聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(3)

そもそも、ママは「文字」に興味があったわけではない。


ママ: 文字そのものではなくて、文字の「かたち」なんだよねえ。


昨年から「象形文字」が妙に気になり始めて、

象形文字って、森羅万象の「かたち」をシンボル化したもの、

つまり、自然界のエネルギーを表してるんじゃない?

って思い始めたのだった。


ママ: ねえ、エフちゃん、たとえば、

   「日」はさ、もともと太陽の形を

   こんな風にかたちどったものなんだけど、

   
yjim5ageTPTAYED2.jpg

   きっと、「かたち」だけでなくて、

   太陽のエネルギーも表してるんだと思うの。


ママがそう思ったのは、「レイキ」のシンボルも同様だからである。


西洋レイキでは、4つのシンボルを使うが、

あるシンボルは「物に作用する」エネルギーだし、

また、あるシンボルは「心に作用する」エネルギーだし、

遠隔用のシンボルもある。



ママ: 遠隔っていうのはさ、時空を飛ばすエネルギーなわけでしょ?

  それぞれのシンボルは、ある目的のために使うエネルギーを

  シンプルな「かたち」で表している。


  だから、たとえば、『日』だって、

  
yjima-ge.jpg

  太陽のエネルギーをシンボル化してシンプルな形で表している。


私: うん?

ママ: だから、そのシンボルを使えば、太陽エネルギーを用いることが

  できるってことだよね?


私: どうやって?


ママ: う~ん・・、そこなんだよねえ・・・。


でも、この話を昨年、講座の生徒さんとしていたら、

ママが「太陽をシンボル化するとさ・・」って言った瞬間に、

その生徒さんが、

「あっ! いま、丸の中に、チョン、っていうのが見えた!」って。

yjima-ge.jpg

まだ、この変遷

yjim5ageTPTAYED2.jpg

を話す前に。(笑)


だからさ、やっぱり人ってそんな風に、自然界のものを「シンボル」化して

捉えることができるんだなあって。


ママは「かたち」にエネルギーが宿っていることにとても興味を持っていて、


それは、


ママ: 植物や、色(光)や、音、数など、全ては個々の周波数を

  持っていて、実は、量子力学に行きついたときに、

  そっか、その周波数がカギだったのか、って気が付いたからなの。


人のメンタルの部分が、「病気」という身体の症状を引き起こす。

メンタルの部分、

感情とか意識とか、思考とかはすべて「素粒子」でできている。


そして、その素粒子は個々に振動している、


つまり、それぞれの周波数を放っているんだけど、


私たちの感情や思考によってその周波数が乱れると、

結果的に身体にひずみが現象として出てくる。


私: それが「病気」?


ママ: なんじゃないかと。

  だから、病気を治すには、

  原理としては、

  症状が出ている細胞の素粒子を正しい周波数に戻してあげれば

  いい
ってことになるよね?

  
  で、正しい周波数に戻すために、薬とか、

  色とか、音とか、植物の力とか、言霊とか

  そういうのを使ってるんだよね?






  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』 

         12月12日(月) 開催。 残席1名です。
      
  
 姉妹ブログ 『なぞけん通信』が始まりました~♪
     
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 もよろしく ♪



PageTop