聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第2章(1)~弟との出会い

さて、ある日のこと。
ママはとても興奮して帰ってきた。
(と言っても、ヒプノの教室の日は、大抵興奮して帰ってくるのだけど)。
 

その日は「過去世退行」の練習をしたそうだ。
ママは男性のAさんにセッションを行った。
Aさんは視覚派で過去世も映像ではっきり見えるそうだ。


「それがね、西暦600~800年位のハワイでの過去世だったんだけど」


「海のそばの村で父親、母親、お姉ちゃんと暮らしていたんだけど、
生まれつき特殊な力があって、
6歳で自分から家を出て、山へ行くの。
そして、山の神様を鎮める仕事をするの。
火山が噴火しないように、火口に赤いお花を投げ入れて
お祈りをするんだって。
だけど30歳を過ぎた時に、自分にはもうこの仕事は無理です、
って 訴えて、聞き入れられるんだって」


ママはちょっと間をおいて、
「・・・それでね、誰に聞きいれられたの?って聞いたらね、
『大いなる存在に』って答えたんだよ!
そして、それは”死”を意味するって!」


2年後、彼は病死する。
中間世に行った彼に、「この人生で学んだことは?」と聞くと、
「自分で決めた使命はやり遂げなければならない」と答えたそう。


ママはこの言葉を聞いてびっくりした。
かつて、全く同じ言葉をママ自身も言われたことがあったから
そう、そしてその時の(過去世の)想いこそが、
今生、ママをこの道に導いたのだ。


覚醒した彼はしばらくしてから、
「なんかさ~、あのお姉ちゃんって、マサコさんだった
ような気がする」とぼそっと言った。 



「ええっ、光栄だわん!」なんてママは浮かれていたけど、
(だってAさんはイケメンだから)
なぜママがAさんと今生、この教室で出会って、このセッションを
行うことになったのか、それは1カ月後に知ることになる。


そう、人生って本当にうまくできてるんだ。

PageTop