FC2ブログ
 

聖なる樹のヒプノセラピー物語      

ヒッピーになりそこねた(30)

ママ: ある日本人の女性は、

  宿泊していたホテルで深夜、銃声が聞こえて、

  翌朝、中庭に銃弾が落ちていてびっくりした、

  って言ってたし。


  スリやひったくりも多かった。

  日本だと、スリって単独のイメージがあるでしょ?


私: うん、男性ひとりとか。


ママ: スペインでは、

  親子連れのスリもけっこういたの。


私: え~っ?


ママ: 小さい子供を連れたお母さんとか。


私: 家族だと、まさかスリだとは思わないよね。


ママ: そこを狙ってるんだね。

  ある日、横断歩道の信号待ちしてたんだけど、

  その日は微熱でぼ~っとしてたの。


  左隣に立ってた人が、

  「気を付けて!盗みよ!」って大声で言ってくれて。


  肩からかけていたバッグを見たら、

  右隣に立っていた女性が、

  そおっとバッグのファスナーを

  開けようとしていたみたいなんだけど、

  大声を聞いて、パッと手を放して、知らん顔。

  その人も小さい子供を二人連れていて・・・・。


  親子連れでも油断大敵。


私: 隣の人が教えてくれて良かったね。


ママ: もっとも、バッグの中には

  辞書しか入れてなかったけどね。

  貴重品はいつも上着の内ポケットに

  入れてたから。

  そして、ファスナーには「鈴」を付けて、

  誰かが触ると音で分かるようにしてた。


  でも、そんな日常を過ごしているうちに、

  いつのまにかすごく用心深くなって、


  帰国したときは、

  電車の中でバッグを膝に乗せたまま

  居眠りしている人たちを見ると、

  (ああ、危ない!盗られちゃう)って。(笑)



 

   『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる!『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 
 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、 こちら!

PageTop