fc2ブログ
 

聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第21章~時空を超えた再会(33)

6回目のレッスンは、ハイヤーセルフとの対話である。

上手くハイヤーセルフに会えるかな、とママはまたもや不安。

リラクゼーションの後で、ハイヤーセルフに会いに行く誘導をするん
だけど、実は、ママのリラクゼーションは毎回微妙に違う。

アドリブで行う部分も多い。

この時も、Tさんが安心して、潜在意識にすべて任せるような気持
ちでいて欲しかったので、それらしき言葉を随所に盛り込んでみた。

そして、Tさんが最もリラックスできる「森」へと誘導し、その森の中
で、ハイヤーセルフと対面することに・・・。

「最初は会えなかったの」と、ママは言った。

「それで、またイメージ法とかを使いながら、あの手この手で頑張っ
てみたの。そしたら、Tさんが暖かい光を感じる、って言ったの!
その光に、Tさんに対して何かメッセージを下さい、って頼んだら、
” もっと自信を持ちなさい” って。

で、気になってたことを聞いてみたの。
自信を持つために、幼児期退行はもっと必要ですか?って。
そしたら、いいえ、って言われた。
インナーチャイルドのセッションは?って聞いたら、
インナーチャイルドの癒しを、あと1年位は続けなさいって」

そんな風に答えてくれたんだ?

「うん。そうだよ。それでね、エフちゃん、その光に向かって
あなたは誰? ハイヤーセルフなの?って聞いたの」

「ハイ」という答えが返ってきた。

「Tさんを抱きしめて、ヒーリングしてあげて下さい」ってママは頼ん
だ。

「あたたかい・・・・」ってTさんは呟いた。

そして、しばらくしたら、「光が消えました」って。

この後、ママはTさんが飼っている2匹のワンちゃんを呼んでみた。

「ところがね、この日は出てこなかったの」

「今日は何も話すことがないの?」ってママが聞くと、
Tさんが、「なさそうです」と答えた。

面白かったのは、ここから。

PageTop