聖なる樹のヒプノセラピー物語      

神様のお使い(5)

ママ:小林正観さんが、著書の中でこんな風に言ってるの。

   「超能力は本来すべての人が持っています。すべての
   人が本来みんな超能力者ですが、ほとんどの人がこの
   力に気づいていません。
   人間の持つ意識のうち、顕在意識が15%、潜在意識
   が85%というのが通り相場ですが、よほど優秀な人で
   25%、アインシュタインでさえ40%ぐらいしか使ってい
   ないそうですね。  
   普通の人でいえば、85%の未開発部分をどう広げる
   か・・・、それが超能力を開発するテーマでした。問題
   は、隠されている能力が開けるかどうかなんですね。
   そこを開いて85%の世界につながり、それを使いこな
   せるようになると人生が一変しますよ、というのが私の
   得た経験でした」
            ~『宇宙方程式の研究』より

私: つまり、目に見えない不思議な力って、誰でもが持っ
   ているってこと?

ママ:うん。そうみたい。
   そもそも、人間って、「魂」の時は、万能なわけでしょ?
   言葉を介在させなくても、相手の考えていることがわか
   るし、時間も空間も超えて、自由自在にどこへでも行け
   るし。食べる必要もないし、眠る必要もないし。
   想念の世界だから、自分の想ったものはそのまま現実
   になるらしいし。

私:この世界でいうところの、透視とか、瞬間移動とか、念
  力とか・・・。すべて揃っているんだ。

ママ:でも、ひとたび「肉体」という着ぐるみを着ると、そうい
   う力がなくなっちゃう。

私: なんでかなあ?

ママ:人間は輪廻転生を繰り返すけど、生まれる時は過去
   の記憶を消してくるでしょう?
  だって、今生の人生の青写真を決めてきても、その記憶
  があったら、先々起きることが全部わかってるわけだか
  ら、つまらないじゃない?

  まるで、最初から犯人が誰かを知りながら推理小説を
  読んでいくのと同じだもの。

  だから記憶は消して生まれてくる。

  そして、肉体を持つことで、人間が本当は光の存在で、
  いろんなすばらしい力を持っているんだってことも忘れ
  ちゃうみたい。

  でも、スピリチュアルな世界のことを知って、勉強を始め
  ると、そういうことを少しずつ、思い出していくみたいなの。

私:新しく「知る」んじゃなくて、「思い出す」んだ!

ママ:うん。 

PageTop