聖なる樹のヒプノセラピー物語      

富士王朝の復興(7)


私: じゃあ、ママ、レイキ伝授を受けると、

 そのフィルターを外しやすくなるってこと?


ママ: え~っと・・・

 そうみたい。

 体の中を光がたくさん通るようになるから。


 う~ん・・・・

 いつも伝授をしていて思うのは、

 みんな、光が通っていないというよりは、

 滞ってる、っていう感じがするの。

 うまく流れていないというか。


私: 滞ってる?


ママ: うん、イメージでいうとね、

 ほら、クリスマスツリーの電飾。

 スイッチを入れて、パッ!と全部が点灯すれば

 パーフェクトだけど、

 あちこち電球が切れている・・・。


 レイキ伝授をうけることで、

 切れていた電球が点灯するようになる。

 そうすると、全身くまなくピカピカ光る・・・。

 そんな感じがするの。


ママの話を聞きながら、モトちゃんが口を開いた。


モト: わたし、今日、マサコさんのところへ来るまでが

 大変だったの。

 もう、なんか、すごく落ちちゃって・・・。


ママ: いつから?


モト: お正月明けぐらいからかな・・・。

 仕事の段取りが全然手につかないし、

 もうどうしちゃったんだろう、っていうぐらい・・・。


ママ: さっきから、「発想の転換」っていう言葉がすごく来ます。

 モトちゃん、年明けと同時に

 何か変わっていってるような気がする。


モト: その言葉は、1年前、八ヶ岳に行ったときにも、

 ある方に見てもらったら、「発想の転換」って言われたんです。


ママ: うわー!

 今、すごい鳥肌が立っちゃった!



 発送の転換・・・・

 今までと同じような仕事の依頼が来ても、

 これまでのように、過去の経験値を基に、

 こんな風な段取りで、

 こんな風に仕上げていって・・・ってやっていたのが、

 これからは違う発想で取り組むのかな・・・。
 


 今、「光」って言う言葉がきました。

 「光を入れなさい」って。

 そうすると、ものすごいことができる。



 えっと・・・・

 波動? 波動が変わる?

 出来上がった物の波動が変わる。

 それをまたみんなが受け取るから、

 さらに良い仕事に結びつく。

 そういう循環に、今、変わっていく時だそうです。



 例えばイラストレーターの人がいて、

 その人にいつも本の表紙を頼んでいたとするでしょう?

 ある時から急に作品の波動が変わるの。



 編集の人が受け取りに行って

 渡されたものを見たときに、

 「うまく表現できないけど、何か違うよね、今までと!

 何か今までと違うよね!」みたいな。



 技法は今までと同じで、上手なんだけど、

 そこから醸し出される波動というか、周波数というか、

 それが今、「ワンランク上」という言葉が来ましたけど、

 地球より上?宇宙の波動みたいな、

 そこから醸し出されている。

 こう、渦巻のようにビューン、ビューンって回っているのが視える。



 波動は目に見えないんだけど、受け取った人は、

 「なんだろうなぁ、なんかこれいいですよねー!」って。



 モトちゃんは、昨年1年間ですごいエネルギー変換が起きているから、

 それができるようになるんでしょうね。

PageTop