聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第21章~時空を超えた再会(43)

 「アレルギー性鼻炎」、「海が怖い」など、他のパーソナリティたち
とも、順次、話をしていく。
 
そして、最後に、ハイヤーセルフに聞いてみた。

ママ: Tさんの心の問題を改善するにはどうしたらいいんですか?

― 行動範囲を広げていくこと。自分を癒すこと。
  もっと好きなこと、やりたいことをやっていくこと。
  自分を押さえつけるのが、一番だめ。

そういえば、さっき、「アレルギー性鼻炎」さんに、どんなことをやり
たいか聞いたら、「たくさん外に出て行きたい、友達もいっぱい欲
しい」って言ってたっけ・・・。

ママは思いついて、「それを実行したときの、3年後の未来」へと
誘導してみた。

すると・・・。
(3年後の自分は)、
「外でみんなとバーベキューをしています。いろんな人がいます。
(私は)とても楽しくて、幸せそうです」とTさんが言った。

そういう状況になるために、何をやったの?ってママが聞いた。

「思い切って行動に出たんです。陶芸とか、スポーツとか、自分が
やりたいなあって思いついたものをやっていったんです」
と、3年後のTさんが答えた。

それを聞いて、どうですか?ってママが 「行動に移せなくて焦る」
さんに問いかけた。

「でも・・・、知らない人に会うのは怖い」

と、「海がこわい」さんが、「でも、やってみなきゃわからないよ」って
発言した。

そして、「期日にプレッシャーがある」さんが、
「怖いと思わなきゃいい」と言った。

「わかってるけど・・・、でも・・・・」と、
「行動に移せない」さんが口ごもる。

ママが、「あなたはいつからTさんの中にいるの?」と聞いた。

「最初から」

最初から?

「うん。生まれるときから」

生まれる時、っていつだろう?
ママは、「では、その場面へ行って下さい」、と誘導する。

PageTop