聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(54)

沖縄の予定は、

11月26日 東京 ⇒ 那覇
11月27日 那覇 ⇒ 久高島
11月28日 久高島 ⇒ 宮古島
11月29日 宮古島 ⇒ 那覇
11月30日 那覇 ⇒ 東京


キヨ: 九高島のあと、宮古島に行きますけど、

  そこにモトちゃんは来る必要がありますか?


ママ: うん。モトちゃんが来ないと、私たちだけが宮古島へ行っても、

  玉を渡せないですよね。

  そうすると、今度は宮古島に置き去りになっちゃうんです、玉が。


キヨ: じゃぁ、久高島で手に入れる1個目の玉を統合する場所が、

  宮古島?


ママ: なんかね~、1個ずつ統合するのではないと思うんだよね。

  見つける都度、統合するんじゃなくて、

  6個揃ってから、いっぺんに統合なんじゃないかな。

  だって、見つけた都度、モトちゃんに統合してたら、

  ほかの勢力には、玉を奪うチャンスはないはずだよね?


私: は? ママ、何の話をしてるの?

  「ほかの勢力」って、なに?


ママ: あ・・・・!

  実は・・・・。


この6個の玉探しの話が浮上してから、

関わっている全員が同じことを感じていた。

「誰かが私たちの話を聞いてる!」って。


ママ: 私だけなら、勘違いかな?って思うけど、全員なの。

  玉の話になると、

  いつもなにか盗み聞きされているような気配を感じるの。


ママたちは、その存在を「闇の勢力」って呼んでいた。


ママ: ますます、怪しくなってきたよね。(笑)


私: その勢力は、玉を狙っているってこと?

ママ: うん、そう感じる。

  でも、たぶん、探し出せるのは、私たちだけなんだと思う。

  だから、行動を見張っていて、

  6個が全部揃う直前に、奪おうとしてるんじゃないかな。


私: え~? まさか、そんな小説みたいなこと・・・・

ママ: ほんとだってば!

  だって、ミュウさんもそう言ってたもん!


そうなのだ。

ママたちが北海道から帰ってきた翌日(11月4日)、

たまたまミュウさんとキヨちゃんが、

「1day心のデトックス ティーチャー講座」に来ていた。


そのときに、この「闇の勢力」の話になって、


ママが何気なく、

「そういえば、以前も指輪をしていたときに

宇宙人が交信してきて、こわい思いをしたことがあった」と話したら、


ミュウさんが急に、

「その指輪です!」と叫んだ。
 

  (指輪事件については、過去の記事をご覧ください)

  ⇒ 20140823の記事

  ⇒ 201405830の記事

  ⇒ 20140904の記事

  ⇒ 20140908の記事

  ⇒ 20140909の記事

  ⇒ 20140910の記事


「それ! その指輪! それがバリアーを張って、守ってくれる!

だから、指輪は、はめておいた方がいいんです!」


ママが、「え~っ? でもこれ、受信機だし・・・・」と言いながら、

指輪を右手の薬指にはめると、


ミュウさんは、じ~っと凝視して、

「はめる指が違います」と言った。


ミュウ: 左手の人差し指です。

  右手にはめると、受信機ですけど、

1 指輪 

  左の人差し指にはめると、バリアーを張れるんです。

2yubiwa  

そばで聞いていたキヨちゃんが、

「じゃあ、マサコさん、沖縄へ行くときに持っていかないと」って。

ママ: そして、この言葉こそが鍵だったの。


ママ: 今、考えてみれば、

  ミュウさんは一緒に玉探しをするメンバーではないけど、


  私たちが行動する合間合間の微妙なタイミングで講座に

  やってきては、

  いろいろと必要なことを言ってくれていたよね。


こんなふうに、シナリオというのは、

あとになると全体像が見え始めるので、面白い。
 

ママ: 本当にうまくできてる。(笑)



  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop