聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古代文字の謎(137)

さて、この翌日。


生徒U子さんのレイキ伝授2回目。

2回目のときは、レイキ整体を行うので、

ナナさんとキヨちゃんにも来てもらう。


「レイキマラソン」の練習ができるから。

私: レイキマラソン?


ママ: ひとりの人に、複数の人でヒーリングをするの。

 たとえば二人でやると、2倍ではなくて、2乗倍に

 なるんだって。

 受けてる人は、みんなに一斉にやってもらうと、

 体がぽかぽかして、すっごく気持ちいいの。


それに、レイキは使えば使うほどパイプが太くなるから、

実地練習の場は多いほどいい。


  ↓ こんな感じ・・・。

IMG_1192.jpg 

で、夜は二人を誘って、食事へ。

昨日の龍の解放、面白かったね!って盛り上がっていたら、

モトちゃんからLINEが入った。


「背中から両腕が痛いのですが、なんでしょうか?

こういう時にもレイキをやると良いのでしょうか?」って。


モトちゃんはもうすぐレイキ伝授を受ける予定である。


ママが、ふたりにリーディングを促すと、

「天使の羽がもげかけてるのが視える」と。


キヨちゃんが解放すると、モトちゃんが電話の向こうで、

「痛みが軽くなった」と言った。


ママ: エフちゃん、私ね、

  誰かがモトちゃんの後ろから

  覆いかぶさるようにしている影を感じたんだけど、

  軽くなったって言ったから、まっ、いっか、と思って。


モトちゃんと話していたキヨちゃんが、

「マサコさん、電話、代わって下さい」


ママ: どうしたの?

キヨ: なんか、ほかにも人間関係の悩みがあるそうです。

 人間関係はマサコさんの得意分野だから。

ママ: (苦笑)


ママがこれまでやってきた例では、

人間関係は、ほぼ100%が過去世に起因している。


それは、人が輪廻転生するからだと思う。

転生しながら、同じ人と何度も何度も出会うことになる。


ママ: 同じ劇団員同志で、新しい人生になるたびに、

 「今度の芝居はどんな内容にする?」って決めて、

 その都度、配役をチェンジしているようなもの。

 特に、家族とか、恋人とか、親友とか、

 仕事関係の親しい人とかは、

 たいてい劇団の主要メンバーなの。


 で、仲良しを演じるときはいいんだけど、

 学びのために悪役を演じるときもあって、

 そういうときの「感情」が潜在意識に残って、

 今生の人間関係に影響する。


 だから、過去世を視て、そのときの「感情」を

 とってしまえば、手っ取り早く

 人間関係の改善ができるみたいなの。



モトちゃんの悩みとは・・・


最近、あるセミナーに参加した。

その参加者たちで忘年会を行うことになった。

是非参加したいんだけど、

幹事Aさんと、副幹事Bさんが

モトちゃんをすごくこわい目で見るのが気になって

躊躇しているんのだという。


三者間には、トラブルも何もないというのに・・・


それを聞いたとき、ママは「あっ!」と思った。

ママが感じた、「覆いかぶさる影」は、Aさんだった。


ママ: そのふたりは、過去世で「赤い龍」族。

 兄と妹だったみたい。

 モトちゃんは、当時、「白い龍」族の長なの。


またしても、龍族の解放・・・。


ママ: ふたりは、モトちゃんに復讐しようとして、狙っている。


モト: 復讐・・・?


ママ: うん。幼い頃に両親を殺されて、

 族の長老に育てられたんだけど、

 その長老から、親を殺したのは

 白い龍族だと聞かされているの。

 当時の二人はまだ若くて未熟だったから、

 復讐を果たせなかった。

 だから、転生しながら、モトちゃんを追いかけ続けているの。


モト: それで、あんな睨むような目で私を見るのね・・・。




 姉妹版ブログ 『聖なる樹のセラピー日記』は、こちら!

  『聖なる樹』のHPは、こちら!

  たった1日で心の解放が習得できる! 『心のデトックス 1dayクラス』     
    
 
セッションのお申し込みは、こちら! 

 ミラクルセラピー講座』 の受講生受付中! 詳細はこちら!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。