聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(104)

モトちゃんは、

「すごい、すごい!ここのパワーは半端ない!

ここは光に包まれている!」

って、大感動、大絶賛!


ママも、「ここって、異次元!」って感じていたけど、

その理由がわかった気がした。


ママ: ねえ、ねえ、

 ここって、

 新城定吉さんという方が、天の啓示を受けて、

 庭に埋まった巨石を掘り出して、

 積み上げた、って言ってたでしょう?


 「天啓」って、

 地底人からのメッセージだったんじゃないかな?


モトちゃんが、うなづいた。

「うん、そう!地底人」


だよね~!

だって、波動が、なんか、独特なんだもん。


石庭に入ってすぐに、大きな大きなガジュマルの樹が。

ママ: わ~い! 写真、撮って~!

樹の前に立って写真を撮ろうとしたら・・・。 

㊼2016沖縄の旅_2363

樹: (あなたの)セッションルームにあるガジュマルは、

 わたしの子供だよ。

ママはその声に驚いて振り向いた。

㊽2016沖縄の旅_8685 

ママ: そ、そうだったんですね!

 大切にします!


次に目についたのが、

『天から神が昇り降りしていた場所跡』 

⑤2016沖縄の旅_6420


3段の階段の上に、

まるで鏡餅の上のみかんのように、石が載っている。

img_6.jpg 

「(こちらに)参れ」と言われたような気がして、近づくと、

仙人とも天狗とも見て取れるような人が、

白い巻物をくれた。


うやうやしく受け取ると、

「しっかり真理を伝えなさい」って。


キヨちゃんがお参りすると、

大きな十字の光が、頭上から空に向けて

ピーッと瞬くのが見えた。


それを伝えると、

ナナ: 私も!お参りするから、マサコさん、見てて!

ママ: うん。


ナナさんが合掌すると、

「翡翠(ひすい)」という言葉がきた。

そして、緑色の太い光の柱がナナさんの頭頂に降りてきて、

頭の中でグルグルと渦巻き、松果体を包み込んだ。

ナナさんは、それを聞いて、

「翡翠、好きなんだよね!」って、喜んでいた。


モトちゃんは、ここで「龍神」を感じると言った。

モト: 「仲間」っていう言葉がきた。


久高島へ来る前、

私たち4人の関係は何だろうね?って話した時に、、

モトちゃんは、

「私は龍で、ほかの3人は神様。

だから、サポートをしてくれてるのかも」って言ったけど、


この場所では、ママは、

「みんな同じ」っていう感覚がきた。

神とか、龍とか、表現は違うけど、

元は天界の同じ光だったんじゃないかな、って。


ママ: そしてね、エフちゃん、

 このあと、4か月もしないうちに、

 実はその通りだったっていう、驚愕の事実が判明するの!


その話は、また後日・・・。




  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop