聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(107)

書き換えは・・・


ママは、思わず、「おもしろ~い!」と叫んだ。(笑)


ママ: このときの人生では、

 やがて今生に繋がることがわかっていたの!


 また転生して、転生して、ここで巡り合って、

 その時に、君はこの閉ざしていた心を、

 (あ~!鳥肌!)

 開くっていうふうにしようね、って。


 「上」の時間で見たときには、 それは、

 30分とか1時間とか、

 すごく短いサイクルなんです。


 でも、人間界から見たら、

 また何十年も、何百年も生きる、

 ってことになるんですけど。


 だから、

 こういうふうにしようか、ここはこうする?みたいに

 まるで、4コマ漫画のように決めていた、

 その続きの人生を今世でやってるだけなんです。



 では、今、書き換えますね。

 えっと、最初の方は同じ状況なんですけど、

 お腹に赤ちゃんができた頃から、

 ちょっと気持ちが変わってきてますね~。


 なぜなら、ご主人が、すごく楽しみにしてくれて、

 私たちの子供が生まれるね、って

 目を細めながら言うんですけど、

 その言葉にとっても愛があるの。


 で、その時に、

 「ああ、この人は、

 私たちの間に新たな命が生まれることを、

 こんなにも喜んでくれているんだ」と思って、

 この女性の胸の中で何かが変わるんです。


 そうしたら、

 恋人に会っていても、なんかもう、

 新しい命の方に気持ちを奪われていて、

 彼に対して、今までと同じ気持ちが

 持てなくなっている自分に気が付いたの。


 それで、使いの者に文を持たせて、

 もう会うのを終わりにしましょうと。


 子供が生まれたら、可愛くて仕方がなくて

 彼が愛情を持った眼差しで我が子を見つめるんですけど、

 それを見ていて、なんとなく、

 人を愛するとか、愛でるって、

 こういうことなのかな?って。

 それを彼女は学ぶんです。

 
 そして、

 平凡だったけれども、

 すごく幸せな人生を過ごしていますね。


 「ああ、また、この人たちと、(鳥肌)

 神様、また、この人たちと一緒に、

 どうか、私は生まれ変わりたい」

 亡くなるときに、そう思ってます。


 だから、今世でまた家族になっているんです。



 3月25日(土) モニターさん募集中!→詳細は、こちら!





  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop