聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第20章~ヒプノの世界(39)

へえ~っ?
じゃあ、それこそすべてシナリオ通り?

「なのかなあ? エフちゃん、どう思う?」

かつて他の星で仲間だった者たちが時を同じくして、同じ目的の元、
生まれ変わってくる。

ママの友達はある時、ヒプノで海の風景を見る。
数か月後に沖縄でその風景を偶然目にする。

数年後、ママと出会い、
その時のヒプノの話をする。

1年以上後になって、ママは突然その話を思い出し、気になり始め
る。
それでその風景の意味を紐解いてみようと提案する。
すると、彼女は今回の役目を思い出す。

一方、東京に居ることにより、地震や原発の問題に直面する。
そのことがきっかけで、ヒーリングに目覚める。

ふたりいる子供のうち、下の子が、
「ママはそうやってヒーリングに目覚めるようになってたんだよ」と
セッションの中で教えてくれた。

ちなみに、その子に、「今回(その友達を)母親に選んだわけは?」
って聞いたら、「ママを支えるためだよ」って。

そして上の子に選んだ理由を聞くと、
「そばにいたかったから」。
幼くして母親と引き離された悲しい過去世があるらしく、再会して
今度は一緒にいたかったのだという。

ママはついでに友達とご主人が夫婦になったわけまで聞いて、
「へえ~っ、そうなんだ!」とひとり納得していた。(笑)

シナリオって本当にうまくできているらしい。

PageTop