聖なる樹のヒプノセラピー物語      

魂の解放(32)

ママ: 最初にメールを見た時に、5層じゃなくて、ちゃんと
  7層に繋がってる人なんじゃないかな?って思ったの。

  で、講座の日、駅まで迎えに行って一目みた瞬間に
  「やっぱり7層に繋がってる人だ」って確信した。

私:  じゃあ、問題なかったんだ?

ママ: うん。

私: なんで、「5層につながってる」って言われたのかな?

ママ: それはね、エフちゃん、きっと「お試し」なんだと思うの。

  「お試し」というか、「プロセス」というか、「シナリオ」と
  いうか・・・。

  それを聞いて、Tさんはすっごく落ち込んで、ネットで
  いろいろと検索してたら、たまたま私のブログを見つけて、
  あまり読まずに、(笑) すぐ、申込みをしたんだって。

  自分でも、今回の流れを、「怒涛のように」って言ってたよ。
  (笑)

私: つまり、ママのところに来るようになってたってこと?

ママ: うん。

(その後の不思議な展開を思えば、もうそれは間違いのない
ことなんだけど、このときのママは、何か縁があるのだろう
ぐらいに思っていた)

5層の件については、Tさんをリーディングしてみた。

ママ: そしたら、女の人が出て来て、「役目は果たしました
  よ」って言った。

私: そっか。やっぱり、「シナリオ」だったんだ。

Tさんも、それを聞いて、
「そうですね~。もし、ちゃんと7層に繋がってる、って言われ
たら、安心して、ここに来ようとは思わなかったでしょうね~」
って、納得していた。

ママ: それからね、TさんとHさんの「縁」に関してはね、
 Hさんにリーディングしてもらったの。

 古い時代に、(外国の)砂漠に近い場所で、
 Tさんはとても能力の高いヒーラーだったんだって。

 Hさんはいつかこの人のようになりたいなあって、 
 Tさんにあこがれてたんだって。

私: へえ! じゃあ、Hさんは昔のあこがれの人に再会した
  ってことだね。

この日の講座では、潜在意識の説明と事例をたくさん紹介
した後に、インナーチャイルドセッションを学んだ。

セッションの練習中にも、不思議なことが起きたりした。

そして、ママの直感では、
「Tさんは急いだ方が良い!」という気がした。

私: 何を?

ママ: 何だろう? 魂の解放、かな?

それで、ママは補講をするために、翌々日、17日(月)に、
Tさんの自宅に伺った。

Tさんは、小さい子供がいるので、落ち着かないから無理で
は?と言ったんだけど、ママの勘では、その子が一緒にいた
方がいいような気がしていた。

ママ:Tさんに、「7層に聞いてみて?」と頼んだの。
  そしたら、やっぱり子供が一緒の方が良いって言われた
  んだって。
  不思議がってた。(笑)

17日。

ママは何が起きるのだろうって、ワクワクしてたんだけど。

まさかの展開に。

PageTop