聖なる樹のヒプノセラピー物語      

第6章(4)~サブパーソナリティ -4

ママ、すごいね、Sさん、良かったね!

ママもとっても感動したセッションだったと言った。

皆生きていれば、喜びや楽しみもあるけれど、
悲しみや苦しみも当然のことながら、ある。

「順風満帆の人生はないんじゃないかと思う。
だって、みんな自分で必ずハードルを作ってくるから」
とママは言った。

そして、そのハードルを乗り越えた時、
魂のレベルが上がるように出来ているらしい。
人生は、何度も何度も輪廻転生を繰り返して、
沢山の経験をして、自分の魂を磨いていくしくみらしい。

その「沢山の経験」を積み重ねる中で、潜在意識の中に 溜め込まれていった悲しみや、怒り、罪悪感などのネガティヴな感情。

それを、玉ねぎの皮むきをするように、1枚1枚剥がしていくと、
どんどん自分が楽になれると榊先生は教えてくれた。

同じパターンを繰り返してしまうのも、然り。
例えばいつも同じようなタイプの人と恋愛して失敗するとか、
いつも同じ事象でつまづくとか、
大抵は過去に原因があって、その影響を受けている。

だから、その皮を剥がせばいい。

「そういえばね、その皮むきなんだけどね、Sさんの パーソナリティの中に変わった人が混ざってたの」

どんな?

PageTop