聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代文字の謎(90)

さて、

「沖縄ワールド」を後にして、駐車場まで来ると、小雨になっていた。


時刻は12時30分。


ママ:やっぱり、こうなってたんだね~。

  この時間から久高島へ渡ろうと思う人はいないものね。


お昼は、たまたま見つけた「まんぷく食堂」で。


店内は地元の人で賑わっている。

創業1984年、31年間も続く由緒あるお店で、

「山羊汁」は、看板メニューらしい。

ナナさんは躊躇なく、「山羊汁」。

牛汁、奈穂さんはヤギ汁_8887

食べることにはとても関心が強く、

旅先では名物料理なら(ゲテモノでも?)とりあえずトライするのだとか。


ママ: 黙々と食べてたけど、臭かったみたい。(笑)


面白半分に、

なぜナナさんが山羊汁を食べるのか、リーディングをしてみると・・。

昔は、儀式のときにヤギを食べる習慣があったか何かで、

このお店に来る必要があった、と。


「儀式って、私たちの場合は、久高島の儀式かな?」と話しが盛り上がる。

ナナ: 儀式のとき、

  この真珠のペンダントをに額にぶら下げればいいかな?

ママ: そうだね、私はあの指輪だね。


私: ん? どういうこと?


ママ: なんのきっかけだったのか忘れちゃったんだけど、

  儀式のときに各々が石を身に付けておく必要があるという話になって。

  もしかして、斎場御嶽から久高島を見たときに、

  女神みたいな人が額にペンダントをぶら下げていたからだったかな?

  まあ、とにかくそういうことになって、

  そういえば、指輪には3本のクリスタルがついてるんだけど、
 
IMG_0371.jpg
 
 もしかして、これって私たち3人のこと?って思いついて、

  筋肉反射をとったら、「イエス」って出たの。

  レムリア時代の3人の力を示してる、って。


私: ええっ? それって、こじつけでは・・・?

ママ: かもね! ははは・・・。

  そうやって、旅を限りなく楽しんでる。(笑)


キヨちゃんも石を調達しなくちゃね、ということで、

フェリー乗り場へ行って久高島行きの予約を入れた後、

ビーチで石探し。

候補の石をいくつか拾い、最終的に筋反で2つを選んだ。


これで準備万端、整ったので、

「まんまるカフェ」で乗船時刻まで時間をつぶす。

500_11086891.jpg

ママ: 実はこのカフェで、美味しそうなベーグルを売っていて・・・。

  食べ物には目のないナナさんがお買い上げ。(笑)

  私もつられて買ったんだけど、

  翌日の儀式のお供えになっちゃったの!(笑)



  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。