聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(20)

− 多くの人を救いなさい。
  あなたが望んで生まれてきた、魂の目的なのだから。

− すでにあなたの前に道は作ったよ。
  あなたはずっとそれを私たちに訴えてきた。
  もっと、もっと、多くの人の役に立ちたいと。

−  私たちはちゃんと聞こえていた。
  タイミングを待っていただけだ。
  いつだってひとりではない。
 祈りは必ず聞こえている。
 それもまた多くの人に教えなさい。
 それが人の役に立ちたいということ、救いたいということ、
 そういった目的のときは、上にあがってくる祈りの中でも
 ひときわ輝いていて、(私たちが)拾い上げやすい。

・・・あなたはもう少しワードを打つ力をスキルアップした方が
いいね。打つのが遅すぎて、ゆっくり話さなければならないよ 
(苦笑)

− 今までよく頑張った。
 機は熟したよ。
 安心して進んでいきなさい。
 委ねていいのだよ。
 魂の目的を果たしなさい

− いつでも自分が媒体であることを忘れずに。
 でも、もうあなたはわかっているね。
 決して奢ることもないだろう。
 いろいろと試してみたが、もう大丈夫だ。

− いろんな人がいろんな形で人々の意識アップに貢献して
 いるが、決して他者を批判することのないように。
 (上は)個々に適した形を与えているから、それをわかって
 いてほしい。

− 正しい形はないのだよ。
 あなたがたが、たとえばある人のやり方を金の亡者だと
 思っても、その販促の仕方、広めるスピードが私たちには
 必要な場合もあり、都合がいい場合もあるのだ。

・・・(苦笑) もう少し、(ワードを早く正確に)打つ練習をして。


 
HPはこちら

PageTop