聖なる樹のヒプノセラピー物語      

浄化隊(1)~ヨーロッパ編

明けましておめでとうございます。(*^_^*)


お待たせしました!


「浄化隊~ヨーロッパ編」のご報告です。

海外へ浄化に行くことになったいきさつは、
こちらから・・・。


2016年、元旦、除夜の鐘が鳴っているころ、ママは日本を
出発した。

きっと不思議で面白いことが起きるんだろうなあ、って期待に
胸を膨らませながら。

実際には、面白いどころか、想像もつかないような、超ミラクルな
10日間が待ち受けていたんだけど。


ママの渡航目的は二つ。

ひとつは、海外在住のR子さんにミラクルセラピー講座の補講を
行うこと。


全8回のうち、7回まではスカイプで行ったけど、最後だけは
対面で細かな説明をしておきたかった。

東京で対面の講座を受講している生徒さんたちは、たいてい
複数人で受けているから、とんでもない面白いことが起きたり、
実験をしたりできるんだけど、

スカイプの場合は、ずっとマンツーマンなので、そういう場を
持つことができない。

もちろん、マンツーマンゆえに、個人的な話ができて、解放を
バンバン行えるというメリットもあるんだけど。


今回は、生徒のTさんも一緒なので、いろんな実験もできるし、
ぜひ、それを体験してほしかった。

私: 体験どころか、すごいことになったんでしょう?

ママ: そうなの! (笑)


そもそも、TさんとR子さんが相性が合いそうだから、と計画
した旅行だったんだけど、ふたを開けてみたら、それ以上に
必然な理由があったのだ。


二つ目の目的は、R子さんの能力開花。

R子さんはレイキを学んでいるのだけど、その力がすごくて、
おまけに、ミラクルセラピー講座でもヴィジョンがとってもよく
視える人だった。


だけど、なぜか、映像は見えても、声が聞こえない。

たとえば、ガイドに繋げても、ガイド自体はちゃんと視えるのに、
「ガイドからのメッセージを受け取ってください」と言うと、
「何も聞こえない」と言うのだ。


これでは、
過去世リーディングをしても、過去世の人からのアドバイスを
受け取れないし、サブパーソナリティセッションをやっても、
パーソナリティと対話をすることができない。


自分でも、「私は音とかは聞こえない人だから」と言っていて、
ママはなんとかそこを打破したかった。

これだけの能力がある人なのに、メッセージを受け取れない
のは、もったいなさすぎる。

直接会えば、なんとかできるんじゃないかという気がしていた。


ってなわけで・・・。

日本を出発して約11時間後、ドーハ空港に到着。

ここで、初日の出!


IMG_0863.jpg

うわ~! 最高!


ここまではまだ3次元の意識で浮かれていたんだよね。 (笑)

PageTop