聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(4)

症状が出ている細胞の素粒子に、

元々の正しい周波数の「何か」を持ってきて、

共振・共鳴させてあげれば、正常な周波数に戻
せることになる。


私: いつも歌ってる歌の音程が狂って、

  「あれ?ここの音程、どうだっけ?」って思ってるときに、

  誰かがそばに来て、正しい音程で歌ってくれると、

  それを真似てハモりながら

  「そうそう!」って正しい音程に修正される、そんな感じ?


ママ: ははは・・・・

  そうだね、誰かが正しいお手本を見せてくれれば、

  思い出すものね。


その「何か」が「色」だったり、「石」だったり、「音」だったり、

いろんなツールがあるんだけど、

「かたち」も気になっているというわけだ。


最初は幾何学模様も気になっていたんだけど、

あるとき、生徒さんの言った言葉がママの脳裏に残った。


昨年の秋に講座に来ていた生徒さんが、


「仕事で毎日業務日誌を書くんですけど、

あまりに字が下手なので、少しは練習しようかなと、

ひらがなから始めたんです。


そしたら、

『あ』とか、『い』とか書くと、

その字のエネルギーがくねくねと見えて

なんだか酔っちゃって・・・・」

みたいなことを言った。


へえ? 字のエネルギーが見える?


私: それで、ママは、

  そういえば、以前、

  同じような事を言った生徒R子さんがいたなあ、って思いついて、

  で、Tさに、デンマーク在住のR子に会いに行ったら?って

  提案したんだよね?


  それが、「今年頭の、海外浄化の旅」。


ママ: そうそう! (笑)

  そのころから、「字のエネルギー」というのが、

  頭の隅に残ってたんだね~。


だから、「神代文字」も、

何らかの森羅万象のエネルギーを表しているに違いない、って、

伝達手段としての「文字」ではなく、

エネルギーの象徴としての「文字」に関心を持ったのだ。


そして。


ママ: いろいろとネットを検索していたら、驚いた!

  やっぱり、その通りだった!

  「文字」のエネルギーを治療に使っている人がいたの!







  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』 

         12月12日(月) 開催。 残席1名です。
      
  
 姉妹ブログ 『なぞけん通信』が始まりました~♪
     
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

 姉妹ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』 もよろしく ♪





PageTop