聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第15章~人生のシナリオ(4)

更に、「シナリオ通り」の圧巻ともいうべき出来事が半年後に起きた。

ママは、今でもそのときの話になると、
「信じられない。本当にあんな不思議なことってあるんだね」と感慨深げだ。

それは、Y子さんのメールから始まった。

Y子さんというのは、ママがアロマテラピーの講習を受けに行ったときに、 後ろの席に座っていた人である。

3日間同じ席に座っていたので、一緒にお昼を食べたり、
最終日にはカフェでお茶をしたりもした。

それっきりだったのだが、3ヶ月経って、突然メールが来たのだった。

たまたま用事があって、(ママの家の)近くまで来ているという内容だった。

後で聞いたところでは、「ふと」、ママのことを思い出して、
メールをしたとのことだった。

ママは「何となく」、Y子さんの用事が終わった後に、時間があるのなら
お茶をするのもいいかな、と思った。

最初はママが出かけていくつもりだった。

が、「急に気が変わり」、
良かったら、遊びに来ない?と家に招くことにしたのだった。

ママ、その、「ふと」、「何となく」、「急に気が変わり」、って、
ぜ~んぶ、「シナリオ」なんでしょ?

「後で考えると、そうだよね」

もちろん、その時点では、ママは何にも気付いていなかったんだけど。

PageTop