聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代文字の謎(109)

モトちゃんが撮った光の写真たち。

㊿2016沖縄の旅_6642 

㊻2016沖縄の旅_4687 

㊲2016沖縄の旅_6017 

㉞2016沖縄の旅_8259 

㉖2016沖縄の旅_4506  

㉙2016沖縄の旅_7066  

⑧2016沖縄の旅_87 

①2016沖縄の旅_3809 


石庭は、地球の核からエネルギーが吹き上げていると

いう説もあり、

ママ: そうかも。
 
 「上」からというよりも、 下からって感じ。


だとしたら、初日に鍾乳洞で地底世界を浄化したのも、

何か関係があったのかもしれない。


そして、ママはこう思った。

「宮古島は宇宙人が降りてきた島なんだね~、きっと」

モトちゃんも、

「宇宙人がいるなあっていうのと、

あと、地底人も感じました」

ママ: 龍は?

モト: 龍は上からずっと見ていてくれましたね。


ママたちは最後に本を買った。

83x83l83838393_5.jpg 

石庭は個人所有である。

それを公開してくれている。

入るときは、お宅に声をかけて

200円を払い、地図をもらう。

そのお金は庭の維持管理費に回すのだそう。


ボタンティアの方々が、木々や雑草の手入れなど、

定期的にメンテナンスをしてくださっているそうで、

そういう方へのお昼代などに使われているのだとか。


これだけ広い庭なのだから、

さぞかし手入れは大変だろうなあと思った。

そういうわけで、拝観させていただいたお礼に、

ひとり1冊ずつ、新城さんの著書を購入した。



石庭を後にして、昼食。

 宮古そば
宮古そば 

モトちゃんは仕事のため、一足先に東京へ帰る。

ママたち3人は、那覇で一泊の予定。


↓ (宮古島から那覇へ戻る飛行機の中から撮影。)

IMG_2303.jpg 

(沖縄での任務は終わったなあ、って感無量)


ホテルに荷物を置いて、

那覇の中心地である国際通りを、

ショッピングがてら、ぶらぶらと見て歩く。


夜になり、

さあ、夕食はどうしようかとキョロキョロ周囲を見回し、

ふと目に留まったのが、

いかにも沖縄、という風情の建物。

26643800.jpg

ママ: あそこにする?

 キヨちゃん、筋反、お願い! よし、OKだね!


入口を入ると、お店のスタッフの方が、

「ちょうど今から琉球舞踊のショーがありますけど、

いかがですか?あと5分で始まります」

と言いながら、

「あっ!それ!」


たまたまナナさんが手にしていた雑誌『るるぶ』を指して、

「うちの店のクーポンがついてますよ!」

ちょっと貸してください、と手に取り、

ぱらっとめくったそのページに、

「ほら!」


パラパラめくって探すのではなく、

最初に開いたページにそのお店が載っていたのが

可笑しくて、ママは、「すごい!」って大笑い。


ビール1杯無料か、琉球舞踊半額か

どちらかの選択。


ママは、琉球舞踊に全く興味がなかったので、

「ビールでいいんじゃない?」

キヨ: うん、そっちがいいです!


ところが・・・。


ナナ: 私は見たいなあ。

ママ、キヨ: あ、そうなの?

 じゃあ、琉球舞踊にしようか。


スタッフに案内されて、

エレベーターに乗り込み、3Fへ。


そのエレベーターの中で、

ナナさんが不思議なことを言った。


ナナ: 私じゃなくて、

ふたりのため(に観るん)じゃないかな?

ママ: え?私とキヨちゃん?

ナナ: うん。そんな気がして。


沖縄に来てからのナナさんの直観が、

恐ろしいほどに冴えまくっていたのは周知の通り。


そして、このときもとんでもないことになった。



 3月25日(土) モニターさん募集中!→詳細は、こちら!





  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。