聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第19章~占いと未来(22)

夏。

ゆうさんは家のベランダに緑のカ-テンを作るべく、ゴーヤを植えた。

収穫のとき。

ゆうさんが1本のゴーヤに手を伸ばすと、あーちゃんが、
「ママ! それは黄色くなりたいからそのままにしておいて欲しいって言ってるよ」

ゆうさんは唖然。

そして、別のゴーヤを指さし、
「これは食べて欲しいって!」

ママはその話を聞いて、唸った。
すごいね・・・・・・。

収穫がすべて終わった頃、ゆうさんが、
「もうゴーヤも終わりだね」と言うと、
あーちゃんは、
「いやだ。もっと(実が)なってほしい」

「ゴーヤさん、もう1度、たくさん実をつけて!」
とあーちゃんはゴーヤに話しかけた。

「そしたら、数日後にまた、ゴーヤがいくつもでき始めたの」
ゆうさんは信じられないという顔でそう言った。

PageTop