聖なる樹のヒプノセラピー物語      

マインドブロックバスター(32)

「うっそ~! うっそ~! 私にもできるぅ!」

こうなると、またママの好奇心が止まらなくなる。

片っ端から周りの人に、やってみる。
手に触れて、いろんなことを聞いてみる。

「すっご~い! なんでもわかる!」

まさに驚異だった。

ブロック解除だけでなくて、どんな情報も読み取ることが
できるではないか!

リノちゃんにもばんばん試してみる。

「え~っと、どうして今のご主人と結婚したのか、みてみよう」

(・・・・・・・、うわ~、わかる~!)

リノちゃんが、「最近、こんなことがあって、気になって・・・」と
言えば、
「じゃあ、どうしてそうなったのか、見てみよう」

(・・・・・・・、うわ~、わかる~!)

リノちゃんは、以前、「人見知り」をブロック解除したんだけど、
「じゃあ、なぜ、人見知りをするようになったのか、観てみよう
か?」と手に触れると、

(・・・・・・・、うわ~、わかる~!)

(信じられない! こんなことができるなん
て!)

それだけではなかった。

ブロック解除のとき、やたらと「過去世」が出てくるようになった。

特に、スピリチュアルな勉強をしていて、
「自分に自信がない」
「自分に能力があるか心配」
と言う人には、たいてい共通の過去世があった。

過去に魔女だったときに火あぶりにされているとか、
ヒーラーだったけど否定されたり、中傷されたとか、
能力があるゆえに、化け物扱いされて悲しかったとか。

だから、自分の能力を出すことに恐れを感じて封印している。
あるいは、人に受け入れられないんじゃないかと不安を感じて
いる。

そういう過去世が一人の人にいくつもいくつもある。
層のようになっている。

なぜかそんな人がママの周りに集まり始めて、ママはせっせと
解除しているのだった。

私: なぜなんだろう?

その理由は3週間後に、ナオちゃんが教えてくれた。

「今、はずしておくべきブロックがあったら解除して?」と
頼んだときのこと。

ブロックは、「栗」だと言った。
解除のイメージは、「火」。
解除してもらうと、ママが楽しそうにイガグリを拾っては、それを
火に入れて、中の栗を取り出しているのが見える、と。

その意味を聞くと、
「人の才能を開花させる」のだと教えてくれた。

そういうことか!
だからヒプノのクライアントさんも、そういう人が多いんだ。

ヒプノを受けたのがきっかけで、才能や能力がば~ん!と
開く人が多いのである。

 
HPはこちら

PageTop