聖なる樹のヒプノセラピー物語      

ヒッピーになりそこねた(15)


ママ: それで結局、何が起きたかというとね、

  フランスからスペインへ向かう国境辺りに、

  「バスク地方」っていうところがあるんだけど、

バスク地方

  当時、そこでよくテロ事件が起きていたらしいの。


私: こわ~っ!


ママ: うん、でも、

 今みたいにネットがあるわけじゃないし、

 情報は少なかったからね。

 なんにも知らなくて。


私: それで?


ママ: 列車の進行先の線路上に、

 爆弾を仕掛けたという情報が入って、

 見に行った警官が殺されたんだって。


私: え~っ?


ママ: それで、列車を止めて、

  危険区域をバスで迂回した、というわけ。


  現地の人たちはそういう事情を分かってるから、

  バスから降りるやいなや、

  われ先にと列車に乗り込んで

  すぐに自分の席を確保していたわけ。


私: そっか、非常事態のときはもう指定席なんて

  関係ないんだ。


ママ: それなのに、日本人は律儀だから、

  自分の指定席に戻ろうとしちゃって。(笑)


何はともあれ、このあと列車は無事に走り続け、

翌朝には、スペインの首都、マドリッドに到着した。



そして、ママたちが、

自分たちの身に何が起きたのかを知ったのは、

この翌日である。


ママ: もし言葉がわかっていたら、

  あのとき、何が起きているのか理解できるので、

  すごくこわくて不安だったかもしれない。


  でも、何にもわからないまま、

  急き立てられるように

  ただ、バスに乗ったり、

  列車に乗ったりしていただけだから、


  後で事件のことを聞かされても、

  「え~!そうだったんだ~」って

  なんか、他人事みたいだった。




 ミラクルメッセージ」を始めました!

   ご興味のある方はぜひお申込み下さいね~ (*^_^*)


 

   『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる!『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 
 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!



PageTop