聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(17)

まず、講座に来ている人の中に、ヒプノセラピストさんがいて、
知り合いになった。(ナオちゃんという)

(ナオちゃんとは後日、ヒプノの交換セッションをして、過去
世で友達だったことがわかる)

そのナオちゃんが、私のヒプノの先生(榊先生)に会ってみた
いという。


ママが、「榊先生は京都に住んでるけど、ちょうど今、東京に
来てるよ」と言って、なんと講座終了日の翌日には3人で
会うことになった。

ママも約2年ぶりの再会だった。

そして、当日。

会うのは夜だったから、ママは昼間の空いた時間を使って
養成講座の感想を書き留めておくことにした。

私: そしたら、あの不思議なことが起きたんだよね?

ママ:うん。

パソコンに向かっていたママの顔色が突然変わり、なんだか
必死でキーボードを打っているので、「?」って思って見ていた。

しばらくして、手を止めたと思ったら、
「うっそお~! 信じられない! ねえ、エフちゃん!」って。

ママはすごく興奮していた。

ママ: なんか、「自動書記」みたいになった!

ママはMBBの感想を書き留めながら、ぼんやりと考え事を
していたのだという。

2月に榊先生のブログを読んでマインドブロックバスターの
事を知り、3月には養成講座を受け、そこでナオちゃんと知り
合い、講座終了と同時に3人で会うなんて、不思議な流れだ
な~、何かあるのかな~って。

ママ: そしたら、いきなりその答えが降ってきた!

PageTop