fc2ブログ
 

聖なる樹のヒプノセラピー物語      

過去世リーディングセラピー(10)

初めての方へ⇒★このブログは、私(エフちゃん)が、セラピストであるママのことを綴ったものです。潜在意識の不思議な世界のことを書いていて、2011年からの物語形式になっています。目次はこちら



たとえば、なかなか治らなかった病気や症状が

1回の過去世解放で

見事に治ってしまうのを

たまたま目の当たりにしたりすると、

つい、そのツールを使って

周りの人を助けたくなってしまう。


優しい人ほどその傾向がある。


ママ: でもね、同情は「愛」ではないんだよね。

  だからこそ、技法だけではなくて

  人生のしくみとか、

  「真理」をしっかり学ぶことが大切なの。


(と、ママは「上」からいつも言われている。

あなたは真理を教えなさい、って)。


翌日、F氏からメールがきた。


下半身不随になったその方の

ヒーリングを行ったそうである。


「ヒーリングしながら、ふと右上を見ると、

なんとなく半透明の巻物のようなものが

見えました。

人生のストーリーを書いてあるような気がします。

でも読めません。

読める文字に変換して下さいと

「上」にお願いしてみましたが

読めませんでした」

と書いてあった。


ママは、

「病気には本人のシナリオが介在していることも

念頭に置いておく必要がある」

とF氏に告げたことを受けて、


ガイドが

そうだよ、ほらね、と

肯定してくれたような気がした。


ママ: なんとか治してあげたいという気持ちは

  わかるんだけど、

  本当は、自分がそう思っている「気持ち」を

  手放す事こそがポイント
なんだよね。

  エフちゃん、なぜかわかる?


私: えっと、

  この世界がパラレルになってるから

  だっけ?

globe-73397__180.jpg 

ママ: すごい、その通り!

  「引き寄せ」のときにもこの原理に触れたけど、

  「想い」が現実を創る、でしょう?

  つまり、

  自分が「想う」世界を視ることになる


  だから、

  「この人は病気だ、

  治してあげたい」と想えば、

  「その人が病気である」世界を視て、

  そこには

  「治してあげたい」と思うF氏が

  存在することになるの。


ママはF氏にそのことをメールした。  


こんなふうに。

「ご相談いただいた●●さんの件ですが、

まずはFさんが抱いている思い、

たとえば、

心配しているとか、

気にしているとか

何とかしてあげたいとか、

それを解放なさってみてください。


ご自分が「何とかしてあげたい」と思っている限り、

Fさんが見る世界はその現実になります。


私も生徒さんから相談を受けると、

何とかしてあげられないかな・・・と

考えている自分にはっと気がついて

あわてて解放することがよくあります。笑」




   この物語の「目次」はこちら!



虹 過去世リーディングセラピー講座」の詳細はこちら!。 

 

ベル 姉妹版ブログ

『聖なる樹のセラピー日記』も読んでね!  

 

 虹 おすすめメニュー

プペコン とにかく人生が楽になる!

      右 心のデトックス1day講座 

プペコン 不思議な体験をしてみたい!

      右 ミラクルセラピーセッション

プペコン 電話やスカイプでセッションを受けたい

      右 遠隔セッション

プペコン 潜在意識の世界を知りたい!

      右 ミラクルセラピー講座

プペコン 直観を磨いて引き寄せ体質になりたい!

      右 レイキ伝授
プペコン 自分をプラス思考にするには、これ!
   右 「ハッピー・ノート」

プペコン「聖なる樹」のHPは!右 聖なる樹

 



PageTop