聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代文字の謎(66)

ママ: ねえ、エフちゃん、私、今の話を聞きながら、

(注:講座中やセッション中は、ほとんど「五次元マサコ」がやっている。

三次元のママは同化した状態で、それを聞いているのだという)

  あの赤ちゃんのことを思い出していた。


私: ああ、障害を持って生まれた赤ちゃんが3年で光に帰っていって、

  神様のお手伝いをしてる、っていう?

  確か、肉体を持つ最後の人生だっていってたよね?


ママ: うん。

  生まれる前にどんな約束をしていたとしても、

  すべての記憶を忘れてくるわけだから、

  こちらの世界での「死」というかたちは受けれ難いよね・・・・。


  以前読んだ、『天国の真実』っていう本も、

  そういう前提で書かれてたっけ。


  17歳の男の子が事故死して、

  その子のお母さんは悲しみから立ち直れずにいるんだけど、

  高名な霊媒師二人から、同じことを告げられるの。


  「時が来れば、あなたは直接彼と話すようになる」 って。


  そして、本当に(事故から)14年後に

  息子さんからメッセージが届くようになるの。


  彼は、あちらの(目に見えない)世界のことをいろいろと教えてくれる。

  輪廻転生や人生のしくみ、高次の存在のこと、

  人は死ぬとどうなるのか・・・。


  お母さんはそれを本にしてみんなに伝える役なの。


私: それは、その男の子が生まれる前から決めてきていたことなの?


ママ: うん。ちゃんとお母さんとも合意の上なの。

  ふたりでそんな風にして、 天国の真実をみんなに伝えようね、って。


  みんな自分の人生のシナリオって決めてくるんだけどね、


  家族とか仕事とか、(こちらの世界で)関わりを持つ人たちと、

  お互いがどんな役を演じるのか、

  事前に一緒に話し合って決めてきてるんだよね。


  で、こういう話をすると、

  「え~? じゃあ、私はあの姑にいじめられるのを

  自分で決めてきたってことですか?

  (そんなの信じられない!こんなに苦しんでるのに)」

  って思う人がほとんどなんだけど、(笑)


  でも、本当にそうなの。

  
  私も、人間関係が苦しいときに、

  ヒプノでいくつもいくつも見にいったけど、

  やっぱりそういうシナリオになってた。



  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。