聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第16章~ペットと繋がる(23)

ああ・・・・そうか、そうなんだ。

「意識を向ける先」が、とても重要だということを、ママは最近学んだばかりだ。

どうやら「思考」は現実化するらしい。

だから、自分の思考を何に向けるかはとても大事。

例えば、マザ-・テレサは、
「私は反戦運動に参加しません。しかし平和運動なら参加します」
と言ったそうである。

「戦争反対」と言えば、意識が、エネルギーが、「戦争」に向いてしまう。

つまり、「戦争」にスポットを当ててしまう。

結果、戦争を推進してしまう、ということらしいのだ。

スポーツ選手が、
頭の中で「成功する」シュミレーションを、繰り返し思い描いてから試合に望むのも 同じ理由なのだと思う。

「失敗したらどうしよう」とか、 「失敗しませんように」と考えて試合に出るのとでは、メンタル面でかなり違うと思う。

ヒプノの退行でもその事例は良く出てくる。

例えば学校で、意地悪な人に傷つくようなことを言われたとする。

クラス替えがあったときに、たまたま似たようなタイプの人がいたとする。

「大丈夫かな、また意地悪されないかな」と思い続けていると、本当にその事象を 引き寄せてしまいやすい。

「だから、動物のマスターは、よからぬことをする人間に、いつまでも意識を向け続けちゃ駄目って 言ったんだね?」

「うん、エフちゃん。それにいつまでもそっちばかり見ていたら、ママの怒りもいつまでも続くわけでしょう? 手放すことは出来ないよね」


場所:東京都 目黒

☆参加資格は全日程参加できる方です。

お問合せはホームページからどうぞ。

PageTop