聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マインドブロックバスター(12)

その夜。

ママはせっせと自分のブロックをはずしていた。

他人のブロックを外すときは、
「本当にそのブロックがあるのか」を確認し、
ブロック解除後は、「本当に解除できたのか」を確認する。

私: どうやって確認するの?

ママ:「筋肉反射」を利用するの。
 たとえば、クライアントさんに、(手の)親指と人差し指をくっ
 つけて、輪っかを作ってもらうの。

 で、ママが両手でその輪っかをもって、左右に引っ張るわけ。

 そのときに、その輪っかがくっついたままか、離れてしまう
 のか(親指と人差し指が離れる)で判断できるの。

yjimage1RV5N5AC.jpg


人の体と心は繋がっている。
もちろん、体と潜在意識も繋がっている。
したがって、潜在意識に何かを問いかけると、体が答えを
くれるらしい。

ママ: 「YES」か「NO」かで答えてくれるんだって。
  答えが「YES」なら、人の筋肉は固くなって、「NO」なら
  緩むんだって。

私: ってことは・・・。

YESなら、指はくっついたまま。
NOなら、指が離れる。

確か、「オーリングテスト」とか、「キネシオロジー」とかで
検索すると、しくみが詳しく書いてあったと思う。

だけど、ママは自分のブロックを解除する際には、いちいち
確認するのは面倒くさいと言って、筋肉反射抜きでどんどん
やっていた。

そう、あのときの「クリアすべきもの」を片っ端からやったのだ。

なにしろ、「掘り下げ」をしなくていいのだから、楽ちんなこと、
このうえない。
クリアすべきことの、問題の根っこがどこにあるのかなんて
おかまいなしに、とにかくじゃんじゃんブロックを解除していく。

全部で30個近くは解除しただろうか。

3日間の養成講座の間にも解除の練習はたくさんするので、
それも合わせると、50個以上はあったかもしれない。

そして、この解除が、ママに大きな大きな変化をもたらしたこ
とに気づくのは、1か月後のことだった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。