聖なる樹のヒプノセラピー物語      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マインドブロックバスター(30)

養成講座から約40日後、4月末にインストラクター講座の
1回目があった。

終日、笑いに包まれていて、楽しかった。

ママがびっくりしたのは、参加者たちの話。

ママ: MBB講座を受けた後に、人生が大きく変わった人が
 多くて。 なんで?って思った。

ヒプノを受けて、気持ちが軽くなったとか、楽になったとか、
そういうのは確かにある。
でも、これほどまでに人生が変わる、ってなんでだろう?

ママの好奇心はそこに移って行った。

そして、その答え探しをしている間に、ママ自身にもすごい
変化が起き始めた。

きっかけは、インストラクター講座の翌日、ナオちゃんと
ヒプノセラピストの榊先生と3人でMBBをやっていたときの
こと。

榊先生が、ママのブロック解除をしてくれていた。
通常、MBBでは「潜在意識が見せてくれたもの」の意味を
追求しない。

でも、そのときは仲間内だったから、
好奇心旺盛なママは
「ねえねえ、今見たブロック解除にどういう意味があるのか、
それをみてくれない?」ってお願いをした。

ママ: で、榊先生が手に触れて見てくれたんだけど、何が
 びっくりしたって、まるで霊能者みたいにスラスラと話し始め
 て! 未来のことを事細かに説明してくれるの。

( これって、「リーディングじゃん!」)とママは思った。

ママ: エフちゃん、リーディングっていうのはね、相手の情報
 を読み取ってるの。

私: MBBも相手の潜在意識を読み取ってるんでしょ?

ママ: うん。でもね、リーディングはレベルが違うの。
象徴ではなくて、細かく読み取っていくから。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。