。

ママはその修行僧に語りかけた。

ママ: 今の話を聞いていましたか?

  あなたがやらなかったとしても、誰かがこの役をやらなければ
  ならなかったそうです。

  あなたはこの大変な役を、自ら買って出てくれました。
  
  あなたのおかげで、たくさんの人が多くのことを学んだ。

  もう自分のことを許してあげてもいいんじゃないですか?






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら

PageTop

堕天使の救済(13)

B氏は、ママの説明を聞いても、半信半疑のようだった。


ミエ: さっきの「自分は絶対に許されるべきではない」っていう
  頑なな感じはなくなったけど、その話を信じてもいいのかな?
  って迷ってる感じがします。


(そっかあ・・・・)

よし!

ママ: じゃあ、それを見せてあげます!


ママはミエさんを誘導して、
修行僧(B氏の過去世)が、チベットでの人生のシナリオを
作っている頃を見に行ってもらった。

ママ: Bさん、よ~く見ていて下さい。

  あなたがチベットでの肉体を持つ前、

  まだあの世に居て、

  みんなでシナリオの相談をしていたとき、

  誰がこの役を引き受けるのか?という場面で、
  どんなことが起きたのか。


ママは、
過去世リーディングをしているミエさんに向かって、

「みんながこの役を引き受けたくて、我も我もと手を挙げてい
ますか?」と聞いた。


ミエ: いいえ・・・。

  互いに顔色をうかがいながら、「おまえ行けよ」みたいな
  雰囲気で、だれも手を挙げません。

  だって、その役をやったら、罪が深い分だけ、後で大きな
  しっぺ返しが来るんでしょう?って、尻込みしてます。

ママ: それで、どうなったの?

ミエ: その若い僧が、「私がやります」って手を挙げました。

  自分にしっぺ返しがくるのはわかっているけれども、
  世界の意識を高めるために役に立てるのなら、
  それでもいい、って。


ママ: のちにチベットに生まれて、彼の師匠になる人は、
  それをどういう風に見ていますか?

ミエ: とても誇らしげな、愛に溢れた目で見てる。
  「よく言った」って。

ママ: ほかの人たちは?

ミエ: あいつ、すげーなあ、って。


ママ: 若い修行僧は今の話を聞いて、どうですか?

ミエ: まだちょっと信じられないみたいです。

  「本当に?」って顔をしてます。


ママ: じゃあ、もう少し先を見てみましょう。

  あなたは大事な経典を盗みだし、「闇の者」に渡すんです。

  で、今度は、経典を盗むようにそそのかす役の人が必要なの。

  それを誰が引き受けますか?

  地上に降りて肉体に入ったら、修行僧をそそのかし、
  経典を奪い、力を得て村を壊滅状態に追い込む。

  その行為によって、彼もまた罪悪感に苦しむことになるんです。

  さあ、その役を誰がやるの?


ミエ: K氏です。

  彼はB氏の良きライバル、好敵手。

  「おまえが頑張るんなら、俺も負けてらんないぜ」って。

  「俺もおまえと一緒に世界に貢献するよ」って。

  ほかの人たちが、
  「すごいな~!あの二人にはかなわないよな~」って。


ママ: Kさん、今のを聞いてどうですか?

K氏: 自分がその役を引き受けた感覚があります。

ママ: みんなが嫌がる悪役を、あなたが引き受けてくれたのね?

K氏: はい

ママ:でも、いざ地上に降りてきてその役を遂行したら、
  すごい罪悪感にさいなまれることになった。

  どうですか?

  役を引き受けたことを後悔していますか?
  
K氏: 後悔はしてないです。


ママ: (修行僧に向かって)いま、シナリオを見ましたよね?

  あなたが大役を引き受けたことで、
  K氏も「じゃあ、俺が一緒にやるよ」って、
  そういうシナリオでした。

  これを見て、どうですか?


ミエ: 彼は泣いてます・・・・。

ママ: あなたたち二人は、誰もが嫌がる役を自ら引き受け、
  たくさんの人に学ぶチャンスを与えてくれた。

  でも、そのせいで、本当に長い長い間、苦しみ続けた。

  今はもう、それを清算できる時期に来ています。

  だから、もうこの場で精算してもいいんじゃないですか?


すると。

ようやく、B氏がうなづいた。







聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(14)

ミエさんが書き換えをしてくれた。


ママはどんなストーリーに変わるのかと興味津津。


ママ: 面白かったよ、エフちゃん。

  あのね、『経典』自体が無くなってたの!

  師匠がね、修行僧(B氏)に、

  「経典なんてものはない。
  誰の型にも当てはまる、ただそれを読みさえすれば悟りが
  開けるような、そんなものはない。

  おまえがおまえの人生で経験し、その積み重ねで得たもの
  こそが、おまえにとっての極意であり、経典であって、

  誰の型にも当てはまるようになっている(既存の)ものは
  ないんだよ」
  って、諭してるの。


私: そっかあ! 盗むべき「経典」がないんだ!


修行僧は、彼をそそのかそうとした「闇の者」に、

「(これを読みさえすれば悟りが開けるというような)近道は
 ないそうです。

 一日一日を大切に生きていったものが積み重なって経典に
 なるのだから、あなたもズルをしないで、一緒に修行しま
 しょう」と伝えます。


ミエ: そしたら、闇の者が消えていなくなりました。


ママ: Kさん、今のを聞いてどうですか?

K氏: いまさらそんなことを言われたって、どうすればいいのか 
 わからない
、って感じがします。


ママは、なんだか可笑しくなった。

B氏、K氏の過去世を紐解き、解放しているのだけれど、
当の(転生した)本人たちがこの場にいて、
ミエさんが過去世をリーディングしてくれて、
それを聞きながら、ママが解説している図式。

私: でもって、K氏はその過去世を聞きながら、自分も
 一緒にタイムスリップして、そのときの心情を語る。(笑)


このまま解放をしてしまうと、
途方に暮れているK氏は宙ぶらりんになってしまうが、

ミエさんが、

「B氏が自分を許していないから、
先にB氏を書き換えないと、
K氏の書き換えもできない」と言ったので、

とりあえずB氏の解放を行った。


ミエ: 師匠が現れて、修行僧(B氏)をハグして、
 「ほんとうによく頑張った。おまえはもう許されていいんだよ」って。
 
 修行僧が大泣きしてます。

 そして、ふたりが金色の光に包まれて消えていきました。


ママがB氏に、
「これは、私が北欧でBさんに行った過去世解放の続き
だったんです」と告げると、

彼はびっくりしながら、

「え~?
ああ、でも、あのときとはまた違った感覚で、なんか軽くなった
気がします」と言った。

「前回は肩が軽くなったけど、
今日はハートが軽くなった感じです。
なんだろう・・・・
胸(ハート)のあたりがすごくムズムズして、
こう、手から「気」がパーッと出る感じ。
なんか、不思議な感覚ですね~」


ママ: エフちゃん、ハートの辺りっていうのはね、
  「魂」が感じる場所なの。

前回は、「罪悪感」を背負っていた肩の痛みを解放し、
今回はようやく「魂」レベルでの解放ができたのだと思う。


ママは北欧で初めてB氏に会った時、
「この人は自分で自分のことを許してないみたい」って思った。

ようやくその謎が解けた。

ママ: Bさんは、自分で自分のことを許してこなかったんです。
  
  今、ようやく自分で許した、そんな感じです。

B氏: 不思議ですよね~。

  今の自分が覚えていないことが、身体のどこかに残って
  いるって。


ママ: Bさんの今生の人生の中で、チベットで転生したころの
  過去世が重く影響していたんだと思います。

  だから、今生でもすごくチベットに行きたい!って思われた
  ハズですよ?

B氏: その通りなんです。

今年の夏に数か月間、チベットを旅行する予定なのだとか。


(そっか!)


だから、訪問前に、チベット時代の過去世を解放しておく必要が
あったんだ。

私: 先に解放を行ってから、旅行にいくようになってた?

ママ: うん、たぶん。


解放前と解放後とでは、同じ地に旅行に行っても、
そこで起こるべきこと、
受け取る波動、
出会う人々、
さまざまなことが違ってくるはずなのだ。


私: ママもそうだったもんね。

  お正月に北欧へ行ったとき、
  行く前に、
  「この場所には足を運ばなきゃ!」って言ってた場所と、
  現地で解放が進むにつれて、
  実際に訪れた場所はどんどん違ってきたものね。


ママ: そうそう。

  あ~、Bさんのチベット旅行、楽しみだね~♫
  どんなことが起きるんだろう! (笑)





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(15)

おっと、忘れてはいけない。

まだK氏の解放が残っていた。


ママ: こっちの方が厄介。

なにしろ、堕天使さんたちは自分の存在すら忘れている人が
多い。

ママ: 悪役を「演じた」だけなのに、自身を本物の「悪者」だと
  思いこんでいるから。


たまたま、このセッションの数日前、TVで『アンノウン』という
映画をやっていた。

アメリカの植物学者が学会出席のため、妻と共にドイツへ
向かうが、途中で交通事故に遭う。

4日後、病院で意識を取り戻し、慌てて宿泊予定のホテルへ
行くが、妻は自分のことなど知らないと言う。

しかも、妻には別の夫がいる。

その後、彼は誰かに命を狙われるようになる。

実は、彼は暗殺組織の一員として、植物学者になりすまし、
学会に乗り込んで、参加予定のアラビアの王子を暗殺する
はずだったのだが、

事故によって一時的に記憶を失い、
自分を植物学者本人だと思い込んでしまっていたのだ。

組織は事故に遭った彼の代わりの要員で暗殺計画を進め
ることにしたため、不要となった彼を抹殺しようとしたのだった。


ママ: タイミングよくこの映画を観て、
  そうそう、K氏もこんな感じ!
  自分が演じるはずだった役に染まってしまって、
  自分を本物の悪党と思い込み、
  罪悪感を しょって転生し続けているんだと思った。


彼は、
「自分」と、
「悪党を演じたことで罪悪感が作り出した負の 自分」が
同化してしまい、自身が何者なのかわからなくなって
いるような感じだった。


ママ: さて、どこからやればいいのかな・・・・。
 
  そうそう、途方に暮れたシーンから戻ってみようか?


ミエ: はい・・・・

  小学生ぐらいの男の子が「うえ~ん!」って泣いてるのが
  見えます。K氏だと思います。

ママ: なんで泣いてるの?

ミエ: おうちへの帰り方がわからない、って。

  自分がどこから来たのかもわからないし、どこへ帰れば
  いいのかもわからない、って。

ママ: じゃあ、今、サポートを呼びますね!

  あなたの友達のB君がトコトコとやってきますよ!

  そして、
  「おい、K君、ここで何やってんだよ!さあ、帰るぞ!」って
  手をつないで、一緒にあなたのお家まで連れて行ってくれ
  ます。

ミエ: おうちって、どこ? おうちって何?って言ってます。


ママ: 忘れちゃったの?

ミエ: 懐かしい感じはするけど、何なのか、わからない。

ママ: そっか。 なんで忘れちゃったんだろうね~?

  その忘れちゃったきっかけに戻ってください。


すると。

ミエ: また、あのチベットで、
 「どうしたらいいのかわからない」と言った場面に戻りました。


ガイドに尋ねると、
もうB氏が許してくれたから、このまま解放してかまわないと
のこと。

ママは、K氏がチベット時代に感じ罪悪感や負の感情を
一気に光に返した。


K氏が、
「うわあ! なんか、身体からエネルギーがす~っと抜けて
いった!」と驚いていた。

ママ: 黒装束の人も、コウモリみたいな人も、いなくなった?


K氏: 言いづらいけど、まだ残っているような気が・・。

ママは、誰か残っているのなら出てきて?と声をかけてみたけど、
誰も現れなかった。


ミエ: 残像現象だと思います。

  ほら、太陽とかを見ると、まぶたの裏に残像が残るでしょ?
  あんな感じ。

 「自分は悪者なんだ」という想念が強すぎて、それが
 残像現象として残っているんだと。

 でも、だんだん薄れていくと思います。


ふう~っ・・・・・  !

これでようやくふたりの解放が終わった。


ママ: 不思議だったのはね、解放がおわったとき、
  K氏の顔が変わってたの。

  なんだか明るくなってた。


ヒプノセラピーでも、
レイキ伝授でも、そういうことがよくある。

まるで薄い膜が剥がれたかのように、
本人の顔というか、
たぶん、オーラが輝きを放って、
その人の雰囲気が明るくなるのだ。

そして、
「視界が明るくなった!」と言う人が多い。





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop

堕天使の救済(16)

ママ: ねえ、エフちゃん、今回のポイントはね、

  B氏の自責の念を解かないと、K氏の解放ができなかった、 
  ってとこなの。

  B氏が被害者、K氏が加害者でしょう?

  今までの例だと、その時の人生が終わった時点で、
  被害者(B氏)は加害者(K氏)を許してることがほとんど。

  で、加害者(K氏)だけが罪悪感に苦しんでるから、
  再会してそれを解放してあげればよかったわけ。

  ところが、今回の場合は、
  B氏は、K氏のことは許してるんだけど、
  自分自身を許してなかったわけ。

  B氏が自身を許さないということは、
  そのきっかけを作ったK氏もまた許されなくなるから、
  K氏はずっと罪悪感を持ち続けることになる。


私: つまり、B氏が自分を許す日まで、K氏もずっと解放
  されない。

ママ: そういうこと。

  だから、B氏は日本に来て、K氏と再会して、B氏→K氏と
  解放をする必要があった、ってわけだね~ 。


そういえば、1月の終わりにみんなで居酒屋に行った帰り、
K氏が、「もう許されてると思うんだけどな・・・」って、
ぽつんと呟いたことがある。

そのころ、K氏自身は、こんなチベットの過去世があることを
まだ知らなかったんだけど、
「魂」は覚えているので、
お酒が入って、無意識でそう言ったのだと思う。


K氏は何度もチベットに転生している。
善人として、たぐいまれなる才能を生かし、世に貢献した人生も
存在する。

そして、今生ではそのときの続きをやるために、
その能力を思い出す必要があるんだけど、

いかんせん、

B氏が自分を許さないので、
K氏は足止めを食らって、いつまでも先に進めないのだった。


私: ええっと、そもそもは、
 昨年の4月に北欧のW子さんが講座を受講し始めた。
 で、それを聞いた北欧のR子さんも6月に講座受講を始めた。

 昨年の9月にはミエさんが、
 10月にはK氏が受講を開始する。

 今年の1月、ママは急にR子さんを訪問することになる。
 現地でR子さんの友人であるB氏に出会い、
 なりゆきで、B氏のチベット時代の過去世を解放する。

 2月にB氏が日本に一時帰国する。
 ママはB氏とK氏を会わせないといけないと思う。

  二人を会わせて、ミエさんとママでチベット時代の過去世
  解放をする。

  こんな流れだっけ?


ママ: そうそう!
  シナリオって、うまくできてるね!

  今回の解放はミエさんなくしては、できなかったけど、
  ちゃんと彼女も組み込まれていて、K氏とほぼ同時期に
  講座受講に来たしね。


ともあれ・・・


ママ: こういう解放のプロセスもあるんだな~って、
  すごく勉強になった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop

堕天使の救済(17)

「堕天使の救済」も「世界の底上げ」も、今年になってから
解放が急増しているけど、

ママ: 堕天使は1回解放したぐらいでは済まなくて、何度も
  出てきたりするのよね~。   


前述のS代さんなんて、講座に来るたびに「堕天使の過去世」が
出てくると言っても過言ではないくらい・・・。

あるときは肩が痛いと言うので、生徒のミエさんがリーディングしたら、
磔(はりつけ)用の杭を肩に背負い、丘の上へ向かって歩いて
行く過去世が出てきた。

この杭は、自身がこれから磔にされるためのもの。

ママ: キリストを裏切ったユダみたいな立場だったみたい。

私: じゃあ、あの日本での磔のときに同時に見えたのは
  このときの光景だったんだね?

ママ: たぶん。


ミエさんに引き続き解放をしてもらおうと思ったら、
「もうそろそろ自分でやった方がいいみたいですよ」って。

2月からみんなでかなりの過去世解放をやってきたので、
もう自分でやる時期に来てるのかな・・・・

ママ: でも、結局、自分ではできなかったの。

罪悪感が強すぎて、見ることすらできないようだった。


ママ: 翌日に面白いことがあったの!


S代さんが「頭が痛い」って言いだして・・・。

以前から、たびたび、頭を締め付けられるような痛みがあるの
だという。


ママ: 頭に輪っかのようなものをはめられてるのが見えて。
   ほら、孫悟空の頭にあるような、ああいうの。

  S代さんの(過去世)の場合は、罪を犯した罰としてその
  輪っかを付けられたみたいなの。

この時点ではまだ「過去世リーディング」を教えていなかった
ので、自分でやった方がいいと言われてもできないし、

かといって、この頭痛がずっと続くのもかわいそうだしなあ・・
って思った瞬間、

この日の講座にきていた生徒Pさんに目が留まった。

「ねえ、輪っかを外してあげて?」

五次元マサコが唐突にそう言った。

Pさん: え? どうやって?

五次元マサコ: 手で外せばいい。


PさんがS代さんのそばへ行き、そっと頭から輪っかを外す
しぐさをした。

ママ: やってるPさんは半信半疑って顔をしてたけど、
  S代さんは、「あっ! 外れた! 軽くなった!」って。(笑)

そしたら、Pさんが、
「首の後ろにボルトが刺さってる・・・・」って。

で、そのボルトも外してくれた。

私: 外れたの?

ママ: うん。

S代さんは、
「すごい、すごい! 軽くなった!」って大喜びだった。

Pさんは
「本当にこんなことで外れるの?」って驚いていた。


そして、この後・・・。


ママが、「私も最近、後頭部が痛いんだけど、何か見える?」って
聞いたら、

Pさんが目を丸くして、
「うわ~! マサコさんも首の後ろにクギが刺さってる~!」って。

「私も磔にあったことがあるのかな? 笑」

もちろん、Pさんに抜いてもらった。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(18)


ママ: S代さん絡みでは、もっとすごいことがあったの。


それは、3月半ばに「点描曼荼羅講座」をやったときのこと。

生徒のKさん、S代さんが参加していた。

講座中、Kさんのガイドから突然こんなメッセージが降ってきた。
「もう我慢しなくていいよ」

ママはそれをKさんに伝えたんだけど・・・。


ママ: そのあと、すっかり忘れてたの。 (笑)

そしたら、講座が終わるころに、Kさんが、
「さっきのメッセージがすごく気になる!」って。

ママ: そお? じゃあ、見に行こうか?


過去世リーディングをしてみると・・・。

ヨーロッパの古い時代だろうか。

大きなお屋敷で働く女中のKさんが出てきた。

田舎から出てきて住み込みで働いている。

お屋敷の主人も奥様も、それはそれは口うるさく厳しい人で、
使用人はみんな1年と持たず辞めていく中、

Kさんだけはもう10年近く勤めている。


Kさんは「上」の世界から降りてきたばかりで、まだ人間界での
経験が浅いらしく、

「自分は人間としていろんな経験をするために降りてきたの
だから、(こういうつらい経験も)我慢しなくてはいけない」と
思いこんでいるようだった。



ママは、
「そっか、もう我慢しなくていい、ってこのことだったのか。
これを書きかえればいいんだな」って思った。


でも・・・。

何かが変・・・・。


あれ?


お屋敷をぐるりと取り囲むかのように、暗い森がある。

ママ: 森の真ん中にぽつんとお屋敷があって、
  しかも、その森が真っ暗で不気味・・・。
  異様な雰囲気なの。


わ・わ・わ~!

森の中に、おびただしい数のギョロギョロと光る眼・・・・。

yjimage9FTKZ9UT.jpg 

黒い影がうごめいている。

ママは最初、森に住む獣なのかな?と思った。
オオカミとかコヨーテ?って。


ママ: でも、違ってた。 動物じゃないの。

  なんか、実体がないっていうか、影だけみたいな感じで、
  まるでゾンビみたいな、得体の知れない生き物・・・・。


ああ・・・!

正体がわかった!






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(19)

この生き物たちは、堕天使のなれの果ての姿だ・・・。


もはや人間でもなく、自分が何者なのかもわからなくなっている。

人の魂を食べる魔界のケモノと化しているかのよう。


ママ: だから本当は緑であるはずの森が真っ暗に見えるの。

  そしてね、この暗い森の中に生息して
  人間の「マイナスの気」をエサに生きてるの。

私: え~っ?


ケモノたちは屋敷の主人と奥様を操っている。

使用人たちをいじめていじめて、いじめ抜くように。

そして、使用人たちの中に、
「つらい」「苦しい」「辞めたい」「もう嫌だ」等の「負」のエネルギーが
芽生えると、それをガツガツと貪り食っているのだ。


彼らの「負」の波動が四方八方から屋敷を取り囲んでいるので、
この屋敷の波動がすごく悪い。

それはもう、気持ちが悪くなるぐらい。


と、ここまで見て、ママは疑問に思った。

(あれ? 一体、私に何をやらせようとしてるのかな・・・・?)

Kさんの「もう我慢しなくていい」を解放するはずだったのに、
なんだか主旨がずれてきてる感じ。


あ・・・・!。

そっか。


この森は、元々天界にいた人たち、そして、あのヤタガラス
ようになってしまった人たちが最後に行きつく掃き溜めの場所
なんだ。


すでに天使の姿もなく、3次元の人間としての形も失い、
ただの影のような存在になって、この暗い森の中で、
人間の「負」のエネルギーを吸い取りながら彷徨っている。

そのことすらも認識できていない。


ママ: で、今なぜこれを見せられているかというと、
  この人たちを助けるためみたい。


彼らはもう自身の力で光に蘇ることはできない。

人間が「負」の感情を抱くように仕向け、それを食べるという
行為を繰り返すことで、どんどん太り、仲間を増殖している。

この負の連鎖を続けることにより、ますます光からは遠ざかって行く。


森にやって来たころは薄いグレーだった彼らは、だんだん
その濃さを増し、真っ黒になり、やがては黒い森に同化して
その形すらも見えなくなっている。


そして、目だけがギョロギョロと光っているのだった。


そのとき、「上」からメッセージが降ってきた。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(20)

「3次元のあなたたちからは見えないだけで、
こういう掃き溜めは地球上の至るところに存在する。
どうか助けてあげてほしい」

ママ: (え?Kさんの解放はどうなるの・・・?)


あれ?

Kさんって・・・・・。

もしかして・・・。

おとり?


Kさんの解放自体、(最初から)必要なかったのかも。


私: でも、なんでママに依頼してきたの?

ママ: それなんだけどね・・。


実は、ママは昨年の秋ぐらいから、今やっている「解放」を
もっと早く、もっと強力にできないだろうかと考えていた。

急にアクセス・バーズをやることになったのも、
「上」が「研究せよ」と言ってきたからである。

それがきっかけでレイキに立ち戻り、
解放の手段としてのエネルギーワークを探究することになる。


結果、
ミラクルセラピーやメンタルブロック解放のように、
「個別」に解放をしていくことと、

エネルギーワークを使ってもやもやとした言語化できない
感情を一掃するのは、

例えていうなら、車の前輪と後輪のような関係にあり、

どちらかひとつでは片手落であること、
ふたつはセットで行う必要があることがわかったのだった。


そして、今年の1月、

ママ: まだ未完成だけど、

  A(原因)を観て、
  B(解放のイメージ)を観て、
  入れ替える、

  っていう手法も、
  1個1個やるのではなくて、
   ある程度は一括で消去できるやり方を生徒さんたちと
  編み出したの。


これによって、1回の解放の規模が大きくなり、かつ、スピードも
早まったのである。


ママ: この「一括消去」ができるようになったのを見計らって、
  依頼がきたみたい。

  地球上に存在する、この実体のなくなった堕天使たちを
  ひとりひとり救済するなんて、とうてい無理だから。

「でもなあ・・・・」って、ママは呟いた。

「この森自体を浄化してしまうと、屋敷も一緒に消えちゃいそう
だし、どうしたらいいんだろう・・・?」


そうだ!

ガイドに聞いてみよう。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(21)

五次元マサコが答えを受け取った。


五次元マサコ: 私と、S代さんとKさんとで、三角形を作る位置に
  座って。


その後は、各々が森をイメージして光を照射する。


ママが光を送り続けると、真っ暗だった森が、少しずつ
明るくなってきた。

うすぼんやりとしたグレーになり、
濃いグレーになっていく。

それと共に、森にうじゃうじゃといた亡霊たちも
同様に明るくなっていく。


ママ: そしたら、不思議な光景が視えて。

  S代さんが1本のロープを持って「上」から降りてきたの。


そのロープにカンテラがぎっしりとぶら下がっている。

ママ: ほら、まるで串刺しにされためざしみたいに。(笑)

めざし 


で、S代さんが亡霊ひとりひとりに、

「ハイッ! ハイッ!」と手際よくカンテラを渡していく。

カンテラを受け取った亡霊は、ふわふわと上に浮き上がって行く。

最初はグレーのまま上がって行くが、上空に行くにつれて
色が薄くなり、小さくなって見えなくなるころには、真っ白に
なって光っている。


ママ: 姿もね、変わっていくの。
  森から上がって行くときは、ねずみ男みたいな雰囲気。(笑)

  上空にいくとエンジェルになってるの。

私: ああ、じゃあ、そのカンテラが、ひとりひとりの「魂」だった
  のかも!


ママ: 最後はね、その森が白くてふさふさしたストーンサークル
  みたいになってね、
  グルグル回転したかと思うと、シュッ!って消えちゃったの。

  森も屋敷も跡形もなく。


だけど。

ぽつんと残っているものがあった。


それは・・・



聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(22)

紫色の種だった。

ひまわりの種ぐらいの大きさ。


これが「掃き溜め」の場所を形成してた「元」なのかな?


ママが光に帰そうとすると、突然、種がパカッ!と真っ二つに割れて、
中から光がビーッと垂直に伸びてきた。

そして、どこまでも空高く伸びて行ったかと思ったら、
しゅっ!と消えてしまった。


ママ: その瞬間、今見ていた空間が消滅したの。

  なんにも無くなった。

  「閉じた」って感じ。

  紫色の種がある場所には、異次元の空間ができるんだと思う。

  長い長い年月の間に、堕天使たちは自分の存在を忘れ、
  負のエネルギーと化して、

  歪んだ空間、ひずみの空間に閉じ込められているみたい
  なの。


まだまだ地球上には、このひずみの空間がたくさんあるよう
だった。

全ての空間を閉じなければならない。


(でも、どうやって?)って、ママは考えた。


ああ! なるほど!

(だから、昨年の10月に長野へ行って、忍者を一人一人
ではなくて、いっぺんに浄化するように仕向けたのか・・・。)

すでにレールは敷かれていたわけだ。


ママは掃除機を使って、地球上に散らばっている種を吸い上
げることにした。

それは、おぞましい光景だった。


まず、ヒモでぶら下げたザルが降りてきた。

紫色の種は、ぴょんぴょんザルに吸い込まれていく。


ママ: その数がおびただしくて。
  まるでダンゴ虫がうじゃうじゃ、わんさか、ひしめき合ってる
  みたいで。

ママが光に帰しても帰しても、後から後からザルに飛び込んで
くる。


ようやく最後の1個をピン!と指ではじいて光に帰すと、

青い地球がグルグルと高速回転しながら光を放ち始めた。





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら


PageTop

堕天使の救済(23)

浄化が終わってから、ふたりにどんな様子だったかを聞いてみた。


ママ: S代さんがね、やっぱりカンテラを使ったんだって!

  たくさんの天使たちが星形とか月形とか、いろんな形の
  カンテラがを持ってわ~っと降りてきて、
  みんなに1個ずつ渡したんだって。

  そしたら、堕天使たちがカンテラを持って空に上がって
  行ったって。

  で、堕天使たちは最初はグレーだったけど、ひゅ~って
  上がって行くにつれて白くなって、キラキラ光ってたって。


私: なんかさ、ママのとすごく似てない?

ママ: だよね~。


S代さんは、紫色の種を、
「これ、なんだろう?」って観察したのだそう。

ママ: そしたらね、「意識体」みたいだったって。


地球上には、最初はなかったものなのだと思う。

人間が輪廻転生をしていく中で生まれた「ひがみ」とか「ねたみ」
とか、そういった「負」の感情のようだった。

S代さんは、そのことを、「地球にもともと降ってきた意識」って
表現してたけど。


それにしても・・・。

ママは自分とS代さんの浄化の光景が似ていたことを不思議に
思った。


で・・・・。

ピンときた!


ママ: そういうことか!

私:どういうこと?


ママ: あのね、エフちゃん、浄化が終わったときにね、
  白いヒゲの神様みたいな人が現れてね、
  「かたじけない」って頭を下げられたの。

    その「かたじけない」の意味はね、
   本当はこの浄化、S代さんの任務だったからなの。


ママが「肩代わり」したことになる。

「そうだよね?」ってS代さんに確認すると、
両手を合わせて拝みながら、
「ありがとうございます!
これ(この浄化)をやりたかったの」って言った。


私: じゃあ、最初からわかってた?

ママ: ううん。 たぶん、途中で気づいたんだと思う。
  「あ、これ、私がやらなきゃいけなかったことだ」ってね。

でも、おそらく、堕天使からまだ完全復活していないS代さん
には荷が重すぎたんだと思う。


ママ:だってね、浄化が終わった瞬間、身体がガクン!って
  きたの。

  20キロぐらいのおもた~い荷物を一生懸命踏ん張って
  抱えてたのに、突然、ひょいと荷を取り上げられて、
  バランスを失ってふんぞりかえる、みたいな・・・。

  身体にひずみを感じるなんて、初めての経験だった。


私: そんなにエネルギーを消耗しちゃったんだ・・・。

ママ: うん。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(24)

「でもってね」って、ママは続けた。


ママ: 今回の浄化で一番驚いたことはね、Kさんの過去世
  自体、なかったってことなの。

私: え~っ? どういうこと?

ママ: 過去世はダミーだったの。


そもそも、屋敷もない。

Kさんを解放すべき過去世も存在しない。

ママに、Kさん向けのメッセージ、
「もう我慢しなくていいのに」を送り、

それに関わるダミーの過去世を見せることで、
今回の「ひずみでできた異空間」を解放させたのだった。


私: へええ・・・!


ママは、「こんなこともあるんだね~」って面白がってたけど。


ママ: ちょうどいいタイミングだから、S代さんを誘導して
  ガイドに聞いてもらったの。

  なんで最近、こんな風に「解放」のスピードが早まってるの?って。


その答えは・・・。


S代: 空間の密度が濃くなってるから。

  密度が濃くなると、粒子の回転数が上がる。

 それが3次元的な時間とも関係して、人間の精神とか
  肉体とかにも影響してる。

  たとえば潜在意識の中に溜まっていたり、押し込めていた
  エネルギーの解放が自動的に行われている。


ママ: じゃあ、スピをやっていない人にもそれが起こる?

S代: そう。人間にも社会にも、全てに自動的に起きる。

  スピをやっている、やっていないにかかわらず、
  人はそれぞれ自分の振動数に合った現実へ行く。

  現実は幾重にも重なりあっていて、振動数の遅い人には
  振動数の速い世界は見えないだけで、実際はパラレルに
  なってる。

  だから、みんな「それぞれの場所」に「在る」ことになる。


(う~ん、そっか・・・・)

ママは多面鏡を思い浮かべた。

自分が複数の鏡の世界に存在していて、
どの自分に「フォーカス」しているか、
つまりどの世界にシフトしているか、

そして、その「フォーカス」している世界こそが、
自分にとっての「現実」なのかもしれない。


ママ: ってことは、自分の「想い」次第で、自分の住む世界は
   いっくらでも変わるってことだよね?


  目の前の事象を、「嫌だなあ」と捉えるか、
  「ま、いっか!」と捉えるか、

  たったそれだけのことで現実は変わることになる。


  
ママ: 実は、「解放」の原理はこれみたいなの。

  よく「解放」して、「変わった!」っていうけど、
  解放することで、いままで気にしていたことを気にしなく
  なれば、当然、自分の「フォーカス」する世界は変わる
  わけだからさ。


私: 「気にしていた振動数」の世界から
   「気にしない振動数」の世界へシフトするわけだね?

ママ: 原理はすごくシンプルだよね。

  後は、「どうやって気にしなくするか」だけ。
  そのためにミラクルセラピーをやってるんだけどさ。(笑)

  それにしても、私たちって、面白い時代に生きてるよね!

  なんか、ワクワクしてきた! (笑)




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら




PageTop

堕天使の救済(25)

曼荼羅講座のこの日、
S代さんの解放はこれだけではなかった。


午前中に下絵を描いて、
午後からは色を付けていくんだけど、

S代さんは「はあ~っ・・・」とため息をついて手が止まってしまった。

「(どういう曼荼羅ができるか)自分でもうわかってるから、
苦しくて描けない」って。

ママが「そうなの?」って聞くと、

「うん、自分の性質、わかってるから」


ママ: あのね、エフちゃん、点描曼荼羅が出来上がると、
  いつもリーディングするのね。

  それでわかったことは、曼荼羅って、その人の「宇宙観」を
  表すみたいなの。

  その人の魂が最初に生まれてから、輪廻転生して、
  現在に至るまでの間に構築した宇宙観みたいなもの。


S代さんのいう「性質」って何かな?ってママが考えてたら、
本人が「自傷」って言った。

まだ罪悪感があるのかなあ・・・。


せっかく曼荼羅を描くのだから、不要な感情を解放してみる
ことにする。


リーディングすると、過去世が出てきた。

ママ: 西洋みたい。

  剣を持った男性・・・
  隊長かな?
  丘の上に立って、町を見下ろしてる。

不思議なことに、目の前の景色が、
原生林 → 村 → 町 と変わっていく。

でも、どの世も戦をしている。

人々は愚かな行為を繰り返す。

この隊長は天界から来た人なのだろう。

人間はどんなに手助けしても、所詮、悪い方へいってしまうと、
自分の無力さを嘆いている。


そのとき、神の声が聞こえてきた。

「あなたは、何をしたいんだい?
人を救うって何だい?」

「人間としての暮らしができるように、
食べ物を与え、
着るものを与え、
住まいを与えることかい?

それは本質からずれてるよ」

(ああ! これも「世界の底上げパターン」だ)


過去世を解放すると、

空から宇宙エネルギーが、
丘に生えている木や花、
町に住む人々を覆いつくし、
万物全てが繋がって、
光で溢れている光景が視えた。

そして、

再び神様の声が聞こえた。

「人間の本質は光だよ。
それは昔から変わらない。
だから、だた、それを光らせてあげればいい。


私: でね、この解放後にS代さんが描いた曼荼羅がもう
  素晴らしくて!

    
     IMG_1271_convert_20160519220516.jpg

 
  

聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(26)

ママ: 解放しても解放しても、S代さんの「堕天使」は
  あちこちで顔を出すの。


私: どういうこと?

ママ: ほかの生徒さんの過去世解放をやってる中で、
  わりと頻繁に登場してくる。 (笑)


たとえば・・・。


先日は、生徒Wさんから解放を手伝ってと連絡がきたので
電話で話していたら、

ママ: 面白いことを言うの。

   「マサコさんと電話で話すといつも頭がキリキリッって
   痛くなる」って。

   そのときに感じたのは、Wさんが私に何か罪悪感を
   感じてるみたい、ってこと。

私: それは、過去世?


ママ: うん。

  西洋の古い時代、森のそばの小さな町。

  私はやせた老婆で、黒い服ばかり着ていて、
  「悪い魔女かも」って噂されてるの。

  W子さんは20歳ぐらいの女性で、白い服を着ていて、

  イメージとしては、私が黒魔術、彼女が白魔術みたいな。

私: ママは悪い魔女だったの?

ママ: ううん。 見かけは怪しげだけど、実はその土地を
  守っているの。

  長老だけはそれを知っているんだけど、町の人たちは
  ほとんどそのことを知らない。


Wさんはママの正体がわからないし、なんだか得体が
知れなくて薄気味悪いから、避けたり、視線を合わせないよう
にしている。


ママ: そんなある日、ひとりの魔女が、私のことを「悪い魔女」
  だと言いふらして・・・。

私: なぜ?

ママ: 自分が脚光を浴びたくて。
  あの人は悪い魔女だけど、自分はいい魔女なんだ、って。


Wさんはそれを信じて、ますますママのことを避けるようになる。

でも、ママが亡くなったあとに、長老から真実を告げられて、
自分が悪い魔女の言うことを鵜呑みにしてしまったことや、

何も知らないのに、見かけや噂で判断してしまったことを
反省し、後悔する。


ママ: だから、今、私が解放のお手伝いをしていると、
  そのときの罪悪感が蘇ってきて頭が痛くなる。

  それでね、私のことを悪く言いふらしたのが、S代さん
  だったの。


「うひゃ~! S代さんだあ!」ってママは笑ってたけど、


ママ: 彼女もまた私の悪い噂を立てたことに罪悪感を感じて 
  たから、こうやって、去世を解放することで、彼女のことも
  助けられるんだよね~。



 

聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら

PageTop

堕天使の救済(27)

それから、こんなこともあった。


生徒のPさんは、「上」につながる力が強く、
ママはいつも感心して、
「すごいね」って褒めるんだけど、

そうすると、即座に、
「いやいや、そんなことないです」と否定してくる。


何を褒めても、「いやいや」。


ある日、ママは、
「その『いやいやさん』を解放してもいい?」って聞いてみた。

他人が自分の能力や長所を認めてくれているのに、
それを否定することは、
自ら自己否定をしていることになる。


ママ: 自分に自信がないとか、自分を好きになれないって
  いう人が多くて、

  じゃあ、インナーチャイルドセッション等をやって、
  自分を愛し、認めるられるようになろうね、って教えてるのに、
  一方で自己否定をし続けるのは本末転倒でしょう?


だから、Pさんの「いやいや」を解放しようと思ったのである。


原因は、過去世だった。

ママ: 中世のヨーロッパかな。
  魔女みたい。(Pさんの過去世)20歳ぐらい。

ひとりぽつんと波止場に腰かけて、海を眺めている。

仲間の魔女たちが一緒に勉強しようとか、魔法の実験をしよう
とか誘いにきても、

彼女は、「いやいや、私はできないから」と断り続ける。


ママ: それはね、「恐れ」があるからなの。

  何もやらなければ、非難されたり、批判されたり、失敗したり、
  そういう目に合わなくて済む。

  だから、やりたい気持ちはあるけど、敢えてチャレンジして
  失敗するぐらいだったら、この安全な鳥かごの中にいた方が
  ましだ、って思ってるの。


私: なんで恐れちゃうんだろう?

ママ: それはね、お父さんが影響してるの。

  彼女のお父さんはこの町一番の霊能者だったの。

  優しくて、困っている人がいれば、自分の力を惜しむことなく
  いつでも助けてあげて、だから、とても人望があったの。


ある日、事件が起きる。

この町で地位の高いマダムが、高価な指輪を持ってやってくる。

そして、「この指輪をもっと精度の高い、高級な指輪に変えて
欲しい」と言うのだ。


私: 錬金術みたいだね。

ママ: お父さんは自分の力をそんなことには使いたくなかった
  から断ったんだけど、マダムは強引にお金を置いて、
  「じゃあ、頼んだわよ」って帰って行くの。

  お父さんはため息をつきながら、渋々やるんだけど、
  後日、その指輪を受け取ったマダムは、
  最初から用意していた質の悪い指輪とすり替えて、

  「あの人に頼んだら、こんなひどいことになった」って
  言いふらすの。


私: 罠にはめられたんだね?




 

聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(28)

ママ: そう。そのマダムにはPさんと同じぐらいの歳の娘が
  いてね、その子も魔女なんだけど、

  自分の娘がみんなの注目を浴びるために、
  能力の高いPさんを蹴落としたかったの。

  それで、お父さんを罠にはめて失墜させようとした。


あらぬ噂を立てられて、町の人々の信用を失ったお父さんは、
失意のどん底に突き落とされる。


そして、とうとう・・・。


ママ: 扉をギイッと開けて、地下へ続く階段を下りていく
  お父さんが見えた。

  彼は地下室で、自ら命を絶ってしまったの。


それを機に、Pさんはどんなに誘われても、自分の能力を
使おうとはしなくなった。

「パパがあんな思いをしたんだから」って。


ママ: でもね、光に帰ったお父さんは自分の行為をとても
  とても後悔していたの。

  生きていれば、もっと多くの人の役にたてたし、

  それに、
  自分のせいで、Pさんが能力を使わなくなってしまった。


お父さんは空から懸命にPさんに呼びかける。
「君の力を使いなさい、多くの人を助けなさい」って。

でも、「上」との繋がりを断ち切ってしまったPさんには、その
声が届かない。

結局、Pさんは自分の力を使うことなく、その人生を終える。


ママには視えていた。

「あれれ・・・。
このマダムはS代さんだ~。
でもって、Pさんのお父さんは、K氏だ~」


この過去世を解放した後、
ママは同席していたK氏(そう、この日の講座にK氏も
来ていた)に、さりげなく聞いてみた。

「今の過去世に出てきたお父さんって、誰かわかります?」って。


私: わかったのかな?

ママ: うん。 「僕です」って。 (笑)


ママのリーディングの内容を聞きながら、お父さんの感情が
胸にこみ上げてきたのだそう。

「地下室では、毒を飲んで、机に倒れこむようにして亡くなった
んです」と言った。


Pさんの「いやいや」を解放にいったんだけど、
予想外の展開になって、

K氏も、そのときの「後悔」から解放され、
「なんだか、背中がす~っと楽になった」と喜んでいた。

ママ: そして、この場にはいなかったけど、マダムのS代さんも
  また「罪悪感」から解放されたと思う。


「講座に集まる生徒さんたちって、本当に縁が深いんだね」
ってママは感心しきり。
 


 

聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら

PageTop

堕天使の救済(29)

ママ: まだあるんだよね~。(笑)


私: S代さん?

ママ: うん。
  この間ね、生徒のYさんがプラーナ伝授を受けたの。

  プラーナ伝授はね、レイキとはちょっと違うの。

  レイキは伝授を受けることで、宇宙エネルギーと共鳴する
  ことができるようになって、自分の体を媒体にして
  エネルギーを流すんだけど、

  プラーナ伝授はサードアイ(松果体)を活性化するの。


実はリーディングもチャネリングもこの松果体を使うのである。
 

ママは伝授の前に、Yさんのハイヤーセルフに挨拶をした。

挨拶をすると、たいていは、ハイヤーセルフか、
あるいは解放を望む過去世の人物が出てくる。


ママ: でも、このときはね、もうひとりのYさんが現れたの。

その日のYさんと同じ服装をしている。

「双子みたい」って、ママは思った。

(誰だろう・・・・?)



(あ、なるほど!)

この人は、別の次元(おそらく5次元)に存在するYさんだ。

普段、3次元も5次元も重なって存在しているので、認識する
ことはあまりないんだけど・・・。

何かメッセージがあって現れたのだろうか。

手に持っている小さな宝箱のふたを開けるしぐさをする。

まるで、封印していたYさんの力を解き放つかのよう。



この伝授をきっかけに、今後、Yさんの中で5次元Yさんの
占有率が増えるような気がした。

ママ: 今まで5次元のYさんが現れるのが10%ぐらいだったと
  すると、これからは70%とかね。

つまり、自身の叡智に繋がる率が高くなっていくことを意味する。



ママは、「へえ、すごいな~」って思いながら、Yさんの松果体を
意識してみた。

すると。

ママ: うわ~! なんで? 松果体が血塗られてる感じ!

   これは解放しなくっちゃ!


リーディングをすると、過去世だった。

南の島、白い砂浜。

ひとりの女性が歩いている。

過去世のYさんはこの島を守るシャーマンのようだった。

ママ: あれ? 私はこの人の付き人みたい。(笑)
  両手で壺を抱えて、彼女の後ろをついて行ってる。



ある日、悲劇が起きる。

彼女の高い能力に嫉妬した人が、暴漢を雇って彼女を
襲わせるのだ。

ママ: 彼女は血まみれで倒れて・・・。絶命してる・・・。

  何も悪いことをしていないのに、
  むしろ、島を守り、人々を助けているのに、
  なぜ人はそういうった人にまで
  嫉妬、妬みなどの負の感情を持つのか・・・。

  そのことを悲しみ、とてもショックを受けている。



「それでね」ってママは続けた。

ママ: 暴漢を差し向けたのが、S代さんなの。

私: ここでも悪役なんだ・・・・。



ママ: ところがね・・・。


 

聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら





PageTop

堕天使の救済(30)

このあと、ママはYさんに「堕天使」の過去世がないか、
リーディングをしてみた。

ママ: だいたい、講座に来る生徒さんって、
  「堕天使」「世界の底上げ」「宇宙人」がセットみたいだから、
  先に見ちゃおうと思って。

私: 「魔女狩り」もあるんじゃない?

ママ: そうだね!それもセットかも!(笑)


とうわけで、「堕天使」の過去世を見に行く。


ママ: 空を飛ぶ新米天使たちが見える。
  仕事をしているみたい。
  Yさん(の過去世)もその中のひとり。

各々が手に壺を持っている。
担当のエリアの上空に来ると、壺を傾けて、中のものを
地上へ向けて振り撒いている。

Yさんが壺を傾けたその瞬間、
黒いカラスのような鳥が壺に体当たりしてきた。

その衝撃で壺が思いっきり傾いて、中身がこぼれ、
必要以上の量が地上に降り注いでしまった。

Yさんはパニックに陥ってしまう。


壺の中身は「光」のようである。

毎日、その日、人間に必要な「光」を空から撒いているらしい。

過剰に撒いてしまうと、光を浴びすぎて、人々は堕落してしまう。

その有様を見たYさんは罪悪感を抱き、何とか事態を収拾しようと
して地上に降りていくのだ。


と、ここまで見て、ママは思った。

(う~ん、これって、
いつかの過去世に似てる・・・・)

子供の天使が空から水滴を落としたら、地上で大洪水を
引き起こしてしまった事例だ。

この時も天使は罪悪感にさいなまれ、自ら地上に降りて行くが、
なすすべもなく、自責の念にかられながら人間としての転生を
ただ繰り返すだけになる。


ママ: でね、この過去世を書き換えたらね、

  黒い鳥が体当たりしてきたときに、それを目撃した別の
  天使が急いで宮殿に戻って神様に報告するの。

神様はすぐに現場に駆けつけ、適切な処置を施してくれ、
おかげで事なきを得た。


ママ: このとき、いち早く知らせてくれた仲間の天使が、
  S代さんだったの。

私: 今度は「いい役」だね。

ママ: そうなの。


ママは最近、ちょと気になっていることがある。

それはS代さんの罪悪感を解放する過去世が次々に出てくる
ことで、ほかの生徒さんが誤解をしちゃうんじゃないかって、
いう懸念。


ママ: 「解放」を目的でやってるから、そればっかりを見てる
  でしょう?

  みんなが「S代さんってそんなに悪いことばっかりやって
  きたんだ~」って誤解しないといいな、って思って。


魂が古い人、つまり、転生の回数が多い人は、それだけ
経験値も高いから、解放すべきものが多く出てくるのだ。

ママ: こういう風に天界から来てる人って、人のために
  尽くした人生も半端ない、っていうか、
  すごく貢献してるの。

  でも、そういう人生は「解放」が必要ないから、
  敢えて見に行くこともしないでしょう?

  だから、普通に聞いてると、
  「この人、悪いことばっかりしてる!」って。


今は、「解放」「清算」の時代だからこそ、こうやって
解放すべきものにのみ、焦点を合わせてるだけですよ~(笑)




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら










PageTop

堕天使の救済(31)

S代さんの場合は、2~4月の3か月間でたくさんの解放を行って、
すご~く変わった。

大きな解放をするたびに、
「わあ! 視界が明るくなった!」って。


ママ: 「視界が明るくなる」っていうのはね、
  今まで外の世界を「磨りガラス(曇りガラス)」を通してしか
  見えていなかったのが、
  急に透明なガラス越しに見えるようになる感じなの。


私: レイキ伝授を受けたときも、
  「自然が鮮やかに見えるようになった」って言う人が
  いるよね。


S代さん自身もどんどんクリアになって、

ママ: なんだか、ようやく薄い膜が剥がれ落ちて、
  現実世界に現れたような感じ。(笑)

きっと、今までは自分でも自身のことが何者なのか、
なぜこの世界に存在しているのか、
よくわかってなかったんじゃないかと思う。

ママ: 「堕天使」とか「宇宙人」の記憶の影響が強い人は
  そういう傾向があるみたいだね~。


そして、

S代さんに負けず劣らず見事な変身を遂げつつあるのが、
K氏である。

魔王のような怪しげな雰囲気から脱皮して、(笑)
解放が進むにつれ、顔つきが変わり、別人のようになってきている。

ママ: 「目」の奥に光が感じられるようになった。



講座受講から半年過ぎたころ、ママは思い立って、
「解放」ではなく、「統合」してみた。

K氏はエネルギーワークに長けているようなので、
それに関わる「過去世」を見に行ったのである。


ママ: 潜在意識は本当に便利。(笑)

  不要なものは「解放」できるし、
  必要なものは「統合」すればいいし、
  「未来」を見に行くこともできるし、
  パラレルな世界を見ることもできる。

無限の可能性を秘めている。

どうやって見に行けばいいのか、
それさえわかれば、面白くて神秘的な体験がいっぱいできる。

ママは、
「きっと、それを知るために、最初にヒプノセラピーを学ぶことに
なってたんだと思う」って言った。


K氏の場合は、「解放」だけではなく、過去の能力を蘇らせる
必要があった。

誘導すると、やはり、チベット時代だった。

坊主頭の男性が出てきた。

が、後姿なので顔が見えないという。(笑)


その男性は、古来から伝わる「エネルギーの使い方」を
知っていたらしい。

その手法は、レイキとか気功とかよりもっと古くて、
いわゆる、「エネルギーの使い方の原型」なのだとか。

私: それで、何ができるの?

ママ: うん、病気の治癒とか、メンタルケアとか。

  現在行われているいろんなエネルギーワークは、
  その原型から枝分れしてできたものなんだって。


K氏は今生でもう一度、その原型に出会うことになっている
らしい。

ママ: そのためには、とにかく「自分のクリアリング」が
  先決だって。


過去世のときの力を、(転生している)K氏に統合するよう、
誘導すると、

K氏が、
「鞘(さや)に収まった剣(つるぎ)が見える」と言った。

ママ: それをどうやってK氏に統合したらいいの?

K氏: 鞘(さや)に収まっている剣を、今の僕に収める
  というイメージがきます。


どうやら、剣を、K氏の頭頂からまっすぐに差し込んで、
上半身に収めればいいようだ。


K氏はしばらく無言のまま試していたが、

「だめだ・・・。なんか、詰まってて、うまく入らない。
自分では無理みたいです」




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら








PageTop

堕天使の救済(32)

ママは同席していたほかの生徒さんたちに、

「じゃあ、みんな、手伝って?
頭頂から剣が、まるで鞘に収まるように、す~っと入っていく
イメージをしてあげて。
そして、光を送りながら、その光で道が開いて、剣がぐんぐん
入っていくように・・・」


しばし、全員が集中する。
 

突然、ママに言葉が降ってきた。

「過去世の方(その男性)にお願いします。
今生はちゃんと、間違わずにその力を使うから、剣を収めて
下さい。お願いします」

ママは合掌しながら、そう言った。


すると!

K氏: あっ! (剣が)シャキーン!と音を立てて入りました!


ママ: みんな、ありがとう!

  (K氏の)ガイドさん、ほかに今やっておくべきことはありますか?

K氏: 「しっかり閉じるように」と。

ママ: 何を?

K氏: 鞘を・・・・閉じる。 ん? 鞘を閉じる?

  どういう意味だろう?
  剣が抜けないようにするのかな?

  ちょっと、(ガイドに)聞いてみます・・・・。

  う~ん・・・。

  余計なものが憑かないようにしなさいって。

  わかりにくいな・・・・?


ママ: 頭頂を閉じるんじゃないかな?

生徒のRさんも、うなづいた。

剣は鞘に収まったけど、頭頂が開きっぱなしだと、そこから
他のものも入ってきてしまう恐れがある。


ママ: だから、閉じる。
  自分で「閉じる」って意図してください。

K氏: はい・・・・。 OKです。

ガイドに聞くと、これで大丈夫とのことだった。


K氏: 剣が入っていくとき、頭の中がぼわ~んとして、すご
  かったです。こんなことってあるんですね。

  面白かったです。なんか、すごく気持ち良かった。


ママには、最後に剣が鞘にカチッと収まった瞬間、K氏の目が
ピカッと光ったのが見えた。

そして、剣が収まった上半身は、金色に染まって見えた。

ママ: それが、まるで(黄金色の)大仏のイメージだったの。(笑)


K氏: 僕はいつの間にか、合掌してたのが不思議です。

ママ: 私も! 私もやってた!


Sさんが面白いことを言った。

「最初、光がチョロチョロとしか入って行かなくて。
マサコさんが言葉を発したら、それがきっかけで、バ~ッと
入り始めたの」


ママ: 私は多分、言わされたんだと思う。

それを言わなかったら、剣は入らなかっただろう。

なぜなら、

「本当にこの剣を正しく使うのか?
でないと、収めることはできないぞ」
って、過去世の人からの言葉が聞こえたからだ。

「正しく使います」と宣言した途端に、
K氏の中に、「回路(鞘)」ができて、
剣がす~っと入るのが見えた。


私: 過去世の人は、なぜそう言ったのかな?

ママ: エフちゃん、力(能力)のある人は、その力を悪いことに
  使うこともできるでしょう?

  力を権力にして、人を支配したり、マインドコントロールしたり。

  K氏はね、過去世でそういうことを、さんざんやってきたん
  じゃないかな。


彼は、
「なんだか、とても清々しい気分です!
それに、視界が普段より明るい!」って、喜んでいたけど、

「統合」ができたからといって、「解放」が終わったわけではなかった。





聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(33)

それが証拠に、2週間後、また大きな解放がやってきた。


講座中にK氏が、

「メンタルブロックをひとつひとつ自分で解放していると、変な
方へ行ってしまうから、最近はなるべくエネルギーワーク(セ
ルフのアクセス・バーズとか)を使って解放している」と言った。

私: 変な方って?

ママ: たぶん、具体的に見ようとすると、闇に引っ張られそうに
  なるんじゃないかな。


K氏は、まだ完全には自分のことを思い出していない。

自分が何者なのか認識できていないので、その状態で
内観しようとすると、得体のしれない世界へ意識がもぐって
いくような気がするのだろう。


同席している生徒のミエさんに、
「変な方向へ行きそうっていうのを、外してくれる?」
とお願いする。


ママ: 会話の中で自分が言ったことを解放するのは、
  手っ取り早い方法なの。

  たとえば、みんなで食事に行って、なかなかメニューを
  決められない人がいたとするでしょ?

  「私、いつも決めるのが遅くて・・・・」と言おうものなら、
  すかさず、「それ、外そうよ!」とか。(笑)


自分の口から出る言葉は、
潜在意識にその思考が「在る」ってことだから、
それを解放すればいいのである。


ミエさんが、ブロックの原因を見てくれた。

「なんか、K氏がせっせと地面を掘りながら、周囲を見回して、
なんでこんなに暗いんだろう?って言ってる」

「穴の中にいて掘ってるからなんだけど、
そのことに気づいてないみたい」


解放のイメージは、
「ふと上を見上ると、空が見えて、
『あ! こんなに明るいんだ!』って」

で、これを書き換えて終わりのはずなのに、

突然、ママは、
「その穴を埋める必要がありそう!
Kさん、埋めるイメージをしてみて?」って言った。

私: 五次元マサコの登場だね。(笑)


なぜか、ミエさんが、
「じゃあ、みんなでやりましょう!」と提案した。

ママは、(え~っ?)って思ったけど、しぶしぶ同意した。


ミエさんもたぶん「上」に言わされたのだと思う。

この後の展開からすると、そうとしか思えなかった。






聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら



PageTop

堕天使の救済(34)

ママが視たヴィジョンは、

穴に土をかぶせて埋めた上から、トントンと足で踏んでならす、
というもの。


穴の周囲にはたくさんの木々が生い茂っていて、森のように
なっている。

穴を埋めると、森一帯が光り輝き始めた・・・。


これで完了!かと思いきや・・・

あれれ・・・?


穴の左側から暗い空間が迫ってきた。


ママ: 見ているヴィジョンが、スクリーンだとするとね、
  真ん中に埋めた穴があって、その周囲は緑の木立。

  ところが、スクリーンの左側から徐々に真っ暗な木立が
  広がってくるの。

  まるで緑内障で、視界が欠けていくみたいに・・・。 


    たとえば、これが、

      
y緑内障2
  ↓


  こうなる感じ。

   
y緑内障3
   

(わ~、こんなの、初めて!何が起きてるんだろう?)


真っ暗な木立の中に、「過去世」のK氏が立っていた。

「俺は、(こんな)俺を一生許さない」

彼は己に呪いをかけていた。


ママ: 呪いの文字が、6~7文字、浮かんで見えたの。


そのとき、K氏が叫んだ。

「あ! それ、なんか、すごい、きます! 
そうです!呪いをかけたんです!」


次にママが見たのは、
細い蔓(つる)で全身をグルグル巻きにされて、身動きできない
(過去世の)K氏の姿だった。


ママ: この呪縛は、かけた人にしか解けない。
 Kさん、自分でやってみて?


しばらくの後・・・。



K氏: だめだ・・・。 できない。


(どうしたらいいんだろう・・・)


そうだ!

ママ: 光の剣があるでしょ? 剣で切ってみて?


K氏、トライするも、

「だめです! 蔓がぐにゃぐにゃと柔らかすぎて、剣では切れない」




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら






PageTop

堕天使の救済(35)

ママも目をつぶって、蔓が解けるよう、イメージをしてみる。


すると・・・。

蔓がゼリー状に柔らかくなってきた。


ママ: そこへ、ミエさんがとことことやって来て、蔓を
  はさみでチョキン!と切ったの。

  そしたら、蔓がほどけて、ふにゃふにゃと足元に落ちて行った。


その瞬間、K氏も、

「あ!解けました!」と言った。


ママ: こんな風に同じ場にいて、同じヴィジョンを見てる、って
  面白いよね!


蔓から解放された(過去世の)K氏は、光に変わって、す~っと
上に上がって行った。

ママ: 光の世界に帰ったの。


ママが見た、あの「呪いの文字」も、細かい金片になって、
パラパラと落ちてきた。

そして、蔓も金片も光の粒子に変わり、周りに溶けて見えなく
なった。


ママ: この過去世はね、K氏の「闇の時代」の最後の人生
  だったみたい。

チベットの時代、経典を盗んだり、村を壊滅させたり、
他にも罪悪感や後悔にさいなまれる人生をたくさん経験して、

K氏は、そんな自分を「一生許さない」と呪縛してしまったのだ。


その負のエネルギーが、やがて彼を侵食し、
彼の意識をも侵食し、
彼は自分が何者なのかも、わらかなくなってしまっていたのだろう。


解放が終わって目を開けたK氏は、茫然としていた。

身体がすごく軽くなって、
視界がまた一段と明るくなったと言った。


私: わ~! 良かったね!

  でも、K氏もS代さんも、次から次へと解放が出てくるね。(笑)

ママ: そうだね。

  S代さんは、さなぎがチョウになったかのごとく、
  どんどん輝いてきて、「光」寄りになってきたけど、

  K氏は、時折、「闇」の影がちらちらと見え隠れするから
  まだ油断できないけどね~。(笑)


だけど。

このK氏やS代さんや、あの八咫烏(やたがらす)の出現により、
解放の手法は大きく進歩した。


そう。

「ミラクルセラピー講座」で教えている解放の手法は
より強力になり、しかも、スピードを増している。


ママ: おかげで内容がぐ~んと増えて。(笑)

  いままでの8回では、回数が足りなくなって、
  今月(6月)からは12回に増やさざるを得なくなっちゃった
  けど。




聖なる樹のミラクルセラピー』 の受講生受付中! 

  
    ⇒
詳細はこちら!


  姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 をスタートしました ♪


 「アクセス・バーズ」講座 日程 

        
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

       ⇒ 詳細は、こちら から。


   
『心のデトックス 1dayクラス』 

         
      ・リクエスト開講は2名様以上で受け付けています。

     
     

 
 
セッションのお申し込みは、こちら! 


 スカイプ、電話セッションを始めました ♫ ⇒ こちら







PageTop