聖なる樹のヒプノセラピー物語      

古代文字の謎(164)

モトちゃんだけではなく、キヨちゃんも、ナナさんも、

このころ関わっていた生徒さんたちは、

みんな富士王朝と関係があった。



ママ: だからね、面白かったのが、

 昨年の11月に沖縄へ行ったときは、

 周りの人たちが、我も我もって感じで

 同時期にたくさん沖縄へ行ったんだけど、

 今回は、富士山へ行った人がたくさんいたの!(笑)



最初、ママたちは、7月ぐらいに行くのかな?

ぐらいの気持ちでいたんだけど、

もっと早まっている気がしてきて、

「え? じゃあ、6月?」

次には、「5月かも・・・・」って。



そしたら、4月のある日、

ママと電話で話していたモトちゃんが、突然、

「4月じゃないですか?」って言い出した。


ママ: は? 今月? だって、今日はもう10日だよ?


モト: わたし、今度の土日(15、16日)、空いてますけど。


いつもいつも仕事で忙しく飛び回っているモトちゃんが?


モト: 土日は用事があったんだですけど、

 急に空いたんです。


ママ: いやいや、いくらなんでも急すぎるでしょ・・・

って言いかけて、ママは「アッ!」と叫んだ。


ママ: 15、16日って、

 ナナさんが東京へ来る日なんだよね。


 15日は点描曼荼羅講座があるから、

 行くとしたら、16日だけど・・・。


私: うわ~! うそお!

 ママ、いくらなんでも、うまくできすぎてない?


ママ: そうだよね、その日なら、

 北海道のナナさんが同行できるなんてね。


すでに深夜だったけど、

ママはキヨちゃんにLINEを送ってみた。

 「16日は空いてますか?」


キヨちゃんもモトちゃんに劣らず、超多忙な人である。


1週間後の日曜日が空いてるなんて、

普通だったら、まずあり得ない。



でも・・・・

もし、空いていたとしたら・・・?


それは、このタイミングで「行け」ってことかも・・・。

PageTop