聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(116)

さて、その3日後。(12月6日)


半年前に講座を卒業したミワちゃんが、

「ヒプノセラピー過去世1day講座」を受けに来た。


ママ: ミラクルセラピー講座でも、

 「過去世リーディング」はやるんだけどね、

 ヒプノセラピーの「過去世退行」を勉強すると、

 リーディングの幅がぐっと広がるの。


 だから、過去世リーディングに興味のある人には、

 おすすめの講座。


ヒプノセラピーのやり方を説明して、

実際にヒプノも受けてもらう。


すでに「ミラクルセラピー講座」を修了しているので、

過去世がばっちり視えるから、

誘導するママも面白くて仕方がない。


ミワちゃんも、「わ~!たのしい~!」って。


ママ: で、この日は、「解放すべき過去世」を

 視に行ったんだけどね、そしたら、今のご両親との

 過去世が出てきたの。


 ガイドに、

 「なぜ今日、この過去世を視せたの?」って聞いたら、

 「ようやく時期が来た」って!


 「人生の途中から自分を見失っている部分が

 あったけど、講座を受けたことがきっかけで、

 やっと自分らしさが戻ってきたから、

 今がいろんなことを手放すチャンス、

 どんどん手放しなさい」って。


そして、

 「すべてを手放して、次のステージへ行くチャンスが

来ているから、急ぎなさい」と。


ママが、「へえ~っ、そうなんだ~!」と感心していると、


ミワちゃんが、

「年末に沖縄へ行くんです。

それも関係あるのかな?」


ママ: えっ?私たちも行ってきたばかりなんだよ?

ミワ: はい、だからこのタイミングが不思議で・・・。


ママ: ふうん、そっかあ・・・。


過去世の解放でもあるのかなと思ったけど、

このときはあまり気に留めていなかった。


意外な事実が浮上したのは、その翌日のこと・・・。




  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop