聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第16章~ペットと繋がる(11)

それから2日後。

また、ワンちゃんが夢に現れた。

今度は、庭にワンちゃんのケージが置いてあって、ワンちゃんはその中にいる。

家から出てきたママはそれを見てびっくりする。

「なんで、外にいるの?」

家の中に置いてあるケージが、いつの間に庭に?

夢から覚めたママは物悲しい気持ちで一杯だった。

家の中で一緒に暮らしていても、ワンちゃんの気持ちは家族から置き去りにされて ひとりぼっち、というのが伝わってきたからだ。

家の外にぽつんと置かれたケージはそれを物語っていた。

「ごめんね、ごめんね」

ママはワンちゃんを抱きしめた。


PageTop