FC2ブログ
 

聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の交信(17)

マチ子さんと勉強を開始してから1か月後。(10月)
ひとみさんがやってきた。
クライアントとして。

若くて、とてもきれいな人だった。

ママのブログを読んで予約を入れてくれたそうなんだけど、
そのいきさつがちょっと変わっていた。

8月に青森の
木村藤子先生のところへ行ってきたのだと
いう。
離婚をして、精神的にとても参っていたときに、お姉さんが
「木村先生の予約が取れた」と連絡をくれて、一緒に行って
きたのだとか。

ママは驚いて、「よく予約がとれたね」って言った。
いつ電話をかけても話し中で繋がらないっていう噂なのに、
なんと、1回で繋がったのだとか。

「それで、どうだったの?」って聞いたら、
「それが、元夫のことは、”この人はいい人”って言って、
私のことはもうボロクソで・・・・」

離婚の原因は彼の女癖の悪さだった。ひとみさんはそのこ
とで悩み苦しんだのに、彼には非がないと言い、なぜか彼
女のことだけを悪く言われたのだそう。

ひとみさんはショックのあまり、部屋に閉じこもってしまった。

それを心配したお姉さんが、木村先生はなぜあんなことを
言ったのだろうと、ネットで検索をしたら、ママのブログに
辿り着いたのだとか。

「”ねえねえ、あなたみたいに木村先生から叱られた人
のブログがあるから、読んでみて”って言われて読んだら、
面白くって、他のところも読んでいくうちに、だんだん考えが
変わってきたんです。そして一晩で元気になったんです!」
と、ひとみさん。

ママの方が「へえっ?」って驚いた。
「考え方が変わったの?」って思わず質問した。

「はい! 元夫のこと、あんなに憎んでいたのに、一晩で
感謝に変わったんです!」

ママは、ブログが何らかの形で人の役に立てばいいなと思
って書いているので、こうやって一人でも元気になってくれ
たことがとても嬉しかった。

カウンセリングを初めて30分も経たないうちに、ひとみさん
が、「あの~、教室はやってないんですか?」って聞いてきた。

「教室? 今、ひとりに教えてるけど、まだ、始まったばかり
だから合流できるけど、ヒプノを習いたいの?」って
尋ねると、「はい!習いたいです!」って、ひとみさん。

その瞬間、ママの口から出た言葉は、
「ああ! あなただったのね、もう一人の人!」

それにしても、ひとみさんはヒプノのセッションも受けたこと
がないのに、既に習うことを決めてきていたのが不思議
だった。

「ブログを読んで、始めてこういう(スピリチュアルな)世界
のことを知ったんですけど、今、もっと勉強したくてしかたが
ないんです」

そして、面白いことを言った。
「母に電話して、マサコさんのブログを読んで元気になった
から、大丈夫だよ、って言ったら、母もその後ブログを読ん
だみたいで、”今、生徒を募集してるから、あなた、習った
ら?”って言われたんです」

「え?お母さんが?」って、ママ。
「なんで?」

「なんか、私も初めて聞いたんですけど、前からこういう世
界のこと、興味があったらしいです」

へえ・・・・。

というわけで、お姉さんがブログを見つけ、お母さんがヒプノ
を習うように背中を押して、ひとみさんが一緒に勉強をする
ことになった。

ママとマチ子さんとひとみさんの、3人の不思議な世界が
ここから始まる。


PageTop