聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第16章~ペットと繋がる(19)

確かに、動物と会話ができたらいいな、とは思った。

何を考えているかがわかるし、 例えば病気なども、どこがどういう風に痛いのか聞ければ対処が出来るし。

でも・・・・。

みつるお兄ちゃんが言った。

そうだよね。
むこうから散歩してくる犬が、通りすがりに、
「助けて!虐待されてるの」と言ったら、どうしていいのか、わからないよね。

そうだ・・・・。

なまじ、言葉が通じたら、そんなことだってあり得るんだ・・・・。

何もできない自分に苦しむだろう。

だけど。

なんで、こんなにうろたえたのか。

ママは、気になって仕方がない。

そうだ! こんなときこそ、ヒプノ!

もし、自分が人に言われた言葉や、何かの出来事に
妙にひっかかるとき。

自分の中に同じような感情がフリーズされて残っているからかもしれない。

潜在意識はそれを記憶しているので、再び同じような経験をすると なぜか気になるのだ。

表面意識ではわからない。

「ヒプノで、潜在意識に見に行ってみよう」と、ママは言った。

「きっと、何かある」

PageTop