聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(112)

ホテルに戻ると、

ナナさんがガイドブックを熱心に見始めた。


ナナ: なんかさあ、明日マサコさんたちは、

 「ガンガラーの谷」以外に、

 行くべきところがあるような気がするの。


キヨちゃんが筋反をとると、「イエス」と出た。


ナナさんが、

観光地図の上に手の平をかざして動かし、

「ここだ!」


ママ: え~っ?すごい! それでわかるの?

ナナ: 何となく手の平が暖かい感じがするの。


キヨ: どこですか?

ナナ:「白銀堂」だって。

 海の神様を祀ってあるって。

ママ: 海の神様かあ。

 じゃあ、行かなきゃ。

筋反でも、「イエス」と出る。


翌日、(11月30日)

沖縄最終日。


ナナさんは朝一番の飛行機で北海道へ帰った。


ママとキヨちゃんは、予定通り、「ガンガラーの谷」へ。


ここは、ツアーに申し込まないと入場できない。

「鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる自然豊かな

森の中をガイドと一緒に歩く約1時間20分のツアー」

なのだとか。

IMG_2315.jpg 

IMG_2313.jpg 

IMG_2329.jpg  

ママ: 例のごとく、下調べを何もしていないので、

 よくわからないんだけど、(笑)

 「数十万年前までは鍾乳洞だった場所が

 崩れてできた約14500坪の谷」なんだって。 

IMG_2321.jpg

IMG_2324.jpg

 で、ここに行かなきゃ!と思ったのは、

 約1万8000年前に生きていた「港川人」が

 この谷に住んでいた可能性が高く、

 今も発掘調査が継続して行われている、ってとこ。


私: 港川人(みなとがわじん)?


ママ: 谷から約1km離れた石灰岩採石場で、

 50年ぐらい前に発見された人骨のことを、

 発見場所にちなんで「港川人」って呼んでるんだって。


 面白いのは、最初の復元では、こんな顔だろうと・・・。

f0008679_2135134.jpg 

 で、その後の復元では、こんな顔になってる。(笑)

f0008679_21351713.jpg 

ガイドさんが、

人骨は、 全身が岩の割れ目にすっぽりとはまる形で

発見されたが、

フィッシャー遺跡s港川 

落ちたのか、自らそこに飛び降りたのかは定かでない、

というような説明をしてくれたんだけど、


キヨちゃんと顔を見合わせて、

ママ: 落ちたんだよね?

キヨ: うん、落ちたんです。


私; なんでわかるの?

ママ: いや、なんか、「落ちた!」ってきたから。

 それに、ここに住んでいた過去世があるな、って。


なので、

「あの洞窟にいたよね?」

「そうそう、あそこで貝を食べて・・・」などと、

ふたりで、ごにょごにょ話しながら、

ツアーの最後尾をついて行った。


ママ: マイクでふたりの会話を拾っていたら、

 とんでもない内容だったと思う。(笑)


過去世はあるものの、

特に解放が必要というわけでもなさそうだった。


ママ: 沖縄に来たついでに、

 「過去地訪問」みたいな?(笑)


せっかくなので、キヨちゃんとふたりで

光で浄化しながら歩いた。


実は昨日、宮古島の石庭を見終った時点で、

「任務完了」という感覚があって、


ママ: ほら、
あのデンマークのときと同じ

 ああ、これで終わった、

 もう東京へ戻ってもいいや、って。


だから、この谷への訪問は「おまけ」みたいな

ものだったのかもしれない。


そして、次に行った「白銀堂」は、

さらにそんな感じだった。

 3月25日(土) モニターさん募集中!→詳細は、こちら!





  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop