聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(43)

手宮洞窟に到着。

IMG_2026.jpg 


まずは、観光客気分で、記念スタンプ。(笑)


手宮

この洞窟の陰刻画は、1600年ほど前のもので、

フゴッペ洞窟と同時代のものらしい。

ママ: 国内で、陰刻画は今のところ、フゴッペ洞窟と手宮洞窟しか

  発見されていないんだって。



ママは、ネット画像でこの彫刻を見た瞬間に、

胸の奥から熱い思いがこみ上げてきて、

矢も楯もたまらず、1週間後に飛んできてしまったんだけど、
IMG_2028.jpg 

ママ: ね? エフちゃん、どう見ても、宇宙人だよね?(笑)

手宮模写図 
(模写図)



4人で目を閉じて、

ここに残っているエネルギーが故郷の星に戻れるよう、お祈りをする。



すると。

残留していた宇宙人たちの魂が光になって、

上空に待機していたUFOに吸い上げられるかのように

上へ上へと昇って行った。

最後に、土地を浄化して、終わり。



ママ: なんかさ~、フゴッペと手宮以外にも、

  たくさんの痕跡があるんじゃないかな~?

  発見されていないだけでさ~。

  岩肌だから、露見していない限り、気付かないじゃない?

  まだいっぱい埋もれてる気がする。


その言葉を聞いて、

モトちゃんが、「そう!」と、まるで確信があるかのようにうなづいた。


私: ママは、なぜ、そう思ったの?

ママ: 残留している魂たちが、故郷に帰れるように、って

  祈った時にね、洞窟だけじゃなくて、

  北海道のあらゆるところに残っていたエネルギーが

  一斉に帰って行くのを感じたの。

モトちゃんも同じことを感じたのだろう。



ママ: 結局、ここには、「浄化」に来たのかなあ・・・。

長野のときと同じだな、ってママは思った。


お昼を食べて、

モトちゃんは、東京へとんぼ返り。


ママたちは、展望台へ。 

IMG_2031_convert_20161229000251.jpg 

紅葉に見とれながら、

ママは、「もう終わった」っていう気持ちになった自分に驚いていた。



ママ: 来る前は、

   「一泊して、アイヌの遺跡にも行かなくちゃ!」

   と思っていたのに、

   「もう私は終わったから、今すぐ東京へ帰ってもいいわ」

   ってね。(笑)

   今年の頭にデンマークへ行ったときも、

   最終日に同じような気持ちになったのよね。

   まあ、宿も予約してるし、帰るつもりもないけど、

   この、「ああ、終わった」感は、なんだろう?みたいな。



実際、ママに関しては、この日で終わっていたのである。

翌日の行動は、結果的には、キヨちゃんの解放だったから。



この夜は、キヨちゃん、ナナさん、ママの3人で、

郷土料理を堪能しつつ、

例のごとく、筋肉反射を使って、(笑)

翌日行くべき場所を特定してみた。



「アイヌに関わる場所」というのだけは、事前に降ってきていたので、

地元のナナさんが数か所をピックアップしてくれていた。
 


時間と距離を考慮して、3か所に絞ったものの、

筋肉反射の反応は、

意外にも、「北海道博物館」1か所のみだった。


「へえ~? まあ、いいや、決まり!」

というわけで、翌日の予定は決定。



ママ: ね、エフちゃん、あとで考えてみたら、

  アイヌ関連の施設に絞って(反応を)聞いたから、

  その1か所だったんだよね。



本当は、もう1か所、絶対に行かなければならない場所があって、

そこに驚きの展開が待っていたのだ。




  前回好評!  浄化のリラクゼーション』講座

        → 詳細は、こちら!

   
    第4回目は、来年1月9日(月曜、祝日)になります。
    



 
 『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』 

               
 姉妹ブログ 『なぞけん通信』が始まりました~♪
     
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!


PageTop