聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(6)

たくさんの掘り下げを行って、どんどん自身をクリアにすると
いいよ、って教えてもらった。
クリアにすべき内容も全部書いてくれていた。

私: そのクライエントさん、とっても親切だね。

ママ: あのね、エフちゃん、ヒプノのセッションの最後に、
  ママとどこで縁があったか聞いてみたの。
  そしたら、「古いヨーロッパの時代」って言ってた。

彼女が見たのは、夜、絶望に打ちひしがれて、通りを歩いて
いる自分。ママは通りの片隅に立って占いのようなことを
やっていたらしい。
彼女はふらふらとママの方へ近づいていく。
ママは彼女の手を取り、手相(?)を見ているのだという。

「そのとき、あなたにものすごい”希望”をもらった」
彼女は、そう言った。

私: それで?

ママ: それでね、そのクライエントさんが帰った後に、部屋の
  片づけをしていたら、いきなりメッセージが降ってきたの。
  「彼女はそのときのお礼に来たんだよ」って。

つまり、その当時、彼女はママに助けてもらった。だから、
今生、その恩返しに来たのだという。

ママ: なんかさ、人生って、すごいよね・・・。

でも、残念ながら、教えてもらったクリアリングを、ママには
出来なかったのである。
掘り下げが難しすぎて・・・・。

それなのに、マインド・ブロック・バスターなら、掘り下げが
不要だというのだ。

ネットで再び検索してみるが、「掘り下げをしない」やり方が
どうしてもわからない。

これはもう、養成講座を受けるしかないかも・・・・。

ママの好奇心がぐいぐいと引っ張られていく。 (笑)




PageTop