聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(118)

私: どうしたの?


ママ: エフちゃん、このときの母親って、わたし!


わたし: えっ? ママ?


ママ: うん。

 このとき、ミワちゃんと親子だったんだ~。


 なんで亡くなったのかなあ・・・。

 ああ、大きな嵐がきたときに、女性たちが海岸に行って

 神に祈りを捧げたんだね。

 島に被害が及ばないように、って。


 で、私は崖の最前列で祈っていたんだけど、

 高波にさらわれて、海に投げ出されたみたい。


 それにしても・・・


 昨日、沖縄へ行くことを聞いて、

 今日、その過去世を解放することになるなんてね。


 もう解放しちゃったから、

 きっと現地へはそのときの力の統合に行くんだね。



ママはこの時、まだ気が付いていなかった。


実はミワちゃんも

「神のプロジェクト」に関わっていることを。


それが証拠に・・・


約10日後のミラクルセラピー講座で、

驚くべきことが起きた。
 


この日は、ナナさん、キヨちゃんの8回目(最終講座)。


ママはなぜか、急に思いついて、

ミワちゃんにも少し顔を出せば?って声をかけた。


この日は、モトちゃんも来ることになっていたし、

新しく講座生になったノンちゃんも呼んでいた。


私: ママを入れて、全部で6人だね?


ママ: そう。6人、っていうのが鍵だったんだよね。



  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop