聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

浄化隊(33)~予告編①

ママ: さて、「浄化隊」の国内編はひとまず終了。


私: 「国内編」は? ってことは、「海外編」があるってこと?

ママ: そうなのよ~! エフちゃん!
 お留守番、頼むわね~ ♫

私: 一体全体、なんでそんなことになったわけ?

ママ: いやいや、話せば長い・・・・じゃなくて、突然決まった
  んだけどさ~ (笑)


そう。

本当に「突然」、決まっちゃったのだ。


それは、「国内」の浄化の真っ最中のこと。

Tさんが講座に来た時に、エネルギーの話になった。

私: Tさんって、一緒に浄化をやってるTさん?

ママ: そう。 (笑)

彼女が平仮名を書くと、一文字ごとのエネルギーが見えると
いう話をしていて、

ママは、「うん? なんか、それに似た話をどこかで聞いたこ
とがあるな?」って・・・・。


すぐに思い出した。

そうだ! 

海外在住の生徒、R子さん(スカイプでミラクルセラピー講座を
受講中)だ!

彼女がお花を活けたり、写真を撮ったりするときには
エネルギーが見えると言っていたっけ。


思い出すと同時に、ママの口からこんな言葉が出た。

「ねえねえ、Tさん、あなたとR子さんって、きっと、すっごく
波長が合うと思うよ」って。

「いつか一緒に会いに行こうよ」

そのとき、ママの頭には、2~3年先にでも行けたらいいな、
ぐらいの思いしかなかった。

Tさんも、「そうですね~」と軽く受け流していたんだけど・・・。


Tさんは来年早々、別方面への旅行を予定していた。

奇しくも、その日の講座は「過去世リーディング」。


ママ: ねえ、エフちゃん、旅行の行く先ってさ、「何となく」
  決めることが多いでしょ?

  「昔からエジプトに行ってみたかったんだよね~」とか、
  「前からイタリアに興味があったの」とか。

  それって、だいたいにおいて、「過去世」があるところなの。
  その国に行くことで、過去世から持ち越してきた感情を
  解放したりするの。

  だから、「行きたいな~」と(潜在意識で)思うみたいなの。


私: じゃあ、行かないと解放できないの?

ママ: ううん、そんなこともないの。
  ヒプノとか、ほかの解放のワークをやることで、行かなくても
  OKになったりするみたい。


ママは昔から、エジプトとマチュピチュには絶対行きたいと
思っていたのに、ヒプノでその過去世を見たら、急速に興味を
失ってしまったのだそう。


実は生徒のTさんも同様だった。

マチュピチュにとても興味があったのに、初めてママのセッションに
来た時に過去世を解放したら、もう行かなくてもいいや、と
思うようになったのだ。


それで、ママは、冗談交じりに、

「今日の講座で来年行く予定になっている国の過去世が
出てきて解放したら、もう行く気がしなくなったりしてね~」って。(笑)


ほんとに冗談のつもりだった。

ところが・・・。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。