聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(48)

ママはMさんにその本の絵を見せた。

ママ: ね? 地球から離れて、高い次元に行くほど、絵が
 線とか点だけになってるの。
 Mさんが言ってるのは、こういうこと?

Mさんが本を覗き込んだ。

M: ああ、これはエネルギーの動きを表しているんだと思い
 ます。

エネルギーの動き・・・・。

ママは、再び、「あっ!」と思った。

マインドブロックバスターの講座では、「心のブロック」を読み
取る練習をする。

大抵の人は、「地球上の物質」が見える。

ママ: ケーキとか、鯉のぼりとか、とにかく「物質」として見たこ
 とのあるもの。

でも、Mさんは違っていた。

M: 楽譜が、こんな風に(と、手をくねくねさせながら)縦に
 動いてます。

ママ: はあ?

そして、ブロック解除のイメージを見ると・・・。

M: 楽譜が今度は、(と再び手をくねくねさせながら)横の
 動きに変わりました。

あれも、ひらひらとした縦の動きから横の動きという、エネル
ギーを表していたのでは・・・?

ということは・・・・。

ママ: マインドブロックバスターでやっている「心のブロック
 解除」って、「エネルギーの変換」をやっているのかな?

Mさんは、にっこり笑って、
「意識もエネルギーなので、そのベクトルをどこに向けるか
ですよね」と言った。

ママ: ベクトル?

M: はい。意識のベクトルを向けた方向が、現実化するので。

ああ、俗に言われる、「思考が現実化する」っていう、あれ?

M: (さも当然のように)だから、そっちに向かう意識がある
 だけで現実化します。
 波動を形態に変えているだけですから。

ママ: はあ・・・・・。

「ひらひら動く楽譜」の後も、Mさんが読み取る「心のブロック」は、
ほとんど幾何学模様ばかりだった。

「薄いぺらぺらの金属が、こうシュッと・・・」とか。
(まるでNIKEのロゴマークみたいな)(笑)
mayumiime-ji.jpg


PageTop