聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(13)

「マインドブロックバスターの特徴はね、とにかく、”楽しい”
ってことなの」とママは言った。

ママ: 講座の中で、「アンチエイジング」というのを習うの。
 脳の中央部にある「松果体」という部分に働きかけるんだ
 けど。

松果体e

松ぼっくりのような形をしているらしいのだが、1日目に見えた
イメージでは、黒くてしわしわで、カチカチに縮んでいた。

インストラクターの人が、「毎日やると効果的」と言ったので、
ママは次の日も松果体に働きかけてみた。

ママ: 前日に黒いと思ったのは、「殻」だったみたいなの。
  その殻がとれて、中から双葉みたいなのが出てたの。

そして、3日目には全体的にふっくらとして、色は黄緑色で、
淵がうっすらピンク色になっていた。

私: まるで「朝顔の観察日記」みたい!

ママは、「そうなの!」と言って笑った。

ママ: そして、4日目にね、松果体に働きかけたら、なんと、
  野菜ジュースがぽんっ!と現れて。 
  
  そのうち、松果体が野菜ジュースの色にぐんぐん染まって
  いくの。

  それで、「あれ?もしかして、体に野菜が不足しているの
  かなあ」と。 (笑)

その後、ママは冷蔵庫へ野菜ジュースを取りに行った。 (笑)

マインドブロックバスターでは、「意味」を追求しない。

潜在意識が見せてくれたものに対して、
「それは何を意味するのだろう?」とか、
「それって、どういうこと?」とか。

意味は分からなくても、とにかく楽しい。
なにしろ、予想もしないものがたくさん出てくるので。

だから3日間の講座の間中、笑いが絶えなかったんだって。

PageTop