fc2ブログ
 

聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第18章~時間の概念(4)

それから、ママが小学校3年か4年生のとき。

何気なく見ていたテレビドラマで、何故か「はっ」としたときがあったんだって。

「確か、4つの世界の話だったと思う。

例えば、AさんとBさんという友達同士がいて、

Aさんだけが存在する世界、
Bさんだけが存在する世界、
AさんとBさんが両方とも存在する世界、
AさんもBさんも存在しない世界」

ママは、そのドラマに釘付けになった。

そして、子供心に何となく、それは本当のことじゃないかと思ったそう。

魂は全ての真実を知っている。

だから、真実の片鱗に触れることがあると、このように、「はっ」とするのかもしれない。

ただ、顕在意識ではその理由を理解できていないので、 「何となく」で片付けてしまう・・・。

ふうん。
じゃあ、本とか、テレビとか、映画とか、理由はわからないけど、 何故か心を動かされるときって、自分の魂の部分で感じてるってこと?

「可能性はあるよね~。

肉体をもつと前世の記憶とかは忘れちゃうけど、潜在意識の奥深くにはちゃんと記憶があるわけだから、 何かのきっかけで、その記憶が掘り起こされるのかも。

今生だって、ある曲を聞くと、昔付き合ってた人のことを思い出す、とかあるじゃない?

それと同じで、何かをきっかけとして、自分の過去世の記憶に繋がるんだけど、 顕在意識では、それを認識できないから、

”なんでだろう、この国の風景を見ると何故か懐かしい”とか、

そんな風に思っちゃうのかもね」

とすると、ママが、ドラマの4つの世界に「はっ」としたのも、すでに自分が知っていることだった からかもしれない。

PageTop