聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(59)

この日、(11月9日)の誘導では、


以前、フゴッペ洞窟から、「宇宙人」に話が及んだとき、

キヨちゃんが、「私、シュメール人が好きなんですよね~」

と言ったのを思い出し、それも視に行くことに。


(注: シュメール人は、紀元前3800年頃に現れて、

人類最古となる文明をメソポタミア地方南部に築き、

その後、突然、姿を消したといわれている)


シュメール人だったころの過去世が出てくるか、

試してみようと思い立ったのだ。


ママ: シュメール人の顔を思いうかべて・・・

  そこに意識を置いてください・・・。


  こどもだったあなたは、ご両親と一緒に地球に来て、

  ジャングルの中や森の中を、

  ワクワクしながら走り回ったり、観察したりしてるんですけど、

  あなたにはどんなことができる?


  たとえば、小石や木の葉っぱを並べて宇宙と交信したり・・・。


キヨ: はい、基本的には何でもできます。


ママ: (やっぱり、シュメール人だったんだ!) (笑)


  ねえ、エフちゃん、シュメール人って、目が異常に大きいの!

  ネットで検索してびっくりしたんだけど。

f800e378-s.jpg
  

  でも、いわれてみれば、キヨちゃんも目が大きくて、

  黒目の色がすご~く薄くて、じ~っと見てると、

  なんか、だんだんシュメール人に見えてくる~!(笑)



誘導を続ける。


ママ: 今生のキヨちゃんに当時の能力を統合したいんだけど、

  どうすればいいですか?


キヨ: たぶん、私が「統合する」って意識すれば、


  できると思います。

ママ: じゃあ、そうしてください・・・。


ママも目を閉じてみる。


ヴィジョンが視えた。

その当時の「能力」だろうか、

それがキヨちゃんの松果体に

す~っとインストールされていくイメージが来た。


ママ: その力をこれからどうやって使えばいいの?

キヨ: 使いたいときに助けてくれると思います。



ママ: (あ! そうだ!)

  私もシュメール人だったことがある?


キヨちゃんが、(当たり前じゃないですか!)と言わんばかりに

キヨ: そうなんじゃないですか?(笑)

  マサコさんは動物だった気がします。


ママ: (は・・・?)

キヨ: シュメール人たちと一緒に来た動物。

  でも、意志の疎通はできたみたいです。


マサコ: ど、どうぶつ・・・。

  人ではなかったわけね・・・。(ー_ー)!!


  あ、で、でも、

  シュメール人って、本当は形がないんでしょう? 

  エネルギー体だから。


  地球に降り立ったときは、

  肉体があるように具現化して見せるから、

  ああいう姿に見えたんですよね?


キヨ: はい


ママ: (ホッ・・・。そうだよね。

  だから、人間とか動物とか、あんまり関係ないんだよね?)


PageTop