聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(85)

ママ: ナナさんが昨夜、

  「島へ行く前に行かなければいけないところがある気がする」

  って言ったのは、「玉泉洞」だったんだね~。

  直観、冴えまくってるよね!

と話していたら、

身支度をしていたナナさんに、また何かが降ってきた。


ナナ: そういえば!

   私、昔(象形文字)の太陽のマーク?

   「にチョン」っていうのが、ずっと気になってたんだけど、

丸題
   ほら、マサコさんのブログにも書いてたじゃないですか、

   レイキ伝授の時、

   男の子が出てきて、
腰に「にチョン」の入れ墨があって・・・。


ママ: あ~、あったね、そんな話。


ナナ: それが昨日あたりからすごく気になって 、

  なんか、[に十字]、っていうか、4分割されているようなマーク?

  それが今、すごく気になり始めて・・・。

yjimage.jpg 

ママ: ああ、そのマーク、古代文字に必ず出てくるよね?


ナナ: 行かないといけない場所が4か所なのかと思ったけど、

  筋肉反射では、「違う」と出るし・・・なにかなあ?


ママ: これ、4か所とかじゃなくて、

  この文字自体に何か意味があるんじゃないかな?


それ以上のことは誰にもわからなかった。


まさか、この後に訪れる「沖縄ワールド」で

このマークにお目にかかるなんて、予想だにしていなかった。


ナナさんの直観は、本当に冴えまくっていたのである。





  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!



PageTop