聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(6)

で、話を9月24日の講座の日に戻すと・・・。


モトちゃんの、

「私、神代文字を教えたいの!」っていう発言から、

とんでもない展開になった。


ママが、

「ねえ、モトちゃんはなんで海外でお習字を教えたいんだっけ?」

って聞いたら、

モトちゃんは、

「国際交流のため」って答えた。


「海外の若者たちに日本の文化を教えたいんです」って。


ママ: なんで? なんで教えたいんだろう?


モトちゃん: やっぱり、日本の文化は素晴らしいと思うし・・・。



そのとき。

五次元マサコがこう言った。

「モトちゃんはそう思ってるけど、

本当の目的は、文字のエネルギーを教えに行くんだよね?」


え~っ?

そうなんだ!


3次元マサコが驚いた。

モトちゃんも、その場にいたみんなも驚いた。


「モトちゃんにはその役目があって、

だから、行かなくちゃいけないんだよね?」


そして、その任務はけっこう急がされているのだと思う。


だからこそ、龍はママを使って、

モトちゃんが抱えている大きな過去世を解放させ、

任務へ向かわせているのだ。


「ハワイに何か鍵がある!」


ママは、そう思った。


モトちゃんはそのためにハワイへ行くのだ、きっと。


ママ: だって、文字にはすごいエネルギーがあるんだよ?

  私たちが気づいてないことも有るんじゃないかな?

  今、地球が次元上昇の時代に入っていて、

  それで、みんながその文字のエネルギーに気付くべきときが

  来てるんじゃないの?


すると、モトちゃんが面白いことを言った。


モトちゃんには妹さんがいて、

その妹さんが幼稚園ぐらいのとき、

いつも不思議な文字を書いていたというのだ。


モトちゃん: 平仮名を教えても、の中に、チョン!って書いてみたり、

  なんだかわけのわからない文字をいっぱい書いていて、

  でも、本人は、それをちゃんと読めるの。


ママ:え~っ! それは興味深い!

  それ、古代文字だったのかな?

  私、ヒプノで彼女に退行をやってみたい!


モトちゃん: うん、私も今、古代文字の話を聞きながら、

  そう思ったの。ここに連れてきましょうか?


ママ: 私が行くよ。

  なんだか、モトちゃんのお習字教室に行かなくちゃいけない気がする

  から、そこで会うっていうのはどうかな?


話は決まり、


ママ: とにかく、今日は(モトちゃんが)時間がないから、

   ハワイのこと、筋肉反射で見てみよう?




  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』 

         12月12日(月) 開催。 残席1名です。
      
  
 姉妹ブログ 『なぞけん通信』が始まりました~♪
     
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop