聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代文字の謎(88)

「ここに行かなくてはいけない!」という直観が働いて、入館。


「王国歴史」だから、琉球王国の歴史かと思ったら、

館内の展示は、世界中のシーサーばかり。

jm-hakubutukan.jpg 

ママは、なんでここが目に留まったのかなあ?って不思議に思った。

これといって見るべきものもなさそうなのに・・・。


出口近くまで来たら、

「琉球王国の歴史」を紹介するDVDが上映されていた。

全23分間。


これから久高島へ渡って儀式に臨むというのに、

琉球王国のことを何も下調べせずに来たママにとっては、うってつけ。(笑)


殆どの観光客はスルーしていたけど、

ママたち3人だけは着席して見ることにした。


DVDは既に終盤あたり・・・。

まあ、終わりまでいったら、また最初に戻って上映されるのだから、

別にかまわない。


内容はわかりやすかった。

琉球王国は15世紀~19世紀にかけて、450年間も続いたのだそう。

中国をはじめ、朝鮮や東南アジア諸国との外交・貿易も盛んで、

首里城はその中心であったらしい。


琉球王朝の皇帝の交代時に、

中国の明からは、

冊封使(さっぷうし)といわれる約500人もの使節団がやって来て、

およそ半年間にわたって滞在したのだそう。


DVDでは、

踊奉行を設け、数多くの舞踊や演劇を披露するなど、

彼らをもてなす様子が映っていたんだけど、

何気なく見たこの場面が、ママにすごく関係していたなんて、

このときは知る由もなかった。


そして、

いよいよ、ママたちがビデオを見始めた終盤あたりにさしかかったころ、


突然、画面にあのマークが・・・!

yjimage.jpg

ママ、キヨ、ナナ:
 あっ!


その声に驚いて、

館内にいた人たちが、一斉にこちらを向いた。




  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。