聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(49)

1カ月ぐらい前(昨年9月末)のミラクルセラピー講座。


ママは、この日の生徒であるミュウさんとクニさんに、

「日本の古代文字っていうのがあってね、
その文字に形のエネルギーがあるみたいなの」と説明して、

フトマニを見せた。


フトマニ 

すると、ミュウさんが、

「これは、文字のひとつひとつにエネルギーがありますね」って。


「なんだか、胸にざわざわきます。

細胞に働きかけるみたいです。

文字が細胞のエネルギーを変える、

つまり、細胞の周波数調整ができるんだと思います」


ママ: この文字を紐解くと、

  万能のエネルギーを使いこなせるんじゃないかと・・・。

ミュウ: そうだと思います。

ママ: すでに紐解かれているのかな?

ミュウ: エジプトの霊能者たち・・・。

  ピラミッドの力を紐解いている人たちは知っているはずです。


ママ: へ~、そうなんだあ・・・。

  じゃあ、こっちはどお?
 

カタカムナ文字を見せると、


カタカムナ 

「これは、フトマニよりも、ビリビリきます!」

「文字が光にしか見えない。

光が浮き出ている感じ。

宇宙エネルギーを感じますね」と言った。


そして、50音表のように表示されたものを見せると、

hyou01.jpg

「何もエネルギーを感じなくなりますね」

円になっていないと感じないのだという。


さらに、面白いことを言った。

ミュウ: カタカムナは、「光そのもの」って感じで、

  「色」は無いです。

  でも、フトマニの方は、

  なんだろう・・・・

  赤土色のような、レンガ色を濃くしたような・・・、

  そんな色が見える・・・。

  あ! そうだ、血液の色!


ママ: 血液の色・・・。

  やっぱり、体の治療に使うのかなあ・・・。

  って・・・・!

  あのお、字を見ると、色が見えるの?


ミュウ: わたし、子供の頃、ひらがなを書くと色が見えたの。

   たとえば、「あ」って書くと、赤い色が見えるの。

   で、みんなにも見えてると、ず~っと思っていて・・・。


結婚して子供が生まれ、

その子が小学校へあがって、ひらがなの練習をさせているときに、

何気なく、

「ほら、『あ』は赤いでしょう?」って言ったら、

「え? 字はみんな黒じゃん!」って言われて、

それで初めてみんなは色が見えないんだと気づいたのだとか。


ママは目を輝かせて、

「わ~!おもしろ~い! ひらがな、書いて、書いて!」って。


ミュウさんは快諾してくれて、

「子供の頃、いつも36色の色鉛筆で書いていたので、

それを使って書いてみますね」


で、4日後、

レイキティーチャー講座のときに持参してくれたのが、

これ!  ↓


ひらがな 

なんと、ひらがなだけではなく、

数字にも色が付いていました! (笑)


  前回好評!  浄化のリラクゼーション』講座参加者募集!

         1月9日(月曜、祝日)、10~15時。
         
 ★CDを差し上げます。

        → 内容の詳細は、こちら!

   
     → お申し込みは、こちら!





 
 『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop